博丽幻想书谱/内容2

来自THBWiki
跳转至: 导航搜索
< 内容1   博丽幻想书谱   内容3 >

2006年01月04日

 

そして地図から消えた村へ

从地图中消失的村子

 あけましておめでとうございます。ただいま戻ってきました。

 三日も山に帰るとコミケの事はすっかり忘れてしまう物で、すっかり、と思いきやうちのちゃぶ台に面白い物(冬コミで戴いた物)が置いてあったりして、すぐに記憶を取り戻します。頂き物は後日紹介するとして、今日は山から戻ってきた事のお話。

 今年は大雪大雪と言われていたけど、関東では連日快晴(寒かったけど)だったので、ピンとこなかったのですが、山に帰って否が応でも納得。

    祝新年快乐。我回来了。

    三天都回到山上,Comiket的事情忘得一干二净,全部。没想到饭桌上有趣的东西(冬天Comi收到的东西)都放着,立即恢复了记忆。我们的东西日后再介绍,今天是从山回来的事的谈话。

    即使今年据说是大雪大雪,但在关东是连日晴朗的晴天(虽然很冷),虽然不想说,不过回到山也是可以理解。

博丽幻想书谱附图22.jpg

道から大屋根が見えないくらいの大雪。
これはもう天罰としか思えないほどに寝正月でした。どこにも出かけようがありません。

   在道路上看不见大屋顶的大雪。
   这已经是天罚,只能那样悠闲睡觉度过年假。我哪儿也不去。

博丽幻想书谱附图23.jpg

かといって実家に帰ると特にやることがない(やることは都会に置いてきて帰ってきた)ので、酒飲んで、紅白見てニューイヤー駅伝見て箱根駅伝見るだけの幽雅な毎日でした。
今日の帰りも、電車が一駅進む度に「雪で動けなくなりましたので雪を搔きます」って言われて、結局半日かかっての帰路でした。雪は止めよう。

    跟父母返回老家没有什么特别的事(把要做的事在城里做完回来了),所以喝着酒,看着新年红白歌合战,是在箱根接力赛看着的幽雅的每天。
    今天回去的时候,电车在一个车站前进,「因为下雪而无法动弹」被这么说道,结果多了半天的归途。雪停止了。

ただ、ちょっと衝撃的なニュースが。

 なんと母方の実家の村が地図から消えていました。

 信州でも有数の秘境中の秘境(当然観光的価値ゼロ)だったので当然かも知れませんが……。
 人口は数百人程度で、テレビはアンテナ立てても映らない(共同アンテナって知ってる?)。新聞は昼間自分で取りに行く。郵便局はない。食料も隣の村から運ばれてくる。人の声が一切しない。なんにも名産はない。都会どころか田舎の匂いすらしない。
 街灯もない道は常に車1台分の幅で、ガードレールもなく路肩は即崖。どこかの通り道という訳でもなく、数十分の道のりも車がすれ違う事なんてレアイベント。エンカウントするとどちらかが引かないとすれ違えない恐怖のかすりロード。道のそこら中に獣道の様な道があって歩いていくと得体の知れない祠がある。人柱のトンネル(当然車1台分で街灯なし、高さも低い)が村の唯一の入り口。360度以上のカーブが七つ連続する七曲(地名)。
 基本的に昼間でも人や車に出会うことが難しく、人が住んでいる感じがしない。家がないし、有っても無人。何せあの喜多郎が好んで住んでいた位だし:-)

