游戏对话:东方非想天则/故事背景

来自THBWiki
跳转至: 导航搜索
  • 编写游戏对话时推荐使用翻译表系统之中的__DIALOGUE__类型,用法详见前面的链接。
  • 本词条内容为官方游戏TH12.3东方非想天则的故事背景
  • 如果发现翻译问题可进行改正


東方非想天則 ~ 超弩級ギニョルの謎を追え

东方非想天则 ~ 追寻特大型人偶之谜

-1-

-1-

 その日の朝は日射しが遮られ、僅かに暗かった。
 こんな夏に季節外れの朝霧が出ているのだろうか。

 暑さを忘れさせてくれる霧を期待して家を飛び出した君は、
 目の前に揺らめく「それ」を見て驚愕したに違いない。

 人型の「それ」は、生ぬるくて気持ちの悪い蒸気を放ち、
 山を見上げるようにゆらゆらと動いていたのだ。

 ――いつものように暑く、いつものように騒がしい夏の山。
 彼女は人型の「それ」を見下ろしていた。

 那一天早晨的的阳光被遮住了,只有一片黑暗。
 为什么在夏天竟然出现了这种不合时宜的朝雾呢。

 期待因大雾消散暑气而从家里飞奔而出的你,
 定会被被眼前所见且摇曳不定的「那个」为之惊愕。

 人型的「那个」,放出暖热恶心的蒸气,
 从山上看来是扭来扭去的动著。

 ——如同往常一样酷热骚乱的夏日山上。
 少女俯瞰着人型的"那个" 。

-2-

-2-

 幻想郷に来てから早二年経とうとしていた。
 初めは異形なる者に対して畏怖から、まともに儀式も行えなかったが、
 今ではすっかり馴染み、違和感なく通常の仕事を行う事が出来た。

 もう、多少の事では驚かないと思っていた。
 勿論、そう思ってしまったら必ず驚かされるのが幻想郷である。
 そこが外の世界にはない幻想郷の長所であった。

 彼女は、守矢神社から見える巨大な人影を見ていた。 
 人影は神社よりも遥かにでかい、彼女にとっての古典的な表現では
 十階建ての高層ビル位はあるだろうか。

 その人影は、彼女には昔アニメで見た巨大人型ロボットに見えた。

 しかし、ロボットと言うには動きが滑らかすぎた。
 まるで生きているかの様に動く人影は、時には山に望み、時には里を睨み
 そして突然霧に包まれたあと、不気味なほど静かに消えた。

 その事を神奈子に報告すると、それは「ブロッケンの妖怪」だと教えてくれた。
 ブロッケンの妖怪とは、自分の影が霧に映り巨人に見える気象現象である。

 実際何らかの気象現象かなんかであろう、
 そう考えてしまう自分の思考回路が面白くなかった。
 だから彼女は、あの影は里を襲う巨大ロボだと思う事にした。
 そう考えると調査が楽しいからである。

