东方外来韦编/壱/绀珠传访谈

来自THBWiki
跳转至: 导航搜索
  • 该内容于杂志中页数:10-13


Strange Creators Interview 01
ZUN
Strange Creators Interview 01
ZUN
これまでの作品と比べ、さまざまな点で挑戦が盛り込まれた最新作『東方紺珠伝』について、あれこれ聞いてみた。
なお、ゲームのエンディングについてもガッツリ触れているので、未クリアの方はご注意ください。
与以往的作品相比,在各种各样的点上加进了挑战的最新作『东方绀珠传』,本篇访谈对于这部作品进行了各种各样的提问。
另外,访谈中还大量涉及了游戏的结局,因此未通关的读者请注意。
——
前作『東方輝針城』では、作品的には「原点回帰」、キャラ的には「二面性」がテーマということでしたが、今回はストーリー的には「復習劇」、世界観的には「三すくみ」が要素としてはあるのかなと。あと、以前から名前が出ていた月の偉い人こと嫦娥関係で、中国系のキャラクターが出てきたり、ギリシャ神話の女神が出てきたりと、作品世界がひろがった印象でした。
在前作『东方辉针城』中,作品上是「原点回归」、角色上是「两面性」为主题,但这次我觉得我觉得故事上是「复仇剧」、世界观上有着「三角关系」的要素。另外,由于从过去就常常被提及的在月球上位高权重的嫦娥的关系,出现了各种中国特色的角色以及希腊神话特色的女神,给我一种这部作品的世界非常宏大的感觉。
ZUN(以下,Z)
今回、組み立ての順序的にはお話が最初じゃないんです。時間が経てばゲームを遊んでくれている人もだんだんと入れ変わっていくのに合わせて、ゲームのスタイルも変えていきたい、追及していきたいと考えているんです。そういう意味では、前回が「原点回帰」なら今回は「挑戦」。そこが最初に決まった部分というか、根底に据えたものでした。そして、そういう変化にマッチしたストーリーとはどういったものだろうか、と考えて作ったお話です。
这次,游戏组装的顺序上故事并没有放在第一位。随着时间推移玩游戏的人群也会不断发生变化,为了符合这个变化我想改变一下游戏的形式,追赶时代的潮流。在这种意义上,如果说前作是「原点回归」,那么这作就是「挑战」。这是这个游戏最初决定的部分,也是最为基础的部分。然后,我一边思考着什么样的故事能够符合这样的变化,一边创作出了这次的故事。
——
EXステージまでクリアしないとストーリーが完結しないというのは珍しかったです。
故事直到EX关卡才完结这一点很少见。
Z
まあ、あんまりストーリーも無いんですけどね。雰囲気さえ味わえればいいんですよ。
要说的话也没什么故事。只要体验一下氛围就可以了。
——
いやいや、ちゃんとクリアしないと、なんとも落ち着かない感じじゃないですか。
不不,如果不好好通关,会感觉坐立难安的。
Z
基本的に落ち着かない内容ではありますけれどね(笑)。
本身内容就是让人坐立不安的(笑)。
——
キャラクターの名前には別に「紺」も「珠」も「伝」も入っていませんでしたけれど。
角色的名字里既没有「绀」也没有「珠」也没有「传」。
Z
そんなルール、いったい誰が決めたんだい?(笑)
跟你说过有那种规矩了?(笑)
『紺珠伝』の挑戦
『绀珠传』的挑战
——
挑戦ということで「完全無欠モード」についてなのですが。
既然说到挑战,那么就说说「完美无缺模式」吧。
Z
あの手のやつを入れたら確実に批判を受けることになるだろうとは思っていたんですが、とにかくやってみたかったんです。
我已经想到如果在游戏里加进那样的东西绝对会遭到批判,但我确实是想做一次。
——
おまけテキストには「アイワナ」に代表される理不尽な高難易度と、すぐに復活して繰り返し遊べるリトライ性について触れていました。
在附赠文本之中提到了以「I Wanna」为代表的不可理喻的高难度和可以马上复活反复进行游戏的重复性。
Z
ああいうタイプのゲームはけっこう多くなったし、ジャンルとして熟成されてきた感じがするんです。でもストーリー的に意味があってそういう、何度も死んじゃって何度も蘇る――再挑戦するシステムがある、というゲームを見たことが無かったので、そこに挑戦してみたくなって。
那种类型的游戏现在已经很多了,感觉作为一个游戏分类已经成熟了。但是我还没见过反复死亡反复复活——重新挑战的系统在故事上有其意义的游戏,所以我就想挑战一下这个。
——
たくさんリトライできることの意味が伴ってない、ということですね。
一般的游戏里能够重新尝试并不具有意义,是这个意思吗。
Z
そこがしっくりきたらどういうゲームになるんだろうなと思ってね。
我当时比较好奇如果这一点能够得到说明,那将会是什么样的游戏。
——
そうしたら「紺珠の薬」ができちゃって。
因此才会有「绀珠之药」。
Z
大変な敵とか変なやつばっか、どんどん出てくるし。まあ、みんながきついきつい言いながらプレイするんだけど、結果的にはこれまでの作品の中で一番多くの人がクリアすることができたタイトルになっている、それがゲームを作る時の最初の目的だったんです。「あれはひどいよね」「ひどかったよね」とみんなから言われてるんだけど、結局は多くの人に遊ばれている、という風になればなって。遊んでる人が少ないゲームほど名作って言われちゃうんだけど、それは避けたかった。文句を言う人ばかりなんだけど、遊んでる人が多いゲームはどういうのかって考えたら、ああいうシステムのゲームができちゃって、まあ今回は、そういうことを試す土壌ができたんですよね。昔は成功するかどうかを試していたけれど、今はもう単純に試したいから試す、ということができる。ストーリーに関してもそうで、わりと冒険的な内容になりましたね。オーソドックスな感じから外そうともしていないし、かといってそこを狙ってもいない、すごく変な感じ。そういう不思議な感じを、これが東方のストーリーである、世界であるって感じられるように作ってみたかった。……できたかどうかはまた別の問題なんですけれど(笑)。