 親の話だと人魂や怪火はデフォルトだったらしいけど、今そこに行ってもデフォルトな感じ。どんなホラースポットも顔負けのナチュラル妖怪ヴィレッジ。

 まぁ、あの山奥での生活が私に与えたインスピレーションは多大な物だったため、少し寂しく思います。今度遊びに行ってみようかな、雪のない季節に。


 と言っても、私の実家は未だ村のままで健在ですが。

只是,有一个有点冲击性的新闻。
  
  妈妈老家的村子竟然从地图上消失了。

  在信州也有屈指可数的秘境中的秘境(当然,没有观光价值),也许是理所当然的……
  人口大约有几百人、电视就算有天线也看不了(知道普通天线嘛?)。报纸要白天自己去拿。没有邮局。食物也是从邻村运来的。没有什么人的声音。没有什么有名的土特产。别说是大城市了,连乡下的气息都没有。
 街灯もない道は常に車1台分の幅で、ガードレールもなく路肩は即崖。どこかの通り道という訳でもなく、数十分の道のりも車がすれ違う事なんてレアイベント。エンカウントするとどちらかが引かないとすれ違えない恐怖のかすりロード。道のそこら中に獣道の様な道があって歩いていくと得体の知れない祠がある。人柱のトンネル(当然車1台分で街灯なし、高さも低い)が村の唯一の入り口。360度以上のカーブが七つ連続する七曲(地名)。
 基本的に昼間でも人や車に出会うことが難しく、人が住んでいる感じがしない。家がないし、有っても無人。何せあの喜多郎が好んで住んでいた位だし:-)

 親の話だと人魂や怪火はデフォルトだったらしいけど、今そこに行ってもデフォルトな感じ。どんなホラースポットも顔負けのナチュラル妖怪ヴィレッジ。

 まぁ、あの山奥での生活が私に与えたインスピレーションは多大な物だったため、少し寂しく思います。今度遊びに行ってみようかな、雪のない季節に。


 と言っても、私の実家は未だ村のままで健在ですが。

2006年01月09日

東方文花帖ver1.01a

マシンを新しくしてから、なかなか元の環境に戻らない今日この頃。
東方文花帖のアップデータを試験的に置いてみます。

th095_ver101a.exe

修正箇所は以下のところ。


    ・撮影時のフリーズを起こりにくくした
    ・ロード時の停止が起こりにくくなったかも
    ・号外(まだ枠だけ)を追加した
    ・初回起動時にBGMエラーが出る事があったのを修正


  • 注意! このバージョンは試験バージョンです。バックアップを行うことをおすすめします*


なかなかフリーズが起きてくれなくて直ったのか微妙ですが、これで試してみてください。
まだサポート掲示板が無いので、報告はすべてメールでお願いします。

また、号外(EX以降のステージ)を追加しました。
今のところ一つもありませんが、後日おまけステージが追加されていく予定です。文花帖(メモ段階)より記事にするべき刺激的な事件です、きっと。

あといくつかバグが取れたバージョンが作られれば、その後委託なりなんなり検討します。

2006年01月11日

東方文花帖ver1.01b

試験中に付き、再度アップしてみます。
今度はリプレイ再生から終了を選んだときに止まると言うのを直したいので、その試験版です。
今のところ、そのバグは報告が幾つかありましたが、こちらでの再現が非常に難しく、今日ずっとやってただ一度だけそれっぽい物を見ることが出来ました。

しかし起こした物の原因が全く分からない上に二度と再現しないので、安全性を増しただけのバージョンをアップします。よく起こると言う方に試していただいてメールで報告して頂ければ助かります。

th095_ver101b.exe

*なお、このアップデータは、1.01aパッチ適応後でないとアップデート出来ません。
正常にアップデートされたかどうかは、タイトル画面のロゴを見てください。

2006年01月12日

東方文花帖ver1.01c

度々すみません。

th095_ver101c.exe
*今回のパッチは、ゲームのあるのフォルダに入れて実行してください
  また、ver1.00a, 1.01a, 1.01b の全てのバージョンからバージョンアップ可能です

 ダウンロードした方にデバッグに協力して貰っているような物ですが、こっちの人手が足りないのでそういう献身的な方がいると凄く助かります。

 おおよそ、全てのバグの根底部分は掴めました。ただ、これは自分の所では再現しない(もしくはしにくい)ので、やはり直ったかどうかが確認取れません。

 プログラムの知識があって、勘が鋭い方なら判っている方もいると思いますが、文花帖のフリーズは殆どスレッド絡みの物です(正確に言うとデッドロックなのでフリーズではない)
 今回はテンポを考えてゲーム画面が止まらないようにシステムが組まれている為にそうなっています。
 ただ、そのお陰でデバッグは困難で、環境によって起こりやすかったり難かったりするのは、それは処理の具合とタイミングによって決まるバグだからです。

 と、手前のバグの解説をしたところで、今回はそのスレッド回りをもう一度見直し、大きく変更してみました。私のマシンでは10時間以上エージングに耐えたので、これでちょっと献身的な方に是非試していただきたく。

(最悪、デモプレイで止まらなければ良いんですけどね(店頭に置かれたときに(笑))

2006年01月13日

東方文花帖ver1.02a(正規バージョン予定)

