The Grimoire of Marisa/水桥帕露西

来自THBWiki
跳转至: 导航搜索
< 莉格露·奈特巴格   魔理沙的魔法书   河城荷取 >

第19-20页
GoM插图(水桥-LOGO).jpg


妬符「グリーンアイドモンスター」
使用者    水橋パルスィ
使用者    水桥帕露西
備考     地底世界に続く道で見かけた、奴隷タイプ(インビジブル)
备考     在连接地底世界的通道看到,奴隶型(隐形的)
羨ましさ   ★★★
羡慕度    ★★★
正体不明の怪物から逃げ回るという焦燥感に駆られるスペル。
让人浑身充满从不明真身的怪物爪下逃命般的焦躁感的符。
よくみるとパルスィは動かないで怪物に任せっきりだ。楽そうで良いな。
仔细看看帕露西她一动不动全都交给怪物了。一身轻松真好啊。
これはインビジブル奴隷タイプのスペル。こういうスペルカードを一つ位欲しい気もする。もし自分が奴隷タイプのスペルカードを開発するとしたら何を奴隷にしたらいいのか。普段から奴隷を見つける目で生活したいぜ。
这是不可视奴隶型的符。这种符卡总也想有那么一个。如果自己也开发出了奴隶型的符卡的话要拿什么来当奴隶比较好呢。真想平常就带着发现奴隶的眼光生活啊。


花咲爺「シロの灰」
使用者    水橋パルスィ
使用者    水桥帕露西
備考     宴会芸の一つ、演劇タイプ
备考     宴会演艺之一,表演型
羨ましさ   ★★★★
羡慕度    ★★★★
何を燃やしたのか判らない灰をばらまくと花が咲く。季節や木の種類に関係無く咲く。
撒下不知道是什么燃烧后留下的灰之后就会有鲜花盛开。不管季节与树木种类的开花。
みんな見事な花に驚くが、本当に驚くべきは灰の方だ。
大家都对美丽盛开的鲜花感到吃惊,但真正应该感到吃惊的是对那些灰啦。
何処に隠し持っているのだろう。妬ましい。
究竟是偷偷放在什么地方的呢。真让人嫉妒。
ちなみに花びらを避ける事など、朝飯前だ。
顺便一提,躲避花瓣这种事情对我来说小菜一碟啦。


舌切雀「大きな葛籠と小さな葛籠」
使用者    水橋パルスィ
使用者    水桥帕露西
備考     主に昔話、奴隷タイプ
备考     主要用在传说,奴隶型
羨ましさ   ★★
羡慕度    ★★
偽物のパルスィが現れる分身技。
假的帕露西出现的分身技。
大きい方がハズレだなんて妖精でも知っている。
大的那个是假的这种事情连妖精都知道。
でも、私はあえて大きい方を選びたいぜ。小さい葛籠の小判より、大きな葛籠の妖怪の方が何か良いからだ。
不过,要是我的话反而会想去选大的那个。因为比起小笼子里的钱来,大笼子里的妖怪感觉要更有趣些。[1]


恨符「丑の刻参り」
使用者    水橋パルスィ
使用者    水桥帕露西
備考     神社とかでよく見かける
备考     在神社什么的地方经常看到
羨ましさ   羨ましくはない
羡慕度    一点也不羡慕
不気味な筈なのに見た目は綺麗という不遇なスペル。
本应该很诡异但看起来却非常美丽的不幸的符。
恨みの五寸釘から放たれる嫉妬の炎は、皮肉にも輝かしい。
自怨恨的五寸钉中迸发出的嫉妒之火,很讽刺的光辉耀眼。
試しに丑の刻参りをしてみるのも面白いかも知れん。恨むとしたら誰がいいかな。
试着在丑时前去参拜一下说不定也会满有趣的。要怨恨的话恨谁好呢。

注释

  1. 请看剪舌麻雀
< 莉格露·奈特巴格   魔理沙的魔法书   河城荷取 >