可怕的敌人奇怪的对手等等,会一个接一个地出现。不过,虽然每个人玩的时候都说好难好难,但结果上这一部是在以往作品当中通关人数最多的,这是我做这个游戏最初的目的。虽然每个人都说「那个太恶心了」「是很恶心」,但结果上却有更多的人在玩,如果能这样就好了。有人说玩家越少的游戏越是名作,但我想避免这一点。我在思考什么样的游戏虽然发牢骚的人很多但是玩的人也多的过程中,就做出了带着那种系统的游戏。不过这次已经有了能够尝试那种事情的土壤。我过去都在尝试怎样才能收获成功,但现在我能够单纯地去尝试想去尝试的事情。关于故事也是如此,内容变得颇具冒险性。并没有脱离正统的感觉,但也没有故意去走王道路线,非常奇怪的感觉。我希望将这种不可思议的感觉,经过游戏能够让人觉得这是东方的故事、这是东方的世界。……有没有成功就是另一码事了(笑)。
——
これまで以上にエンディングがキャラごとにしっかり分かれていたというか、役割分担みたいなものを感じました。一人一人にメッセージが込められていたというか。霊夢が一番今まで通りでしたが。
这次结局和以往相比每一个角色之间都非常不同,能够让人感觉到类似责任分配的东西。像是每一个人都有其想传达的信息一样。虽然灵梦是和之前最没有差别的。
Z
霊夢のエンディングは、ちょっとスッキリ終われないよね。まあ手が出せない相手だからしょうがないんだけれど。あれは終わり方としては『儚月抄』と同じですよ。
灵梦的结局,没法爽快的结束。毕竟是自己无法应付的对手,所以没办法。这个结局方式和『儚月抄』是一样的。
——
コテンパンにやられてるんだけど、まあいいかみたいな。
被吊打了一顿,又只能认了。
Z
『紺珠伝』は、どちらかというと『永夜抄』『儚月抄』の流れにあるからね、こうなるよ。仕方ないね。
『绀珠传』要说的话还是跟在『永夜抄』『儚月抄』后面的。结局终究会如此。没办法。
——
「全部月のせいだ」って?(笑) でも霊夢含めて、エンディングにはいろいろと未来につながっていきそうな枝葉がちりばめられていて、楽しいですよね。魔理沙のエンディングなんて、これまで影も形も無かった紫が出てくる。
「最后全都是月的错」?(笑)不过算上灵梦的,结局里面暗含很多感觉会和故事未来发展有关的细枝末节,还是很有意思的。尤其是在魔理沙的结局中,出现了迄今为止无影无踪的
Z
むしろ、あそこからオープニングだったよね(笑)。まあ魔理沙のエンディングだから、あれが正史かどうかはわかんないけどさ。
不如说,那个地方才算开场(笑)。不过毕竟这是魔理沙的结局,不知道那是不是正史。
——
でも、パワーストーンについて明確に触れてるのは他にいないじゃないですか。
但是,明确涉及到力量石的也就只有那个结局了。
Z
そうなんだよね。むしろ魔理沙の話は、今回は『深秘録』の話の続きなんだね。『深秘録』から続いている理由も、『鈴奈庵』や『茨歌仙』にあった都市伝説の話が、主に魔理沙の担当だったからです。
是这样。不如说魔理沙的故事,这次是『深秘录』的故事的延续。从『深秘录』延续过来的理由,也是因为在『铃奈庵』和『茨歌仙』中关于都市传说的故事,基本上都是由魔理沙来负责的。
——
あとの二人は?
剩下的两个人呢?
Z
鈴仙はストーリー的に出すことが決まっていたので、エンディングでは全部説明されるし、一応主人公扱いです。
铃仙从故事性质上就已经决定会出场了,在结局上也会全部得到说明,所以还算是主人公。
——
キャラのネタ元から何から説明されるとは思ってませんでした。
实在是没想到会从角色的元捏他直到其他方方面面全都解说了一遍。
Z
そこを説明してくれるのは鈴仙くらいしかいなかったからね。それだけだとストーリーの本筋がよく見えなくなるので、もう全く関係ない外側から見ているキャラクターとして早苗が必要だったんです。これまでの作品を引きずった、ストーリーの裏側を説明するキャラクターとしての鈴仙に対して、表側から見るキャラクターですね。
能够说明那些的也只有铃仙了。但只有那个就看不出故事的主线了,所以还需要一个从没有任何关系的地方观察故事的角色,那就是早苗。铃仙是负责说明连续以往几个作品的故事的不为人知的一面的角色,与之相对地早苗是从表面观察故事的角色。
——
早苗のノーミスエンディングを見ると、『風神録』からつながる深い話なのかなとも思うのですが。
看了早苗的No Miss结局,又会觉得这是个接在『风神录』之后的意味深长的故事。
Z
実は早苗はすごいやつなんだ、ということになるわけです。天孫降臨を防いじゃうんだもんね。早苗のエンディングでは、守矢神社の人たちが月の都にいるやつらがどういう存在なのかを計りかねているわけです。そしてあそこは天津神たちの世界なんじゃないか、ということがわかる。読者やプレイヤー側からしたら、知ってるよって話なのかもしれないですけれど、守矢神社側から考えてみればそういう話にいきつく。そうすると『風神録』とちょっとつながる話が、設定的に見えてくるわけなんです。
会让人觉得原来早苗是个很厉害的家伙。毕竟能够防止天孙降临。在早苗的结局中,守矢神社的人们会去分析月都上的那帮家伙是什么样的存在。然后她们就会明白,那里是天津神们的世界。从读者或者玩家的角度上,那可能已经是人尽皆知的事实了,但站在守矢神社的角度上思考就会出现这样的故事。这样一来就能够看到和『风神录』稍微有点关系的故事、设定。
——
早苗は諏訪子の子孫ですからね。中央の神ではない、まつろわぬ者。
毕竟早苗是诹访子的子孙。并不属于中央神话、并不屈服的一类。
Z
一応神様ですからね。土着神なんです。そんな彼女が、月からの遷都を防いだという話は、すごいことですよ。
毕竟也算是神明。是土著神。这样的她阻止了月的迁都,是很厉害的事情。
——
さりげなく『紺珠伝』の中で一番でかい話になってませんか?
感觉不经意间就成了『绀珠传』里最宏大的故事?
Z
本筋ではないですけどね(笑)。幻想郷を守ったといえば守ったというシンプルな話です。
虽然不是主线(笑)。可以单纯理解成保卫了幻想乡的简单故事。
表情で煽り過ぎ問題
表情过于嘲讽的问题
——
あと早苗といえばキャラ性が荒ぶっているような気がするんですが。
另外感觉早苗的性格有点夸张。
Z
もともとああいうキャラクターだからね。しょうがない。
本身就是那种角色。没办法。
——
昔はもう少し大人しくなかったですか?
以前不会更老实一点吗?