これでひとまず大きなバグは終了かな?
このバージョンを正規バージョンにする予定です(そういえば文花帖ページがなかったので後で作るか)

th095_ver102a.exe

*バージョンアップ方法
 プログラムをインストールしたフォルダにコピーし、実行してください。
 ver1.00a, 1.01a, 1.01b, 1.01c のいずれからもアップデート可能です。

◇更新箇所
 ・ミッション選択画面でカード名が表示されるように変更
 ・次のステージを選択すると、音楽が止まるバグを修正
 ・細かい誤字を修正

 今回のバージョンからメニュー画面でスペルカード名が表示されるようになります。これにより、なんて名前だったのかプレイし直さなくても判るので安心。

 カード名は新たにベストショットを撮影しなおさないと表示されませんのでご注意を(新手の嫌がらせみたいだ)
 ちなみに、過去バージョンでベストショットの点数が高すぎて新しいベストショットが撮れないって場合は、クリア後にキーボードのSキーを押して手動保存するか、bestshotフォルダの対応するファイル(bs_レベル_シーン.dat)を削除してください(削除してもベストショットの絵が消えるだけでハイスコア、クリア情報などには影響ありません)


 それに伴い今回のバージョンには注意があります。
 今までのベストショットは受け継がれますが、ver1.02aで撮影したベストショットは過去のバージョンに戻すと表示されなくなります(ハイスコアやクリア情報には影響はありませんのでご安心を)

2006年01月25日

 

傾蓋の遇

 年が明けてから毎日呑みに行っている。と言うのも、定時に会社を上がっているからである。

 

博丽幻想书谱附图24.jpg

 これこれ。
 サタンレッド。サタンビールのアルコール8%とスタンダードなタイプ……でもラベルがレミリアに!
 所謂、サタンスカーレット。こんなビール中々無いですよ?(いや無いでしょう)

博丽幻想书谱附图25.jpg

 ただでさえ可愛い悪魔が普通に可愛い悪魔になっているという素晴らしいビール。
 赤は狂気の色で、悪魔はビールの魅力。それは今日既に居酒屋で飲んできていなくても危険なまでに魅力的なビール。

 そう、これは冬コミで頂いたお酒。わざわざサタンレッド(紅い悪魔参照)にオリジナルのラベルを創って貼ったという、文字通り酔狂な(失礼)代物。実は、コミケに限らず、職業柄お酒を頂くことが非常に多い(職業柄?) つい先日も大量に貴重なビールを頂いてしまいました(4Gamers様有り難うございます(笑))
 ただ、当日は余りにも忙しく、心身共に限界まで来ているので殆ど出来事を覚えていないのです。このサタンスカーレットも案の定、どなたから頂いたのか判らなくなってしまった(自分という方はメールでも教えてくださいましm(__)m)
 そんなこともあり、私を助けると思って自分の差し入れには、差し支えなければ自分の名前を書いた物を同封して頂けると幸せ。

 参考までに、一応一般のイベント会場ではお酒は禁止ですが、基本的には呑むこと以外を禁止する意味は無いと思う。逆に、呑まなくても酔っぱらっている非紳士的行為を戒める方がずっと健全です。
 その為、私の周りでは紳士的持ち込みは許されているらしくお酒のやりとりは非常に多い(ここだけの話、海外の方やスタッフからも頂いていたり(笑))


 雪の降る土曜日。ちょっと面白い面子で新年会を行っていました。同人ソフトのあの風が冷たいブースの戦友で集まって飲みましたが、やはりいつもと違う面子で呑むのは楽しい。
 私が常々思うのは、いくらオンライン上で一方的に(もしくは双方向でも)知り合った仲でも、それだけでは真の信頼関係は得られないと言うこと。何年付き合おうとある壁を越えられない。それは相手が裏切るかも、最初から騙しているのかも、という不安なのかも知れないが、そういった疑念がある以上、真の信頼関係はない。
 その疑念を振り払うには、ただ一度、しかも一瞬だけでも良いので直接会う事である。会って一言会話するだけの事である。その一瞬だけでお互い信頼し会えるのかが判る。

 お互いの関係者の人づてやオンライン上では良く耳にするものの、事実上イベントでしか会うことのない方と会って呑んだわけですが、全く普段と変わりはなく、楽しく呑むことが出来た。それは瞬時に、相手が通ってきた道をある程度理解し、自分が通ってきた道も相手が想像できるであろう、という信頼感が感じられるからである。

