东方三月精 ~ Oriental Sacred Place./单行本1卷后记

来自THBWiki
跳转至: 导航搜索
  • 该内容仅出现在单行本1卷中
あとがき
后记
ZUN
ZUN
 どうも、初めましてから始めるZUNです。一応一巻ですしね。森に棲んでいた妖精が神社に引っ越してきました。神社と妖精という組み合わせがかなりミスマッチですが、それは今に始まった事ではないですね。

 内容としては、折角神社に引っ越したのだから、もっと妖精達と霊夢との絡みを増やしていこうと思っていたのですがあんまりそうなっていない様な。三妖精は肌で感じてるんでしょうね。霊夢が妖怪を引き寄せるけど、それが妖精にとって近寄りがたいものとなっている事を。

 それにしても神社の周りには不思議がいっばいです。神域や聖地は他の場所と何が違うのか妖精じゃなくても気になります。判った気になっていても実際はもっと深い何かがある筈です。それを三妖精と一緒に見つけられたら良いですね。そんな高尚な漫画じゃないけど。
 大家好。首先跟各位读者打个招呼,我是ZUN,毕竟这是第一卷啊。住在森林里的妖精们搬迁到了神社。神社与妖精的组合虽然是个极为不搭调的组合,但是这也已经不是一天两天的事情了。

 关于内容,既然都已经搬到神社了,本想增加妖精们和灵梦之间的互动,但是看情况似乎没能往这个方向发展。灵梦虽然可以吸引妖怪过来,但是对于妖精来说却成了敬而远之的因素。

 不过神社周围真的有好多不可思议的事情。神域或圣地究竟和其他地方有什么不同之处呢?即使不是妖精,也会很在意。就算觉得已经有所了解,但其实里面应该蕴含着更为深奥的某些事物。如果能和三妖精一块儿找到答案就好了。虽然这部作品并不是有着那种高尚理念的漫画……
比良坂真琴
比良坂真琴
 こんにちは、比良坂真琴というモノです。さて、新三月精いかがだったでしょうか?新とは言ってもサブタイトルと住処が変わっただけで、三妖精はいつもの三妖精ですね(笑)。霊夢に見つかって早速蹴り飛ばされたと思いきや、普通に神社でお参りしていて一緒に肝試しをしてみたり、魔理沙と仲が良いかと思いきや、落とし穴にハマった姿に大喜びしてみたりと、敵でも味方でも無い、この微妙な距離感がとても心地良いです。あえて言うなら「悪友」か「愉快な仲間達」といった所でしょうか(笑)?肝試しの回では、普段面識の無いキャラとも気兼ねせず一緒に楽しむあたりがまさに妖精というか、「東方」らしさだと思います。皆さんにもこの本で、少しでも東方の世界を楽しんでもらえれば幸いです。そんなワケで、私も幻想郷に行ってきます。
 大家好,我是比良坂真琴。那么,不知各位读者觉得新三月精如何?虽说是「新」,其实只是换了个副标题和住处,三妖精还是和以前一样的三妖精(笑)。才想说三妖精被灵梦发现,狠狠一脚踹飞,却又很平常的跑去神社参拜,还一起举办了试胆大会;以为三妖精跟魔理沙十分要好,却又看到她们对着跌落陷阱的魔理沙哈哈大笑。敌我不分的这种微妙距离感,让人非常的舒服。硬要说的话,她们的关系应该是「损友」或「愉快的伙伴」吧(笑)?在试胆大会那一话当中,平常甚至没见过面的角色们,可以一起尽情的玩耍,我个人觉得这真可以说是非常有妖精的……或者说「东方」的风格。如果大家也能透过这本单行本畅游于东方的世界当中,那就是我最大的荣幸。所以,我也要到幻想乡去了。