Z
敵として出てくるときは大人しいんです。で、どんどんはっちゃけてくる。
作为敌人出现的时候是很老实的。此后就越来越放得开。
——
あと早苗もそうなんですが、今回キャラクターが敵味方全員、とても表情豊かですよね。
另外算上早苗,这次出现的角色,不论敌方还是己方表情都很丰富。
Z
煽る。みんな煽ってくるよね。
嘲讽。所有人都在嘲讽。
——
誰かさんにLINEスタンプで煽られる感覚を思い出します。「ニヤニヤ」とかね。なんでそこで煽ってくるんだよ! みたいな。
我想起来被某个人用LINE的表情嘲讽的感觉。「微笑」之类的。为什么会在那种地方嘲讽我啊!的感觉。
Z
あのね、煽らないと戦闘が始まらないの(笑)。
那个啊,不嘲讽还怎么开始打啊。(笑)
——
(笑)。
(笑)。
Z
ほら、敵が直接の敵ではないじゃないですか。敵同士が会うときは、どちらかというと冷静なんですよ。冷静な怒りって感じなの。でも敵じゃないのに説明して戦うってことになるには、煽らないといけない。だからゲームの特性みたいなもんです。
你看,敌人都不是直接的敌人。敌人之间相遇,要说的话都会很冷静。冷静的怒气这种感觉。但明明原本不是敌人,在经过一番说明之后就要开打的话,不嘲讽就不行。所以这可以说是游戏的特性使然。
——
ゲームそのものの話に戻りましょう。
接着讨论游戏本身吧。
Z
前にも言ったけど、見かけの上で奇抜な事をやるのは本当のチャレンジではないんですよ。その思いが僕の中にずっとあって、そうじゃないチャレンジは何かというものを模索したのが『紺珠伝』でした。
之前我也说过,在表面上做一些奇葩的事情并不是真正的挑战。我心中一直有这种想法,在摸索了什么样才不是那样的挑战之后,结果就是『绀珠传』。
——
そしたら「紺珠の薬」ができちゃった。
结果就诞生了「绀珠之药」。
Z
あれ使っちゃったらだめだよね。何が起こるかわからない。使っていたら結果はどうなったんだろう? 『紺珠伝』の次回昨に続くストーリー的には、あの薬を使わないでノーミスでクリアした時点から始まることになるからね。
那东西不能用啊。因为不知道会发生什么。用了的结局会是什么呢?『绀珠传』续作的故事,将会是从没有使用那个药而No Miss通关的时间线开始的。
——
難易度高いんですけど(笑)。
难度略高啊(笑)。
Z
レガシーモードでノーミスでクリアするのが正史です(笑)。ノーミスでクリアしたストーリーでは、「紺珠の薬」は登場しませんからね。使ったか使っていないかはどうでもいいんです。で、ミスがあるエンディングは、薬の説明が多い。あれもだいぶメタ的な内容で、いわゆる「アイワナ」のようなゲームを始めると、昔ながらのゲームが難しくてクリアできなくなる、戻れなくなるんですよね、体が。まあ戻れなくなったからなんだっていう話なんですけど。別にレガシーモードでクリアしなければならないってわけではないですから。
在传统模式No Miss通关才是正史(笑)。因为在No Miss通关的故事中,是不会出现「绀珠之药」的。用没用都无所谓。那么,在有Miss通关的结局中,会有很多对药的说明。那些很多都是上帝视角的内容,一旦开始玩「I Wanna」这样的游戏,以往那些游戏就会感觉变得很难,难以通关,身体回不到原来的样子了。虽然回不去也并没什么大不了的。这个游戏不是只能用传统模式才能通关的。
——
今回、システム的に残機を増やそうと思えばかなり増えるじゃないですか。これまで以上にボムをつかって切り抜ける場面が増えた印象です。
这次,系统上来说想要增加残机倒也能增加不少。印象上和以往比起来用炸弹炸过去的场面增加了。
Z
ボムを使っても残機は増えるからね。基本的にはボムを使って死ぬゲームになってるんです。本当はゲーム的には面白くなくなっちゃうんだけど、そうすることで完全無欠モードとの差がすごく出ていますよね。最終的に悩んだ結果、そうなるように調整してました。
就算用了炸弹也能增加残机。基本上这游戏是用完了炸弹再死。虽然这样一来游戏上的有趣程度会降低,但是和完美无缺模式的差距就能体现出来了。在经过苦恼之后,调整成了这个样子。
——
別のゲームみたいなプレイ感ですよね。
感觉像是在玩别的游戏。
Z
そうしないと、ただ単に難しいだけのゲームになっちゃって、なんだかなあという感じでしたから。
不这样的话,就单单变成了一个很难的游戏,感觉很不好。
——
それでかすろうとして抱え落ちしたり。
然后想要擦弹就很容易抱B死。
Z
まあ、ストーリー的なこともあって特殊なシステムになりました、くらいの感じなんですけれど。
总之,也因为有故事上的原因,这次的系统变得很特殊,就是这样的感觉。
——
しばらくこんなシステムは無いだろうなと思いました。
我觉得这样的系统短时间内不会再有了吧。
Z
同じようなシステムを作るためのストーリーがもうできないから、やっぱり無いですね。こういうちょっと変わったゲームもあってもいいかなって。
能够用来做出同样的系统的故事已经想不出了,所以不会有了吧。我觉得偶尔有这样的奇怪的游戏也不错。
——
その時は宮古芳香あたりが主人公になってですね……。
到时候可以让宫古芳香当主人公……。
Z
もう死んでるだけで、やられても戻らないから(笑)。死ぬという概念が無いかもしれない。あとは妹紅を主人公にして、死なないだけの主人公にする。そして爆発させて……。
已经死了,就算是被干掉也回不来了(笑)。可能对她来说没有死的概念。再或者可以让妹红当主人公,成为一个死不了的主人公。再然后让她爆炸……。
——
ひどい(笑)。
好狠(笑)。
Z
自爆して進むの(笑)。残機は無い(笑)。まあ、無限に死んだり、死にまくったり、残機が無いゲームは10年くらいにいっぱい出てきて、そういうゲームはみんな言ってしまえば「奇抜なゲーム」でしたよ。みんなアイディアを生かしすぎちゃうんですよね、「このアイディアがウリのゲームなんだ」って感じが強すぎる。
通过自爆来进行游戏(笑)。没有残机(笑)。总之,无限死亡、死来死去、没有残机的游戏在十年前出现了很多,这样的游戏大家都说是「奇葩的游戏」。大家都太会异想天开了,「以创意为卖点的游戏」的感觉太强了。
——
アイディアが先行しすぎてプレイ内容を省みていない?