 まさしく、こころ通ずれば傾蓋の遇なり、と言った感じ。と言うほど偉い物ではありませんが(笑) そんなこんなで朝帰り。雪の日の次の朝張っていた氷は、人を殺せる事は判った。


 さてさて、長くなりましたが「東方文花帖 ~ Shoot the Bullet」ようやく委託販売の方が動いています。お店には今回は控えめに販売してねとお願いしたので、こっそりと手にとってくださいませ。それこそ、符帳を使って店員とやりとりしてください(おすすめの符帳、「デバガメください」)
 予想としては開始二月中旬くらいになりそうです。ちなみに値段は1000円。イベントでは不可能だった、音楽CDとゲームの中間を取ることが出来ました。

 

2006年02月03日

病は九十九に

 風邪みたいな病気で暫く寝込んでいましたが、寝ていても中々良くならないので、会社に行ってみたら大丈夫になりました。そういうもんそういうもん。

 その代わり、自転車がパンクしました。昔から、長く使い込んだ道具には魂が宿り、主人に恩を返す事があるという。良くある付喪神のお話ですが、この自転車も風邪(みたいな病気)の身代わりになったのかも知れない。
 まぁ、買ってから10日も経っていませんが(しぶしぶ付喪神のパンクを修理して疲れた)

 そんなこんなで、駆け足でSTGを作ってきてそろそろ同じようなネタが続きそうだから、今年は充電期間としてのんびりやろうかと思います。特に音楽に力を入れて本気で音楽を楽しむ年にする予定です。(気が変わってうっかりゲームを作ってしまうのも想定内)
 去年まで忙しかったので、音楽を進化させる余裕も作りにくかったし……。個人的には花映塚から、やっと東方らしさという味(くせ?)が出てきたって思ってます。そこを何とか進化させたいと言うのが抱負。

博丽幻想书谱附图26.jpg

陰陽玉増殖強化月間

2006年02月05日

 

未来を思い出す

 過去は誰でも思い出して話せるが、未来の日常の事を思い出して話せ、と言われたら、日々是好日と答えるでしょう。

 未来を思い出すように感じさせられる飲み物に出会う。

 

博丽幻想书谱附图27.jpg

 これこれ。
写真じゃ判らないけど、実はこれ「電気ホッピー」。
お酒を飲む方なら言わんとしていることは判るであろう、恐怖の飲み物。未来っぽいですよね。
でも美味しかった(残念)

 そして何となく、腹いせにXBOX360でも買ってやろうかと思っていた時に、次世代据え置きゲーム機を見つけてしまいそっちを購入。

 

博丽幻想书谱附图28.jpg

 ファミコンフォート。
 これファミコン互換機でファミコンソフトが遊べるらしいのです。エキサイティング。これも未来を思い出す。

博丽幻想书谱附图29.jpg

 ゲーマーはエミュレータなんかで遊んでも、全く面白いと感じない人も多いと思う。
 ただ数値の集まり部分だけではなく、ロムを差し替え、あの宝石箱のようなカセットに電気を通す瞬間まで含めてゲームであると認識しているからです。
 でもファミコンが壊れた、手に入らない、勿体なくて電気を通せない、なんて方にピッタリの品ですね。何せ、1500円(安!)ですから。

 でも、既にうちにカセットが無かった。今度田舎から持ってこよう、マインドシーカー。

 

2006年02月08日

 

動かない大図書館は寺院の香り

 部屋の中が寺院っぽい香りで一杯である。暇じゃなかったので数学の本を読んでいた。しびれるまでに数学は美しい。つくづく人間の知的レベルを計る事が出来るのは、文学と哲学と数学だけだと思うのであった。

 さっきから寺院っぽい香りがする。

 

博丽幻想书谱附图30.jpg

 その正体は、パチュリー。
 しかも陰陽箱にパチュリー。

博丽幻想书谱附图31.jpg

 このパチュリーがまた寺院臭がする。強いて言えば古い寺院で土と黴まみれといった香り、いや臭い。
 そりゃそうである。大図書館は地下に存在して、殆ど日が当たらない、かびた本もありそう、妙な儀式も行うから変な臭いがしそう……
 とそういった感じだからこのお香はパチュリーと呼ばれるのだ。

