鸟船遗迹/附带故事

来自THBWiki
跳转至: 导航搜索
  • 本页面内容为官方音乐CD鸟船遗迹的附带文档(Booklet)的原文与翻译以及光盘的扫图。

光盘扫图

包含角色信息
作品序号ZCDS-0013
封面角色玛艾露贝莉·赫恩宇佐见莲子

外面

后面
后面
侧封
侧封
前面
前面(Booklet封面)

宇宙に捨てられた衛星トリフネ
――隔離された楽園に秘封倶楽部の二人が臨む

被遗弃在宇宙中的卫星鸟船
——秘封俱乐部的二人来到了被隔离的乐园

上海アリス幻樂団が奏でる、眩惑的で熱い音樂集第六弾

由上海爱丽丝幻乐团奏响,眩惑与狂热的音乐集第六弹

Booklet

2-3页
2-3页
4-5页
4-5页
6-7页
6-7页
8-9页
8-9页
10-11页
10-11页
12-13页
12-13页
14-15页
14-15页
Booklet封底
Booklet封底

内面与碟面

后面
后面
碟面
碟面

故事文本

故事内容

1.衛星トリフネ

1.卫星鸟船

Satellite TORIFUNE
Satellite TORIFUNE
「ねえ。トリフネ、って有ったでしょ?」

「トリフネ? ああ、あの事故起こした宇宙ステーションの?」

「呐。鸟船,听说过吗?」

「鸟船?啊,是那个发生事故的宇宙空间站?」

 トリフネは数年前に原因不明の機械トラブルを起こし、宇宙の藻屑
と消えた不遇の宇宙ステーションだ。

 鸟船,就是那个在数年前因为发生了不明原因的机械故障,
成为了宇宙垃圾而消失的不幸的宇宙空间站。

「アレって、宇宙に適応出来るかどうかの実験で、色んな動植物を
 乗っけてたんだよね」
「あ、あーそうねぇ。でもそれがどうしたって言うの?」
「是不是就那个,搭载了各种动植物,
 为了实验它们能否在宇宙中适应下来的空间站?」
「啊,好像是这样呢。后来怎么样了知道吗?」

 トリフネには最適化された生態系を乗せていた。限られたエリアだ
けで完結する生態系の実験の為である。その目標はテラフォーミング
の実現だ。
 それも火星や金星などではない。そんな物はSFの世界の話だ。
 テラフォーミングの対象として目されていたのは、地球である。

 鸟船上搭载着最优化的生态系统。在有限的空间中
完成生态系统的实验是有原因的。就是为了实现“外星环境地球化(Terraforming)”
这个目标。
 当然并没有选择火星或者金星。那些都是SF[1]世界的内容了。
 被视作地球化(Terraforming)的参照客体的,就是地球了。

「もしかしたら、まだ生きているかも知れないの」
「难道说,或许空间站还幸存着」

2.トロヤ群の密林

2.特洛伊群的密林

Trojan Green Asteroid
Trojan Green Asteroid
「メリー、何言ってるの? いくらミニ生態系が用意されていたと
 しても人間の手を離れた宇宙ステーションで維持なんて……」
「梅莉,你在说什么啊?无论是准备多么完善的迷你生态系统,
 脱离人类的干预后还能在宇宙空间站能维持多久啊……」

 宇佐見蓮子は苦い笑顔を見せた。

 宇佐见莲子苦笑着。

「……メリーがそういうって事は、何かあるんでしょ?」
「……既然梅莉你这么说,难道最近发现了什么吗?」
「うん、最近見えるの。”中”の様子が」
「嗯,最近我看见了。“里面”的样子」

 トリフネは人類の制御を離れ宇宙の藻屑となったと言われていたが、
実は地球‐月系のラグランジュポイントに留まっている事が判っている。

 虽然说是鸟船脱离了人类的控制后就成为了宇宙垃圾
,但是都知道空间站其实是停留在了地月系[2]的拉格朗日点[3]上。

 万が一を考え、何らかの事故が起きて制御不能になった場合でも
推進装置に影響がない場合、地球への落下防止と未来の回収を考えて、
ラグランジュポイントに自動移動して留まる機構を備えていたのだ。

 考虑到突然情况,因为什么事故导致空间站失去控制却没有影响推进装置的情况,
还有为了防止坠落到地球与将来回收的考虑,
其实空间站上是准备了可以自动飞往并驻留在拉格朗日点的机械装置。