会不会因为创意过于占优势从而忽视了内容?
Z
結果面白ければ問題は無いんですけれどね。
结果上有趣就没问题了。
——
今回チャレンジしている部分が多かった一方で、ラスボスの純狐の能力に代表されるように、シンプルな部分はすごくシンプルですよね。曲もそうで、なんというか力で押して来る感じというか、正当派な感じがありました。
这次虽然挑战的部分很多,但就像最终BOSS纯狐的能力所代表的那样,简朴的部分真是特别简朴。曲子也是,感觉像是充满了力量一样,有种正统派的感觉。
Z
純粋にラスボスとは何かを考えないといけないタイミングが来た感じの曲でした。キャラの外見からしたら、もっと中華っぽい曲にすればいいかなとも思わなくもなかったんですが、わりと無国籍で単純に盛り上がる方向に行きました。
纯粹是在思考最终BOSS是什么的时候想到的曲子。虽然从人物的外观来看,感觉做成一个更有中华风味的曲子会更好一些,但最后还是走了无国籍、能够简朴地热烈起来的方向。
——
あと弾幕が単純に酷い。密度が濃いからですかね?
另外弹幕单纯地很可怕。是因为密度很大吗?
Z
密度が濃いのは純粋な酷さだよね。他の弾幕よりも、実際にはそんなに密度は濃くないんです。でも、純粋に均等に詰めてあるから、避ける側には本当に精密な作業を要求するんです。もちろんこれもわざとで、もしあの精度の弾幕がいままで通りの密度で撃たれたら、避けられないんです。たまにしか出ないけど、すごく難しい。あれはマシンの性能が低くて、弾が多く出せないんだけど難しくしたいっていう時に、ああなります。しかも速くしたりしてね。
密度很大是纯粹的可怕。和其他弹幕比起来,其实密度并没有那么大。但是,因为弹幕纯粹地均等地分布着,所以躲避的一方需要有相当精密的操作。当然这也是故意的,如果那样的弹幕以平常的密度射出来的话,就没法躲了。虽然偶尔才会出现,但是非常难。如果机子的性能很低没法射出很多子弹,但又想让游戏变得很难,就会变成这样。而且看情况还可以加速。
——
弾が交互に配置されたりしていると、間を通り抜けられますけど、途中から無くなりますよね。
如果子弹交互地配置还能从中间穿过去,但从中间开始就没有了。
Z
あれはもう「リズム天国」みたいなもので、テンポよくポンポンポンと、避けるしかない。
那个就像『节奏天国』一样,只能掌握好节奏砰砰砰地躲。
——
やっぱりそうなんですね……。今回大人しくEASYでクリアしました。
果然是这样啊……。我这次老老实实只通了EASY。
Z
EASYでクリアしても普通にEXTRA出ますからね。ここがストーリーとそれに見合った難易度設定の難しさで、今回はストーリー的にゲーム部分を難しくせざるを得ないんです。そこで、初心者救済が無くていいのかということで、EASYも若干難しいけれど、クリアすればEXTRAには行けるしコンティニューしてもエンディングは見られるようにした。
就算是通了EASY也能解锁EXTRA。这是为了和故事以及对应的难易度相符而设定的难度,这次由于故事原因只能让游戏部分变得很难。在这种情况下,不能没有对于新手的救济,因此虽然EASY也略难,但只要通过EASY就可以前往EXTRA,续关也能看到结局。
——
弾幕ではどうですか。月を投げてくるとは思いませんでしたが。
弹幕怎么样呢。我可没想到会把月球扔过来。
Z
弾幕も悩むところが多かったなぁ。キャラクターの能力もよくわからない奴が多いから、どういう弾幕にしたらいいかなって。
弹幕让我烦恼的地方也很多。好多角色都看不出有什么能力,所以需要思考该做成什么样的弹幕。
清蘭&鈴瑚
——
STAGE1、2のボスは色に意味があったりするんですか? 例えば信号機のような。
STAGE1、2的BOSS在颜色上有什么意义吗?就像信号灯那样。
Z
そんなことは特に無いね。
并没有那种事情。
——
清蘭は、鈴仙=ゼロ戦からの流れで清蘭がネタだったりするんでしょうか? 兎の名前は戦闘機つながりみたいな。
清兰是因为铃仙=零战而取自晴岚吗?感觉兔子的名字都和战斗机有关。
Z
それも特に無いね。兎の名前はペットの名前程度だから、あんまり意味は無い。どこか中国っぽくしたかったんですよね。鈴瑚もそう。別にガッチリ中国っていうわけでもないんだけど、月の都の見た目がそうだから、月の兎は中華風の名前のイメージなんです。
也并没有这种事情。兔子的名字只是宠物的名字而已,并没有特别的含义。我是想让名字有点中国气息。铃瑚也是如此。虽然不是完完全全仿照中国,但是月都的外观就是中国风,所以月兔也是中国风的名字的印象。
——
そういえば『儚月抄』で月の都の町並みは中国っぽく、という指定がありましたね。「イーグルラヴィ」はアポロ計画?
这么一说,确实在『儚月抄』里曾经指定过月都的外观要有中国气息。「Eagle Rabbit」是阿波罗计划?
Z
「鷲は舞い降りた」ですね。
「鹰已着陆」。
——
鈴瑚についても、さっぱりわからないんですが。団子食ってるなーくらいしか。
对于铃瑚,我也不是很懂。只知道她在吃团子。
Z
清蘭もそうなんですが、月の兎と言えば団子なんです。清蘭は餅を搗いてるから杵を持ってるんだけど、鈴瑚は食ってるだけっていう。
清兰也是如此,说到月兔就是团子。清兰因为在捣年糕所以拿着杵,但铃瑚只是在吃。
——
月の兎にとっては課せられた義務的労働なんですよね、餅つき。
捣年糕对于月兔来说就是一种义务劳动吧。
Z
基本、嫦娥のためにみんなで餅をついてるんです。
基本上,大家都为了嫦娥在捣年糕。
——
嫦娥は……月の都ではヒキガエルの姿なんですか?
嫦娥……在月都是蟾蜍的模样吗?
