东方铃奈庵/单行本第一卷后记

来自THBWiki
跳转至: 导航搜索
  • 该内容仅出现在单行本第一卷中


ZUN
ZUN
初めまして、ZUNです。

「東方三月精」が連載終了時に新連載の予告をしたのに、
連載開始まで少し間が空いてしまいましたが、
無事に単行本まで漕ぎ着けてほっとしています。

舞台が人間の里で、さらに人間メインの話は実は「東方」では
珍しいかと思います。
小鈴は霊夢や魔理沙と対等な立場でありつつ、
でも妖怪とは相容れない立場です。
これからどうなっていくのでしょうか?
きっといつも通りなんでしょうが……。

春河もえさんには、十分すぎるほどに小鈴を可愛く書いて頂
いていて大変満足しています。
性格の方は……霊夢達を困らせるようなちょっと一癖ある
キャーフになりそうですが。

それではまた二巻か、コンプエースで会いましょう。
大家好,我是ZUN。

原本在《东方三月精》连载结束的时候就做过新连载的预告,
但是到连载开始之前隔了很长的时间,
单行本能够平安地出版让我松了一口气。

舞台在人类村落,而且以人类为主的故事
我认为在《东方》中比较少见。
小铃一边拥有着与灵梦和魔理沙对等的立场,
但是在立场上又与妖怪无法相容,
接下来会是什么样的展开呢?
我觉得会平平常常……。
对于春河萌小姐,能够几近过分可爱地
描绘出了小铃的形象……感觉会成为一个拥有不知不觉
让灵梦她们感到困扰的一个角色。

那么接下来就在第二卷,或者是在CompAce上再会吧。
春河もえ
春河萌
初めまして。

「東方鈴奈庵」の作画を担当する事になりました、
春河もえです。

新キャラクターの小鈴は、
頂いた白黒ラフを元に私の方で色パターンを数種類用意して、
打ち合わせで決定しました。

毎月お忙しい中プロツトを書いてくださるZUNさん、
いつもサポートしてくださる担当さん、
そしてこの本を読んでくださった皆樣、
本当にありがとうございます

まだまだ若輩者ではありますが、

これからも日々精進していきたいと思います。
各位初次见面。

我是担当《东方铃奈庵》作画的,
春河萌。

新角色小铃,是我根据事先
得到的黑白线稿准备了数个颜色种类,
根据讨论决定的。

每月在百忙之中写出剧本的ZUN先生,
一直都在支持我的编辑先生,
还有读过这本书的各位,
真的非常感谢。

虽然我还是一个年轻的后辈,
但我想在今后逐渐精进我的水平。