 最近、音楽活動が楽しい。しかし、自分の音楽の根底に何が横たわってるのかを考えないで作った曲はつまらない。
 音楽は人を楽しませる「実」のあるものなのだ。しかし不思議なことに美しさは「虚」の部分にのみ存在する。役に立つから学ぶと言うのは、私は面白くないと思う。美しいから考えると言う方が面白いじゃないか。
 だから数学が面白い。数学の美しさが曲にも表れてくると作曲も楽しい。そう思えてならない。

 ま、ホリエモン騒動で反省したら、実用的な事(金を稼ぐ事)以外の行動を否定する風潮を無くしていただきたい。(つまりは、子供は英語や専門学の前に数学や哲学だと<英語苦手だった)

 

2006年02月09日

月と河童

 言い忘れました。2/10(明日ですが)に、エルナビ(http://elnavi.jp/)の東方香霖堂で、
 第十七話「月と河童」が公開されます。
 香霖堂は、隔月で第二週金曜日に更新されるみたいです。

 前回も言いましたが、今までピュアガール、エルフィックスと紙面上で連載してきた香霖堂が、第十六話からWeb上で読める様になっています。 内容は特に変化はありませんし、毎回一話完結のお話ですので、誰でもどこからでも読むことが可能です。

 今回の「月と河童」も、いつもハイスピードの霖之助がさらに加速するお話です。きっと。東方でしか見ることの出来ない幻想思考ゲームをお楽しみください。

博丽幻想书谱附图32.jpg

陰陽玉増殖中

阴阳玉增加中

2006年02月15日

いぬふくふく

悪魔の犬は縁起物で福を得ました。となると私も縁起物で福を得らねばなるまい。

戌年と言うことで、ふくふくした犬福達(会社で撮影)
博丽幻想书谱附图33.jpg
……ん?
……嗯?
博丽幻想书谱附图34.jpg
お前は誰だ?
博丽幻想书谱附图35.jpg
なーんだ犬福か。


 と言うわけで、コミケのオンライン申込みの人柱になってみました。ああ、なんて楽なんだろう。平日昼間は会社なので、郵便局に行く事なんてかなり難しいからねぇ。
 あと、住所を何回も書かなくて良いのも楽。申込み内容も確認できるので投函後の言いしれぬ不安も無い。後はシステムの不具合が出て、気楽な夏を過ごすことを祈るだけです。

 ちなみに、金曜夜から月曜まで仕事仲間でスキー合宿をしてました。あいにくスキーは得意だったので残念ながら転びませんでしたが、満身創痍。筋肉痛で。

2006年02月16日

 

てんぶらやネギ

ただし、ビールの上にてんぶ
らやネギ、のりなどはのせないで下さい。

 

博丽幻想书谱附图36.jpg

そばビール。
どこかの地ビールかと思いきや、アメリカのビール。
その証拠に、

博丽幻想书谱附图37.jpg

日本語が怪しい……。
特に改行位置が変だ。
味は、想像外の味でした。濃すぎず薄すぎず、美味しいかも。
瓶がラベルでは無く直截印刷ビンなところが、マニアには溜まりません。

 東方文花帖の発売日が決まりました。足並みをそろえないと不公平になると言うことで、全店舗で2/24に発売する事になりました。こっそりと手にとって下さいまし。

 

2006年02月29日

ネットとTVと耳学問

网络和TV和耳闻之学

 香霖堂の連載を始めてから、既に二年ほど経つ。確か最初の話では半年(六話)の約束だった様な気がするが、気が付くと既に十八話目。
 そんな先日、次の香霖堂の打ち合わせの場での話。かねてから思う疑問をぶつけてみる。

 私「いやぁ、ライトノベルでもないしミステリでもないし、霖之助のとんでもだけが強調されてキャラクタ物としてあり得ない内容でしょう。これ(香霖堂)ってほんと、どんな人に向けた内容なんでしょうね(笑)」

 ピュアガールの時代で、もの凄く浮いている事が判っていたはず……。

 担当の人「それは勿論。私が読みたいんですよ(笑)」

 ああ妙に納得。最初の半年が終わって延長したのも、ピュアガール自体が廃刊になっても別雑誌で連載できたのも、雑誌からWebになっても継続したのもそういう理由なら判る。
 私も香霖堂を書いているときが非常に楽しい。霖之助が見ている世界は私の想像と少しずれていて刺激になる。問題は、どこに連載しても場に合ってなく、ビブロスさんに貢献できていると言えないところですが……