3.デザイアドライブ

3.Desire Drive

Desire Drive
Desire Drive

――美しくも無秩序な緑の森。

——美丽却又杂乱无章的绿色森林。

 むせ返るような蒸気。異常な熱気はコンピュータの暴走か。

 让人喘不过气来的蒸汽。这异常的热气是因为电脑的暴走吗。

 人工的な重力空間を幻想的に舞うツノゼミの一種。
 構造色なのか鮮やかな、そして毒々しい色をしたモルフォチョウの一種。

 在人工重力空间中梦幻般飞舞着的是角蝉的一种。
 色彩构造鲜明,甚至有些刺眼的是蓝闪蝶的一种。

 絶えず水の流れる音はするが、川は見えない。
 縦横無尽に張り巡らされた植物の根が川を覆ってしまったのだろう。

 只能听见流水潺潺声,却看不见河在哪里。
 或许是因为,流水被这纵横蜿蜒盘根错节的树根覆盖住了吧。

 ジャングルとはこういう物だったのだろうか。

 所谓的丛林就是如此吧。

 マエリベリー・ハーンの探検心をくすぐる。

 玛艾露贝莉·赫恩的探险心也被撩拨的蠢蠢欲动了。

4.フェアリー冒険譚

4.妖精冒险谭

Childlice Adventure[4]
Childlice Adventure

 目に映る光景は、余りに幻想的だった。

 映入眼帘的景象,太过于梦幻了。

 生命力の高い個体ばかり積んだからだろうか、人類の管理から
放たれた動植物は枯れること無く成長を続けていた。

 也许是因为堆积了太多生命力顽强的生物脱离了人类管理的
动植物并没有就此枯萎,反而生长的愈发欣欣向荣了。

 窓の外は有害な太陽風吹き荒れる無の世界。
 そこに漂う宇宙船の中は、緑の閉鎖楽園。

 窗外是呼啸着有害的太阳风的无的世界。
 漂浮着的宇宙船之中,是一个绿色的封闭乐园。

 余りの異様な光景にマエリベリーは熱病にかかったかの様に
辺りを探索した。
 地上とは異なる安定しない重力感覚がそうさせたのかも知れない。

 在这过于异样的景象中,玛艾露贝莉像发了烧一样
四处探索着。
 或许是因为这与地球上完全不同的不安稳的重力感觉,使得她这样也说不定呢。

 暫く探索すると蔦が密集した所に、一際違和感のある意匠を発見した。

 经过短暂探索之后,在一个遍布爬山虎的地方,她发现了一个充满违和感的设计。

 二本の柱に木を渡したもの――鳥居である。

 在两根柱子之中有一个木头搭起的东西——所谓的鸟居。

5.天鳥船神社

5.天鸟船神社

Space Shrine
Space Shrine
「……という所で目が覚めるの」
「え? 夢の話なの?

 ……って言ってもメリーの夢は怖いからなぁ」

「ところで、何で宇宙ステーションに鳥居があるのかしら」
「……于是到了这里我就醒了」
「诶?是在做梦吗?
 ……虽然这样,梅莉的梦还真是可怕呢」
「话说,为什么宇宙空间站里会有鸟居啊」

 衛星トリフネには天鳥船神社が建てられていた。
 一応、宙の交通安全の為に祀られているとされる。もしかしたら
大洪水の際につがいの動物を乗せたとするノアの方舟のイメージも
あるのかも知れない。
 人間はいくら科学が進もうとも、最後は神頼みなのだ。

 卫星鸟船上建造了天鸟船神社。
 也算是为了宇宙的交通安全而祭祀用的。或许是类似于
为了在大洪水的时候,让成对的动物搭乘的诺亚方舟的形象也说不定。
 无论人类科学再怎么进步,最后还是会依赖于神明。

「へー。詳しいわね」
「その事を知らなかったのにメリーの夢にも鳥居が出てくるのなら、
 もう間違い無いわね」

 蓮子は頷く。

「この近くにも天鳥船神社、あったよね」
「しょうが無いわねぇ。
 今夜はそこから”見に行きましょう”」
「诶—。好详细啊」
「明明梅莉以前都不知道这种事的,既然在梦中会出现鸟居,
 看来确有其事呢」

 莲子点了点头

「在这附近,也的确有天鸟船神社呢」
「真是没办法呢。
 今晚就去那里“确认一下吧”」

6.夜空のユーフォーロマンス

6.夜空中的UFO恋曲

UFO Romance
UFO Romance
「――わあ、これが衛星トリフネの内部なの?」
「素敵でしょ?
 地上じゃこんな世界、中々見られないわ」
「幻想的ね。隔離された楽園、かー」
「——哇啊,这就是卫星鸟居的内部吗?」
「很漂亮没错吧?
 这么美丽的世界,在地球上可是很少见呢」
「好梦幻啊。与世隔绝的乐园,吗—」