Z
ヒキガエルにされちゃってるからねえ。
因为被变成了蟾蜍。
——
あれ、でも嫦娥って月の都のボスじゃ……いや、ボスは月夜見でしたっけ。
咦,但是嫦娥不应该是月都的老大吗……不,老大是月夜见吧。
Z
まだまだボスがいるかもしれないけどね。イメージとしては高天原だから、もっと大きなやつがいるかもしれないけれど、出てくる気がしないかな。居ることは容易に想像がつくんだけどね。高天原でいうと、永琳もそんなに高い地位にいるわけではないんです。神様以外もたぶんいます。
可能还有更多老大。在印象上月都就是高天原,所以可能还会有更厉害的家伙,但我觉得应该不会再出现了吧。倒是可以轻易想象到他们的存在。既然是高天原,永琳的地位也没那么高。神明之外的存在也有很多。
——
今回は一応1面、2面のボスもストーリーに関係ありますよね。今までだと「通りすがりにいたから倒す」みたいな展開でしたけど。
这次1面、2面的BOSS也和故事稍微有点关联。迄今为止都是「路过顺便干掉」的展开。
Z
珍しいですよね。まあそのおかげでEXまでストーリーに関係あることになっちゃうっていう。
这点很稀奇。不过因为这个就连EX都和故事有关联了。
ドレミー・スイート
——
ドレミーの手に持ってるものは、なんなのでしょう? うにょうにょしてて、倒されたらぐったりしてるのがちょっと面白いんですが。
哆来咪手中的东西是什么?软绵绵的,被击败之后就打不起精神了,这点很有趣。
Z
あれは『茨歌仙』にも出てきた夢魂ですよ。
那是在『茨歌仙』里也出现过的梦魂。
——
あれに当たったら寝ちゃうんですか?
如果碰到那个就会睡着吗?
Z
あれは人の夢のイメージなんです。
那象征着人类的梦。
——
恰好がちょっと旧作的なデザインですよね。
外表有点旧作的感觉。
Z
バクっていうとどうしても動物のマレーバク的なものに引きずられますけど、デザイン的には不思議ですよね。きっちり白と黒が分かれている。でも実際には妖怪の「獏」がさきにあって、この動物じゃないかって名前を充てられてる。そういうの結構ありますよね。
说到貘大家都会自然而然想到动物界中的马来貘,那种动物外观真是奇妙。身体的花纹黑白分明。但实际上是妖怪的「獏」先存在,人们猜测这个动物是不是就是那种妖怪而赋予了这样的名字。这样的例子有很多。
——
体験版のときは、たまに通常弾幕の密度が殺しにかかってくるレベルでしたが、製品版では薄くなってましたね。
体验版的时候,通常弹幕的密度偶尔是杀人的级别,但在正式版里面就稀疏了很多。
Z
あのペースで最後まで行ったらひどいことになってたから、修正しました。
要以那种节奏下去到最后会非常可怕,所以做了调整。
稀神サグメ
——
背中のアレは翼ということでいいんですよね?
后背上的那东西就是翅膀吧?
Z
髪の毛ってことは無いんじゃない?
总不能是头发吧?
——
彼女は天津神の部分と国津神=土着神の部分が両方ある、ということなんですか? で、どちらかというと天津神の方に羽が生えてる。
她是具有天津神和国津神=土著神两方面的特质吗?要说的话长翅膀的是天津神。
Z
「私の天津神としての部分が~」って言いますからね。結局表裏があるから、両方の属性があるということなんですよ。天邪鬼よりも、もう少し純粋な存在で、神様でもある。
毕竟她说了「自己天津神的部分~」这样的话。由于具有表里,所以双方的属性都存在。和天邪鬼比起来是更为纯粹的存在,同时还是神明。
——
元は巫女の神格化みたいなものでしたよね、でもちょっと貶められている。
原本是巫女的神格化吧,但是受到了一些诋毁。
Z
僕のイメージでは「サギ」なんだよね。鳥の「鷺」でもあり、人を騙す「詐欺」でもある。天邪鬼の「詐欺」の部分もちゃんとある。
在我心中的形象就是「鹭」。既是鸟类的「鹭(SAGI)」,也是骗人的「欺诈(SAGI)」。天邪鬼「欺诈」的部分在她身上也存在。
——
天邪鬼というと偏屈な性格というイメージですけれど、積極的に騙していくんですか?
印象中天邪鬼是偏执的性格,探女也会积极地去骗人吗?
Z
騙した結果良くなることもあれば、悪くなることもある。結局、世の中は変わるんです。自分にとっていいかもしれないし、相手にとって悪いかもしれない。そういう、何が起こるかわからないイメージなんです。だから彼女はしゃべるかどうか最初は悩んでいて、でも心の中で賭けたんです。しゃべった方が良い方向になるだろうと。
作为欺骗的结果有时事情会向好的方向发展,有时也会向坏的方向发展。不论如何,世间会发生变化。这可能对自己有益,也可能对对方有害。她是这种不知道会发生什么的感觉。所以她起初烦恼自己该不该说出来,但最后她在内心中做了一个赌注。说出来事情可能会好转。
——
なんで早苗だけ心を読まれているんですか?
为什么只有早苗被读心了?
Z
早苗は、そうとしか読み取れない顔をしていたから(笑)。顔に全部出ちゃう子なんです。
因为早苗的表情已经出卖了一切(笑)。她是那种所思所想都会写在脸上的人。
——
サグメは負けても服がボロボロにならないですよね。
探女输了之后衣服也不会破。
Z
そうなんだよね。絵はあるんだけど、使ってないんだ(笑)。とりあえず流れ作業的に描いたんだけどね、もったいない。
是这样的。虽然有那种画,但并没有用(笑)。最开始是流水线工程一样画出来的,没用上真是浪费。
——
強いから?
因为很强?
Z
戦う前の会話が短くて、戦った後の会話が長いから、ずっと負けポーズっていうわけにもいかなかったんだよね。力を試しただけなのに、ボロボロになってたら恥ずかしいし(笑)。もちろん外の妖精とかよりは全然強いんですけれど。でも、月の都の住人には、穢れに満ちた都の外には行けないどころか見ることもできなかった。今回は本当に賭けだったんですね。
因为战斗前的对话很短,战斗后的对话很长,所以不能让她一直都是一副败者的姿态。明明是自己去测试别人的力量,结果自己变得破破烂烂的可就太丢人了(笑)。当然她比外面的妖精之类强多了。但是月都的居民不仅不能前往充满污秽的月都之外,甚至连看都不能看。这次探女是真的赌上了一切。
——
意味のない話ですが、賭けが失敗していたらどうなっていたんでしょう?
虽然是个毫无意义的问题,万一赌输了怎么办?