 さてさて、私にとってネットが、情報を探す場所から、誰かが纏めてくれた情報を見る場所になってからかなり経つ。ニュースはもちろんのこと、面白いネタも自分で探すまでもなく見つかるし、誰かから教えて貰える。
 人気のあるサイトも、面白いネタやニュースを纏めた日記などに集中する。
 自分で探さなくなった理由は、情報が多すぎて探しようがないのと、生の情報は読みにくくて勘違いしやすいと言うこと、纏める方のスキルとスピードが高くなったと言うこと、新しくない情報はGoogleだけあれば事足りると言うこと、などがあげられる。

 実は、自分で能動的にネットを見なくなった時点で、TVを眺めているのと変わらなくなっている事に気付く。マスコミは自分の価値観で情報を纏めて提供してくれる。それが一つ一つの規模が小さくなって、企業や個人が情報を纏めて翻訳してくれる様になっただけだ。人間ってつくづく横着だなと思う。

 それより何より、能動的ではないネットは退屈だ。TVでは情報が恣意的に歪められる、と言うのがネットではよく言われるテーマの一つだが、誰かが纏めたネットの情報も全く同じ事。むしろ元が個人であればあるほど(そんなつもりは無くても)偏りやすい。偏れば無益な諍いも起こるし、真実が歪められやすい。何より、それを受けるだけでは退屈だ。

 私は、ネットで目的もなく情報を見るときは、何か一つ信念を持って読む事をおすすめする。まず自分のイメージを持たせる事が効果的で、それには日記が一番だ。日記は些細な変化も見逃さず、それを増幅する真空管アンプの様な物(幻想郷の誰かが言ってたような……)なのだ。

 ただ耳に聴いているだけで判った気になるのが耳学問。TVでもネットでも、情報元が変わっただけでは耳学問は変わらない。そこから、自分フィルタを通して情報を考察、変換して吸収する、それとほんの少しのお酒が毎日を楽しくする。それで面白いネットをもっと面白くするであろう。


 そうそう、最後にもう一つ。文花帖の発売と同時に、旧作の再販もいくつか行われると思います。全種類あると思いますので、もし持っていない物があったら今の内に是非是非。

2006年03月01日

ゲームは海を越えすぎ

 金曜から日曜まで家に帰らず呑んだり色々してましたが。まぁそれでも最近好調です。特に運気。第六の要素である運さえ十分ならば、どんな事でも上手くいくもんなんですよ。幸せ。

 さて、ちょっと前に、ゲーム雑誌「Player1」でインタビューの取材を受けました。
 プレイヤー1? 聴いたこと無いなぁと思うかも知れませんが、それはそうです。これはスウェーデンのゲーム雑誌。

 頂いた雑誌を見ても、英語ですらないので何がなにやらさっぱり読めません。

 でも、HORIの森川さんがペリボーグをフル装備でポーズを取っている写真が一ページ丸々あって、面白い雑誌だと確信した。

 他は世界中で有名な某監督とかプロデューサー面々……って、同人味どころかPCゲーの一切無い雑誌ですが、なんで私のインタビュー?

 まあいいやと思いつつ。手に入れられる方は是非読んでみてください。日本に売ってないと思うし、読むにはかなりの教養(スウェーデン語?)が必要ですが。

 そこで一番面白かったインタビュー。
記者「海外では同人ゲームはHENTAIゲームと認識されてますが、
   その事について何かお聞かせ下さい」
 私「いや日本でもそうです」

2006年03月04日

 

ハッピーをビールで表現してみる

 私の大好きなビールのうちの一つ。それがベルナルデュスのハッピーおじさん。

 

博丽幻想书谱附图38.jpg

 ほらこんなにハッピーに。
 いやぁ、割とレアなこのビールもついに5種類も揃ってしまいましたよ。
 個人的には緑のおじさん(トリペル)が丁度良い位の味です。また飲みたいけど探さないと……(むしろお店のマスターが探してくれるに違いない)

 さて、日々楽しく生活する方法を模索していますがそれにはまず、物の見方から変えていかなければいけない。
 毎日、アレは駄目だコレは最悪だ、何か良い物はないか、と言ってばかりでは日々是好日にはほど遠いですな。良い物は探す物ではなく、自分が良い物だと認識する事で良い物になる訳です。世の中は良い物(事)ばかりですよ?