 蓮子とメリーは地上から38万km離れた衛星トリフネの中にいた、
 ……と言っても勿論夢の中である。

 莲子和梅莉正在离地球38万千米的卫星鸟船之中,
 ……这毫无疑问当然是在梦中啊。

 二人は結界の向こう側を見つけては遊んでいるのだ。

 两人发现了结界的另一侧,并开始游玩了起来。

「ここにある動植物は恐らく殆ど亜種ね。
 このぐらい適応力が高いと、逆に地上には持って行けないかも
 知れないわねぇ……」
「何、研究者みたいな目で見ているのよ」
「理系の人間はみんなこうよ……ん? 何の音?」
「这里的动植物恐怕几乎都是亚种呢。
 如此顽强的适应力,在地球上或许反而
 无法继续生存下去呢……」
「什么啊,干嘛装出一副科学家的样子啊」
「理工科的人不都是这样的嘛……嗯?什么声音?」

 何処からか低いうなり声が聞こえていた。

 好像不知从哪里,传出了轻微的吼叫声。

7.ハルトマンの妖怪少女

7.哈德曼的妖怪少女

Lonely Monstar[5]
Lonely Monstar

 目の前に立ちはだかる未知の生物。
 羽の生えた獰猛な獣が姿を現した。
 地球に存在する物に例えるのなら、キマイラだろうか。

 一个未知生物出现在眼前拦住了去路。
 这是一只长着翅膀,面容狰狞的凶兽。
 如果要比作地球上存在的生物的话,应该就是奇美拉了吧。

「ちょっと、アレって!?」
「等一下,那个是!?」
「うーん、合成獣かしら。
 でも身体の大きさに比べて翼が小さすぎて、アレでは飛べない。
 ここは閉鎖空間だから遺伝子異常が起きやすいし、
 ウィングキャットみたいな物かもね」
「唔—,莫非是合成兽吗。
 但是和庞大的身躯相比,那双翅膀未免也太小了,靠那个可飞不起来。
 因为这里是封闭空间,所以遗传因子非常容易发生异变,
 或许这就是类似于翼猫这样的生物呢」
「じゃ、なくて! 何でそんなに冷静なのよ!
 明らかにアレは危険でしょ?」
「谁在和你说这个啊!为什么这种时候你还能这么冷静啊!
 很明显这是个超危险的家伙啊?」
「だって、これは夢でしょ? メリーが見せた」
「因为,这不是在梦中吗?梅莉你的梦啊」

 キマイラは二人目掛けて飛びかかってきた。

 奇美拉以两人为目标飞扑了过来。

8.天鳥船神社の結界

8.天鸟船神社的结界

Space Shrine in Dream
Space Shrine in Dream
「ふう、危ない危ない」
「呜哇,危险危险」
「あれ?
 もう終わり?」
「咦?
 已经结束了吗?」

 気が付くと地上の天鳥船神社に居た。

 回过神来的时候,已经身处地上的天鸟船神社之中了。

「私一人の時は動物は昆虫くらいしか見かけなかったのに。
 あんなの居るなんて聞いてない!
 ……って、蓮子は怖くないの?」
「明明我一个人来的时候,除了昆虫什么动物都没见到。
 从没听说过这里会有这种猛兽啊!
 ……话说,莲子你不害怕吗?」
「だって、夢の中だし……それに未知の生物に興奮して
 怖いとか勿体ない」
「因为,这是在梦中啊……能见到这种未知生物实在太兴奋了
 哪有时间害怕啊」
「夢の中……って言ったって怖い物は怖いわよ」
「就算是在梦中……遇到可怕的东西还是会害怕啊」
「ねえ、もう一回行かない?」
「呐,再去一次吧?」
「え?」
「诶?」

 メリーはこの夢がただの夢でない事を知っている。
 あの光景は紛れもない、衛星トリフネの真実なのだ。
 それを見ている自分は真実では無いのだろうか。

 梅莉知道,这个梦绝不仅仅是梦境。
 那个场景,毫无疑问,是真正的卫星鸟船。
 或许梦见这个的自己才是虚幻的吧。

 リアルとヴァーチャル、どちらの方が人間に与える影響が大きいのか
判らぬ訳も無いのに。

 真实(Real)和虚幻(Virtual),究竟哪个对于人类的影响会更大一些
这一点她又怎么会不知道呢。

「……辞めようよ。
 危ないってば」
「……算了吧。
 那里这么危险」
「だってさ、いつでも逃げられるんでしょ? 今みたいに。
 それに知っている?
 夢の中なら人間は何にでもなれるんだわ」
「可是,我们想要逃跑的话随时都可以啊?就像刚才那样。
 你知道吗?
 梦中人类是可以为所欲为的哦」