Z
うーん、月の民が眠りっぱなしになるか、本格的に幻想郷に遷都するか……。幻想郷を乗っ取るか。その時には幻想郷は何も生き物が住まなくなるので、その結果、外の世界に働きかけていくことになるでしょうね。それが惑星浄化になってしまう。それをしたくないので、幻想郷を浄化すると脅しているんです。
唔,可能月之民就此陷入永眠,或者是月都真正地迁都幻想乡……。可能会占领幻想乡。到那时候幻想乡就不会有任何生物生存了,于是会对外界产生牵连。那会导致行星净化。因为不想做到这种地步,他们才会威胁要净化幻想乡。
クラウンピース
Z
クラウンピースに関しては、だいぶデザインに悩みましたけどね。いろいろと考えていたけれど、とりあえず妖精にすることだけは決まっていました。
关于克劳恩皮丝,设计费了很大一番脑筋。我想过很多方案,但是妖精这一点是一开始就确定了。
——
元ネタはヘカーティアの部下の妖精、ランパースですよね。
元捏他是赫卡提亚的部下、妖精拉姆帕德斯吧。
Z
そう。松明で人を狂わせることができる。
是的。可以用火炬令人疯狂。
——
服の印象が強烈なんですけれど。
服装的印象非常强烈。
Z
静かの海に行って星条旗を見てから、あのデザインになった……という設定なんです。そうすると、自由の女神もちょっと含まれてくる謎デザインになっちゃった。いろいろなこと考え過ぎて、どうしようかなって。
去了静海看到了星条旗之后就变成了这种模样……设定上是这样的。这样一来,就变成了还有一点自由女神在里面的奇怪的设计。想到了太多的事情,不知道该怎么办。
——
『三月精』で月の旗を抜いたのは、結局誰なんですか?
在『三月精』里面拔掉了月球上旗子的人到底是谁?
Z
それが本当に月の旗かどうかはよくわからないからね。ここで面白いのは、今回のストーリーの肝でもある「アポロ計画捏造説」を幻想郷に広めると、月にはアメリカ国旗が無いことになる。だから、アメリカ国旗が存在していたとして幻想郷に投げられたものなのか、存在はしているけれどクラウンピースが月面で見て衣装に反映しているのか、わからなくなるんです。本来、都市伝説の本当の恐ろしさとは、何かが出たり何かが起こったりすることではなくて、過去を変える力があることなんです。
那里面并不知道那个旗子是不是真的是月球上的旗子。这里有趣的是,如果让这次故事的核心「阿波罗计划捏造说」在幻想乡中流传开来,月球上就相当于没有美国国旗了。因此,是美国国旗曾经存在过,又被人扔到了幻想乡,还是说国旗真正存在于月面,因此被克劳恩皮丝看到而反映到了自己的衣着上,这就不知道了。原本,都市传说最恐怖的地方,并不是会让什么东西出现让什么事情发生,而是具有改变过去的力量。
——
ええ!?
什么!?
Z
サグメはその力を使って遷都しようとしているわけです。そこはあくまえも本気ではなく、「月の都が幻想郷を人質にとってなんとか敵を倒そう」としたわけで、そこに入ってくる星条旗は、かなり重要なアイテムなんです。
探女正是想用这种力量实行迁都。她并不是真心想迁都,而是想「让月都劫持幻想乡作为人质,想办法击败敌人」,其中出现的星条旗,是相当重要的道具。
——
星条旗を見なかったらクラウンピースはあんな恰好をしてないでしょうね。でも、何年か前には「何かの旗」が引っこ抜かれている
如果没见到星条旗克劳恩皮丝就不会穿成那样了吧。但是,在几年前「某种旗」被人拔掉了。
Z
実際の話、今回のストーリーがどういう流れで、いつから計画が進んでいるかわかりにくいんです。少なくとも半年前から遷都計画は進められているんだけれど、だとするとそのもっと前から月の都は攻撃を受けていることになる。でもまあ、みんなどれも本気ではないんです。「純粋な怒り」が原因だから、敵を倒すことはあまり重要じゃなくなってる。
实际上,这次的故事是怎样一个流程、计划是什么时候开始的都很难知道。至少从半年前开始迁都计划就已经实行了,但那样的话就说明月都在更早以前就受到了攻击。不过,大家都不是真心的。由于一切的根源是「纯粹的怒火」,击败敌人已经不重要了。
——
怒りの発散が目的だったと? で、発散したからとりあえずはいいや、みたいな。
也就是说怒气的发泄才是目的?发泄完了就完事了,这样。
Z
そうそう。それを繰り返すんだよね。たぶん長く生きるっていうのはそういうことなんだと思う。
对对。这样的事情不断重复。我想长寿就是这样的感觉吧。
純狐
——
純狐はかなりの曲者だと思いますけれど。
感觉纯狐是个相当古怪的角色。
Z
そうだよね。名前のフォントが他よりちょっとデカいし。威圧感あるよね。
是啊。名字的字体就比其他人大一号。很有威压感。
——
そこ!?(笑)
槽点在那吗!?(笑)
Z
スペルカードにも二つ名が無いし。符の名前が無い。純粋なんです。
符卡也没有别名。没有符的名字。纯粹。
——
「純化の力」って結局なんなんですか?
「纯化之力」到底指什么?
Z
なんなんだろうね。一番気になるところだよね(笑)。
指什么呢。这是最令人在意的吧(笑)。
——
ちょっと(笑)。何かの性質を突き詰めるということなんですか?
等下(笑)。是指贯彻某种性质吗?
Z
『香霖堂』で少し触れましたが、言ってしまえば神の力です。モノに名前が付く前にあった、純粋な力。名前が付いてしまったら、神としての性質は無くなる。その純粋な部分をずっと持っているし、他に与えることができる。神を生むくらいの力です。
在『香霖堂』里稍微提到过,直白地说就是神明的力量。在万物具有名字之前就存在的纯粹的力量。拥有名字之后,就不再具有作为神的性质了。她一直都保持着这个最纯粹的部分,也可以将其给予其他事物。这是能够生出神明的力量。
——
復習心のみで動いているみたいなキャラですが、東方では珍しいですよね。
纯狐似乎是个完全根据复仇心行动的角色,这在东方里很少见。
Z
幻想郷の外のキャラだからね。幻想郷には居ないタイプ。
因为她是幻想乡之外的角色。在幻想乡中并不存在的类型。
——
あ、そうか。「仙霊」というのは神霊の一種?
啊,这样啊。「仙灵」是神灵的一种?
