附带文档:秋霜玉/舞台背景

来自THBWiki
跳转至: 导航搜索
  • 编写附带文档时推荐使用翻译表系统之中的__OMAKE__类型,用法详见前面的链接。
  • 本词条内容为秋霜玉的附带文档之一
  • 如果发现翻译问题可进行改正

この物語は、とことん未来の地球が舞台。
悪化した環境は、地球に本来生息していた植物すべてを絶滅させた。
たったひとつ、サボテンを除いては…。

このままでは地球は滅んでしまう…。
人類は生き残りをかけ、サボテンからエネルギーを抽出する研究を進めていく。

そして、ついにカクタスカンパニーがサボテンエネルギーを完成させた。
サボテンエネルギー ―― 原子力さえもはるかに凌駕するエネルギー。
それによって、地球滅亡の危機はなんとか回避することが出来た。

しかし、サボテンエネルギーはまだ不安定な存在。
エネルギーが暴走し、深刻な被害を与えることもあったという。
カクタスカンパニーもそのエネルギーの強大さゆえに、大きな事故を起こし、
一時は壊滅寸前にまで追いこまれた。

数十年後、人類はサボテンエネルギーの制御に成功し、再び繁栄を築き上げた。
そんな中、カクタスカンパニーは人型の戦闘ロボットを開発する。
開発者の趣味だかなんだかは知らないがメイド型。
しかしながら、テストでは既存の兵器の戦闘力を遥かに凌駕した。
そう、彼女もまた、サボテンエネルギーを利用して開発されたのだ。

「おつかいに行ってきます!」

VIVITと命名されたメイド型戦闘ロボット。
ご主人様に頼まれて、VIVITはカンパニーを旅立つ…。

这个故事上演的舞台是遥远未来的地球。
环境恶化导致地球上原本生息繁衍的植物全部灭绝。
唯一没有灭绝的植物,只有仙人掌而已…

这样下去地球毫无疑问将走向灭亡…
人类赌上了性命,进行着从仙人掌中提取能源的研究。

然后,终于有一天 Cactus 公司完成了仙人掌能源的研发。
仙人掌能源——甚至能凌驾于原子能之上的能源。
于是,总算避免了地球灭亡的危机。

然而,仙人掌能源仍然是非常不安定的存在。
也就是说能源暴走,造成严重的破坏的事情也时有发生。
Cactus 公司也曾经由于该能源的强大导致的重大事故,
一时几乎被逼迫到濒临毁灭。

数十年后,人类成功驾驭仙人掌能源,再次构筑繁荣社会。
此时, Cactus 公司开发了人型战斗机器人。
不知道开发者的个人趣味还是别的原因而开发成了女仆造型。
然而在测试中,其性能远远凌驾于所有现存兵器战斗力之上。
是的,她也是,利用仙人掌能源而开发的。

「去做任务了!」

被命名为VIVIT的女仆型战斗机器人。
因为主人大人的委托,VIVIT从公司出发开始了她的旅途……