 そう、アレは決して霧に映った影などではない。
 霧が出てきたのは人影が出た後だったし、
 何より、ここは何が起こってもおかしくない場所、幻想郷なのだから。

 来到幻想乡后,已经过去了两年。
 最初因为畏惧面对妖魔鬼怪,她连仪式也无法专心实行。
 而现在已完全习惯了幻想乡的生活,通常的工作也不会有问题了。

 她想已经没有多少事能吓到她了。
 当然,这里可是这么想就一定会被吓到的幻想乡。
 这也是外面的世界所没有的特点。

 她从守矢神社看见了巨大的人影。
 人影远比神社巨大,用她古典式的表达就是
 约有十层楼那么高。

 那个人影,看起来跟她以前在动画中见过的巨大人型机器人很相似。

 但是,虽说是机器人动作却非常流畅。
 行动宛如有生命似的人影、时而眺望着山谷、时而注视着村落
 而后突然被浓雾包围、寂静而神秘地消失了。

 将此事报告给神奈子后,却被告之那是「布罗肯的妖怪」[1]
 所谓布罗肯的妖怪,即是看见自己的影子映在雾中变为巨人的一种气象现象。

 实际上只是某种气象现象,
 这么想的话自己的思路就不有趣了。
 那个影子里的本体是袭击而来的巨大机器人。
 这么想着去调查也是一种乐趣。

 对、那个绝对是映照在雾里的影子。
 浓雾也是在人影之后才出现的,
 最重要的是,这里是发生什么都不奇怪的的地方、幻想乡啊。

-3-

-3-

 小さな妖精はいつものように興奮していた。
 今日は山よりも大きいアレを見たからである。

 勿論、実際には山よりも遥かに小さいのだが、
 視覚から感じる印象は大差はない。
 すぐに霧に包まれ見えなくなってしまったが、彼女は確信していた。
 アレは、大妖怪「だいだらぼっち」に違いない。

 普段はどこに住んでいるのか判らないが、
 珍しい妖怪を見たと興奮したのもつかの間
 妖怪の山から巫女が下りてきた。

 「この辺で巨大ロ……、大きな動く物を見たりしていない?」

 巫女はそういうと、霧の中を探し始めたのである。

 小さな妖精は何故か焦燥感に駆られ、
 自分が先に見たんだから自分の物だと思う様になった。

 「だいだらぼっちなんて見てないよ」

 そう答え、巫女を牽制した。
 彼女はただの好奇心から自分で大妖怪を探そうと思ったのである。

 这只小妖精像往常一样兴奋。
 因为今天看到了比山还大的那个东西。

 当然,那东西其实比山小多了,
 但是视觉上的印象没有差到哪去。
 那东西不久就隐藏在迷雾中消失了,但是她确信。
 那个是大妖怪“大太法师”没错。

 她不知道那东西平常住在哪,
 但是在她因为看见了一只稀有的妖怪而兴奋起来的不久之后,
 从妖怪之山上下来了一位巫女。

 「你见过有个巨大的机……大又会动的东西在附近么?」

 巫女这么说完后,便开始在雾中寻找。

 小小的妖精不知为何被焦躁感驱使,
 觉得先找到就是自己的东西的样子。

 「我没看见任何的‘大太法师’」。

 这么回答着,她支走了巫女。
 仅仅是因为简单的好奇心,她决定开始在这里寻找那个大妖怪。

-4-

-4-

 いつも騒がしい紅魔館。その日も例外なく騒がしかった。
 門番である彼女は、紅魔館の主であるレミリア・スカーレットに
 何やら報告していたが、 主は軽く聞き流していた。

 彼女は漠然とした不安を感じていた。
 朝方、山の麓に巨大な人影を見たのである。
 そして、らし、消えてしまった。

 アレは一体何だったのか。
 大鵬の様な大きな影、吐き出された禍々しい霧、彼女は確信していた。

               たいさいせいくん
 アレは凶事の顕形「 太歳星君 」の影である。

 ついに幻想郷の全妖怪が
 手を取り合って戦わないといけない凶神が現れたのだと、
 紅魔館の主に報告していたのだ。

 勿論それは聞き入れられなかった。

 彼女は思っていた。
 退屈な毎日を少し楽しくする為に、わざと誇張しましたけどね、と。

 总是喧喧嚷嚷的红魔馆,那一天也一如既往的吵闹。
 作为红魔馆的门番,她向红魔馆的主人,蕾米莉亚·斯卡蕾特那里
 虽然好像报告了些什么,但主人只是轻率地当成了耳旁风

 那个人的漠然让她感到些许不安。
 那是今天早晨,她在山麓旁看见了一个巨大的人影,
 而且随著湿热的雾气消散不见了。

 那究竟是什么呢。
 看见那有如大鹏般的巨大影子和缓缓吐出的灾祸之雾,她确信。


 那就是灾祸之神,「太岁星君」的影子。

 终于到了必须集合全幻想乡的妖怪之力
 才能打败的凶神出现的时候了。
 她又向红魔馆的馆主报告了。

 当然,那个人还是没有听她的。

 那个人是这么想的。
 为了让沉闷的日子变得有趣起来,所以她故意夸张了吧,不过呢,也没关系。

注释

  1. 布罗肯现象:在山顶上背着太阳,自己的影子映现在云彩上而形成的光环。也说“ブロッケンの妖怪”(布罗肯的妖怪)