Z
あまりキャラクターがジャンル分けしにくいんだよね。神霊の一種ではあるんだけれど、分けづらいからとりあえず霊にしちゃってる。今回、そこの扱いがすごく難しくてね。こいつが何者で何をしているのかを、誰が説明するんだろうって。
角色很难分成一个具体的分类。虽然是神灵的一种,但那样又很难区分,所以就让她成为某种灵了。这次,这样的处理非常麻烦。这个人是什么人、又是干什么的,这种事情不知道该由谁来说明。
——
永琳かなあ(笑)。
永琳吧(笑)。
Z
永琳に説明させるしかなかった(笑)。まあ月の都は長いこといろいろあって病んでるんです。その片鱗がちょっと見えちゃった。もしかしたらこれから先に、外の世界の病んでる状態を見るかもしれないですけれど。まあ菫子は今の日本の病んでる感じを詰めてますが、あれは外の世界の我々としてはわかりやすいですよね。ラノベとかにありそうな設定というか。
只能让永琳说明了(笑)。不过月都经历了各种各样的事情,整体是病态的。这次让我们看到了这种病态的一角。说不定从今以后,还能看见外界的病态的样子。不如说堇子就是现代日本的病态特性的集合体,但那对于外界的我们来说很容易理解。就好像是轻小说里常见的设定。
——
ラノベ読んで無さそう(笑)。
感觉你没读过轻小说(笑)。
Z
読んでないけどさ(笑)、昔からのジュブナイルにありそうな内容ということえ。そういう病んでる感じを幻想郷に持ち込んでみたんです。それが今回の作品。
是没读过(笑),但也是过去的青年小说里常见的内容。我试着将这种病态的感觉带进了幻想乡。这就是这次的作品。
——
EXになったら憑き物が落ちたみたいになってますけどね。あー、はいはい、楽しかったです、みたいな。
到了EX里就感觉是诅咒被解除了一样。啊,是啊是啊,好开心啊,这种感觉。
Z
あの後、絶対に何か起きそうだよね。起きる気しかしない。
在那之后,绝对会出什么事情吧。只能认为会出什么事情。
——
終わり方も、「お互い月の民ってムカツクよね」で終わるですが。
故事结束的方式,也是以「月之民真是气人」这种形式结束。
Z
そうなんだよね、月の民らしいやつってサグメしかいない。かなりやっかいです。基本的に月の民と幻想郷は敵対していますよ、ずっと。幻想郷というよりも地上とかな。どちらかというと、月の民側から一方的に敵対しているんです。「あいつらとは絶対会いたくない」「あいつら穢れてるよね、エンガチョ」みたいな。そりゃ、ずっと一方的にそういう扱いされたら嫌いにもなりますよ。
没错,作品里像是月之民的只有探女一个。他们非常麻烦。基本上月之民和幻想乡是敌对的,一直都是。与其说是幻想乡不如说是地面。「绝对不想遇见他们」「那帮人真是污秽,敬而远之」这种感觉。这样下去,一直被单方面排斥,地面人自然也会讨厌月之民。
——
そんな関係だから、石とか酒とか持ち帰ったら「良くやった」ってなる。
正因为是这种关系,把石头或者酒带回去就会被人称赞「干得好」。
Z
嫌いだから乗り込んでつぶそうなんて、誰も考えていないんです。お互い嫌っているなら隔離しておけばいい。誰も戦って得をするとは思ってないんです。もし月の都が戦わないで遷都するなら、気づかないうちに幻想郷の住人が全員消えてるね。
谁也没想过因为讨厌对方就攻过去把对方灭掉。如果相互厌恶,隔绝开就好了。没有人认为能够从战争中获益。如果月都选择不去战斗直接迁都,幻想乡的居民早就不知不觉间从世上消失了。
——
怖すぎる。その時は、また夜が止まっちゃう流れですよ。
太可怕了。那就又会是永夜的局面了。
Z
それは一つのゲームになっちゃうね。まあ今回のゲームはそこを解決する流れではあったんだけど、一応解決策はできたことになっているし。
那就是一个新的游戏了。不过这次的游戏故事流程也是在解决这个问题。结局上来看基本上是已经解决了。
——
でも、攻めてきた敵を守る流れになっちゃってるじゃないですか。
但是,这个故事最后不成了保护攻过来的敌人了吗。
Z
あの流れを、シューティングゲームの6ステージだけでやるのは、正直しんどい(笑)。説明しきれないよね。途中でどんでん返しがあるなら、もうちょっと長い方が良かったなあ。
想要在一个六面的射击游戏完成刚才说的那些剧情,说实话太麻烦(笑)。没法完全解释。如果中间还有剧情反转的话,游戏还得更长一些才行。
ヘカーティア・ラピスラズリ
Z
「変なTシャツヤロー」もかなり考えたんですけどね。ヘカーティアはドット絵を見ると、攻撃のたびに髪の毛の色が変化しているんです。頭に惑星をぽいぽい投げて変わるの。あれ、たぶんですけれど髪の色ごとに全部性格も違うんです。
「奇怪的T恤混蛋」的设计我也想了很久。看赫卡提亚的点绘能发现,每当攻击的时候她的头发颜色是在变化的。把行星一个一个扔到脑袋上改变颜色。我猜,每一个不同的发色都有一种不同的性格。
——
赤髪以外ではしゃべってないからわかりませんけど……。神奈子以来ですね、女神と戦うって。
除了红发之外都没说过话,所以不清楚了……。但是和女神战斗还是自神奈子以来第一次。
Z
反則的な敵なので、勝負する段階に至っていない。お遊びなんです。幻想郷とか月の都とかいうレベルを完全に超えている。結局やれなかったけど、僕の中では髪の毛の色が変わるのと同時に、Tシャツも変化しているという設定です(笑)。
因为是犯规级别的敌人,所以没到能够分出胜负的级别。完全是游戏。已经完全超过幻想乡或者月都的等级了。虽然最后没能实现,但根据我心中的设定,每当她的头发颜色变化的时候,身上穿的T恤也是在变的(笑)。
——
どんなTシャツになっているのやら……。
会变成什么样的T恤衫呢……。
Z