9.感情の摩天楼

9.感情的摩天楼

Cosmic Mind
Cosmic Mind

――不安定な重力を乗りこなし、ひょうひょうと跳ねる蓮子。

——驾驭着不安稳的重力,莲子轻巧地跳跃着。

 「おもしろーい!
 これだけ身軽ならさっきの怪物が出てきてもきっと余裕だよ!」
「太—好玩了!
 如果刚才也能做到像这样子身轻如燕,躲开那只怪物完全是绰绰有余嘛!」
「不吉なことを言わないの」
「别说那些不吉利的话啊」
「大丈夫だって。
 今の私はさながらシューティングゲームの主人公よ!」
「没关系啦。
 现在的我简直就是弹幕游戏(Shooting Game)的主人公一样!」

 蓮子は銃を構えたポーズで撃つ真似をした。

 莲子做出准备好枪的姿势,模仿向boss射击的动作。

「いくら夢でも、光弾が撃てたりはしないと思う。
 これは”私の夢”なんだからね」
「就算是在梦里,光弹也不会射出去的啦。
 因为这可是在“我的梦中”啊」
「判ってるって。
 ここが本当の衛星トリフネ、”鳥船遺跡”だって事もね」
「我知道啊。
 我还知道,这里就是真正的卫星鸟船,“鸟船遗迹”呢」

 衛星トリフネの事故の原因は一般には「コンピュータのバグ」
だと言われている。しかしバックアップからは原因を特定する
事は出来なかった。
 勝手にラグランジュポイントに移動し始めた衛星トリフネを
止める手段が無く、専門家が

「日本の技術者は多額の金をかけて宇宙に遺跡を作った」

と揶揄した事を切っ掛けに、この衛星は「鳥船遺跡」と呼ばれる
ようになった。

 一般外界认为,卫星鸟船的事故原因是「电脑故障」
可是从备份资料中却无法确认到原因。
 就算是科学家,也无法阻止已经开始向拉格朗日点移动的卫星鸟船。

「日本的科学家花了这么多钱,结果就在宇宙中建了一个遗迹」不知道是谁先开始了这样的揶揄,从此以后这个卫星就被称为「鸟船遗迹」了。
「とすると、怪物は鳥船遺跡に実在するのよ。
 ワクワクするわねぇ」
「因此也就是说,鸟船遗迹中的确存在着怪物咯。
 真是好兴奋啊」
「んもー。
 いくらこれが夢だとしても、怪我でもしたらどうなるか
 判らないわよ?」
「真是的—。
 就算这是在梦境中,要是受伤的话谁也不知道
 会发生什么事啊?」

 怪物が二人を襲ったのはその時だった。

 就在这时,怪物袭击了两人。

10.宇宙に浮かぶ幻想郷

10.漂浮于宇宙之中的幻想乡

Paradise Torifune
Paradise Torifune

 衛星トリフネの回収の予算は下りそうに無い。
 何故なら人間の制御の手を離れた時から、もう中の生物は
全滅し、わざわざ回収する程の価値は無いと思われているからだ。

 卫星鸟船的回收预算似乎还没有审批下来。
 他们认为,空间站在脱离了人类的控制之后,里面的生物就
全部死亡了,根本没有刻意回收的价值。

 まさか地球‐月系のトロヤ群に、断絶された生命の楽園が
存在している等と、誰が考えただろう。

 谁也不会想到,在地月系之间的特洛伊群中,
会存在着一个与世隔绝的生命乐园。

 蓮子は病院の前で待っていた。

 莲子在医院门前等待着。

「大丈夫だった?」
「没事吧?」
「何て事も無いかすり傷よ。
 綺麗な傷で、別にバイ菌も毒も心配ないって」
「没什么大事,就是擦伤而已啦。
 伤口也很干净,不用担心细菌和病毒什么的」
「良かったぁ。
 心配したわ、夢から覚めたら腕を怪我してるんだもん」
「真是万幸呢。
 从梦境醒来发现你的手腕受伤了,真是担心死我了」
「不公平な話ね。蓮子は無傷だったのに……」
「真是太不公平了。为什么莲子就没有受伤啊……」

注释

  1. 科幻小说
  2. 地球和月球构成的天体系统
  3. 在两个大物体引力作用下,能使小物体保持稳定(基本保持相对静止)的空间中的点
  4. 此处应该是Childlike Adventure,可能是ZUN拼错。
  5. 此处应该是Lonely Monster,可能是ZUN拼错。

访客评论