キャラクターデザインでは今回本当に悩みました。だいたいの僕の行動は何かのアンチテーゼなんですが、デザインについてもそうなんです。よくあるソーシャルゲームとかだと、キャラクターがパワーアップすればするほど、要素が盛られてゴテゴテしていくじゃないですか。せっかくいろいろな要素があるのに、全然その要素が活かされないんだよね。それが嫌でね。だからどうしても「シンプルだけど変な格好をしている」方向にしたかった。両手で惑星を持っているのと、頭に惑星が乗ってるところは決まってた。だから、他はシンプルにするしかないんだけど、シンプルにした部分が目立っちゃって、あのTシャツになっちゃったんだよね。本当は「I はーと Hell」っていう案もあったんだけど、これはやりすぎだなと思って、さすがにやめました。その名残で、Tシャツが黒いんです。
角色设计这次让我烦恼了很久。基本上我的行动都是对某种事情的反叛,设计上也是如此。比如说在一些常见的社交游戏里面,角色等级越高,各种元素就会被加进角色里面,显得很杂。明明有着各种元素,但这些元素完全没被活用。我很讨厌这样子。因此我尽力想设计成「虽然简朴但是外表奇怪」的方向。双手拿着行星,以及头上顶着行星是早就定好的。其他就要设计得简朴一些,但简朴的地方过于突出,就有了那个T恤衫。其实还有「I ❤ HELL」的方案,但我觉得那样就玩得有点太过火了,最后还是放弃了。作为那个方案的遗留,现在的T恤是黑色的。
——
なるほど(笑)。でも純狐にはそんな遊びの要素は全然ないじゃないですか。
原来如此(笑)。但是纯狐身上就没有任何玩笑的要素啊。
Z
純狐はヘカーティアに対するキャラクターだから。中華風で、単純に強そう。それだけ。深刻で難しいストーリーのゲームを、面白おかしくしないと遊んでる側がツラいんです。深刻な話、深刻な曲、深刻な顔。そういうのが嫌で、表情も、はっちゃけちゃった。東方のメインはストーリーじゃないから、その意思がデザイン部分に出ているよね。
因为纯狐是一个和赫卡提亚相对的角色。中华风,单纯地很强。仅此而已。故事剧情深刻难懂的游戏,如果不变得荒唐可笑一点玩家会觉得难受。深刻的故事、深刻的曲子、深刻的表情。我讨厌这种感觉,所以表情也弄得十分滑稽。东方的主体不是故事剧情,这种思想已经在设计的部分上体现出来了。
——
「異界」ってなんですか?
「异界」是什么?
Z
いろいろあるよね。幻想郷も「異界」のイメージです。要は、我々が認識していない世界をひっくるめて「異界」と言っているので。月と地球「以外」ですね。
有很多。幻想乡也是「异界」的印象。简单来说,我们无法认知的世界统称为「异界」。也就是月和地球「以外」的世界。
——
ギャグか! ヘカーティアの存在は嫦娥と純狐との話からさらに横滑りというか、世界観が広がっていますよね。
冷笑话吗!赫卡提亚的存在令剧情从嫦娥和纯狐的故事越走越远,让世界观更为庞大了。
Z
キャラクターの意外性を求めたら、いろいろと一周どころか何週かしちゃって、わけわかんないことになっちゃった。僕の悪い癖です。
追求着角色的意外性,不知不觉间就转了一圈甚至好几圈,变成了不明所以的剧情。这是我的坏习惯。
——
なんかでもいい人? ですよね。サバサバしてて。
不过感觉是个不错的人?有种干脆利落的感觉。
Z
あそこはお話的に、地獄のキャラを出したかったんです。地底とは違う地獄。鬼とは違いますけど、普通に地獄の女神です。偉さで言ったら映姫よりも断然偉いですよ。映姫は裁判官ですが、あれは鬼の組織なんです。でも、地獄は別に鬼だけで成り立っているわけではないので。地獄に関しては、まだ見えてないことが多いんです。実際、やろうとしたら作りやすそうですけどね。世界はいくらでも作れますから。その辺の謎の部分が、ヘカーティアの「異界」なんです。
从故事的角度上,我想让一个来自地狱的角色登场。与地底不同的地狱。虽然和鬼不太一样,但是是地狱的女神。要说地位,绝对比映姬的地位高多了。映姬是判官,但那是鬼的组织。但是,地狱可不只是由鬼族构成的。关于地狱,尚不明朗的事情还有很多。虽然感觉实际上创作起来也不会很难。世界想创造几个都可以。这些未知的部分,就是赫卡提亚的「异界」。
——
「異界」の範囲、広くないですか?
「异界」的范围,是不是有点太广了?
Z
地球に比べたら、そんなに広くないんじゃないかな。仙人とかだって簡単に作れるやつですよ、異界(※仙界のこと)。
和地球比起来,也没那么广吧。异界这种东西,仙人也能轻松创造(※指仙界)。
そして次回作へ?
然后就是下一作?
——
今回、これから先へつながる要素が多かった印象ですが。
这一次,印象上感觉有很多和今后作品相关的要素。
Z
まあ広がりはあるよね。そんな気はします。同じ場所を掘る時は、広がらないで深くなるんですが、必要性はそんなにないんですよ。そういうことをしないとストーリー的に、東方的に面白くなる、というわけではないと思っています。今回は強いて言えば、『永夜抄』や『儚月抄』で広げた部分を掘った感じかな。最近はそういうのが多いかもね。昔広げた細かい部分を掘ってる。
确实有很多拓展。我是这么感觉的。如果要挖掘同一个设定,世界观就不会变得更广而会变得更深,但我觉得没什么必要。我觉得东方也不是只有深挖设定才会变得更有趣的。这一次非要说的话,感觉是挖掘了一下『永夜抄』和『儚月抄』里拓展的设定。感觉最近这样的作品多一些。挖掘一下过去展开的细节部分。
——
いきなりギリシャの女神が出たじゃないですか。
这次不就突然来了个希腊的女神吗。
Z
ギリシャは経済的に幻想入りするかもね。
从经济的角度上,希腊说不定马上就要幻想入了。
——
こら(笑)。次回作にも期待ということで。
喂(笑)。那么也就是敬请期待下一作了吧。
Z
どうだろう。今は私生活が楽しいから、なかなかゲームが作れるかどうかわかんないよ? まあ今回が一番大変だったとは思うけど、次回作を作っているときには、兄弟がいるかもしれないしね?
谁知道呢。我现在私人生活十分充实,可不知道还能不能再接着制作游戏了。我觉得这次制作费了我相当大的功夫,不过说不定制作下次作品的时候,就有人陪我了。
——
日本のルナシューター人口が増えるんです?
日本的Lunatic Shooter人口会增加吗?
Z
アスリートに育てたいよね。お父さんがあんなんだからさ。……ならないよねぇ(笑)。
我倒想让他当一名运动员。你看父亲这么一副德性。……估计当不了运动员啊(笑)。