 でもLite欲しいなぁ。出来れば赤と白のLite(そんなの無い)

 

2006年03月12日

東方ライブ2006

 先日、東方ライブが行われていました。いやほんと。

 と言うか、こっそり見に行ってました。いやぁ、酒が飲めるイベントって良いね。コミケだって酒が飲めればもっと行く意欲が湧くってもんですが(例大祭は酒、駄目ですかね。もしくは例大祭終了後に酒有りの例大祭を別の場所で……)

 ライブですが、意外とパッと聞いただけでは何の曲だか判らなかったり(周りの人に聞いたり)してましたが、その場の圧倒的な熱気に押されるばかり。その所為で一曲終わる度にビールを一本飲んでいた気が(その所為ではない)

 しかも最後にはステージに引っ張り上げられてしまったので、適当に挨拶。最後の美味しいところだけ私が持って行ってしまった感じで、少々心苦しかったですが、本音を言わせて頂くと「もっと私に喋らせろ」と言った感じなので何とも。あの後、降りてきた幕の外に出て朝まで喋っていても良かったんだけどね。って、私は今回ただのお客だっつーの。

 ま、どのアーティストのどの曲が良かったとか余り言わないようにしよう。私は評論家では無いからね。どれも良かったとか月並みなことも言いませんが:-)
 私が確実に言えることは、感謝の言葉だけです。あと、東方で酒が飲めるイベントを用意して頂いた裏方の皆さん(肩書き間違っています?)、それと盛り上がりすぎだろと言うくらい盛り上がっていた観客。みんな楽しい人生を送っている人ばかりで最高です、乾杯。ライブはコミケよりも観客とステージ上が近くて楽しいですね。

 次回は是非私が演奏する側で……:-)

2006年03月20日

 

十王に裁かれたい

 先日風邪をひいて喉をやられてしまったので、寺院巡りをしてました。

 

博丽幻想书谱附图39.jpg

 お寺に行って、香の物屋で食事して、十王に審判されて、お寺に行って、八幡さまに行って、隠れ家のような甘味処で休憩して戻ってきました。
 割と年寄りみたいな旅。いや、そんなもんですよ。旅と行っても近場ですが……。

 ちょうど、宇佐神宮遙拝式があると言うので見に行ったけど既に時間が遅かったのかそれっぽい物は見られず。
 気温も丁度良くて今の時期が最高ですね。寺院巡り。桜が咲いて混み出す前に是非。

 十王は、どれもかなりファニーな顔をしていましたが、撮影不可だったのでクリアできず。

 ま、息抜きにこういう旅をしたい物だ。でも、寺院を巡りながら頭の中でメロディに変換されるのは、息抜きになっているのかいないのか(一人旅じゃないのに……)
 うん、メロディも含めて色々なアイデアは、考えて出てくるような物でも、突然天啓をひらめく物でもなくて、そこにある物を吸収して変換と解釈をする物なんだなぁ。つまり知識と経験を通じて、見た物から自然と湧いて出てくるのが本当のアイデア。理論的な考えや運良く閃くのを待つよりも、自分の感覚と幅広い知識を磨かないと。考え過ぎちゃいかんぜよ。

 

2006年03月27日

プロに対するアンチテーゼとしての同人

 うっかり神主Zippoを作った(プロフィール写真)
 でも私は煙草を吸わないので、これはもっぱらお香専用。坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、じゃないけど煙草が健康に悪いからってライターまで嫌う必要ないという、自分に対しての戒めに。お香は良い。

 つい最近、飲みの席で上司とちょいと私の考えを主張した事があった。
 そこでは同人作家には、全てとは言わないけどプロに対するアンチテーゼを持っている人が居る、と言ってみたが本当にそうなのか?
 面白いゲームを作り、どうすれば人に面白いと感じて貰えるかを考えるのがプロである。面白いと感じるから売り上げだって伸びる。自分の名声だって上がる。だとすると同人だって同じ考えの人が多いじゃないかと思う。

 最近の同人は技術面も考え方も、プロに準ずるか既にプロの作家も多い。同人どころかフリーソフトだとしても、面白いと感じて貰いたい(それによって自分の名声も上げたい)と思うから公開するので同じである。

 プロに対するアンチテーゼとは何か、私が考えるに、自分の(同じ嗜好の仲間の)為だけにゲームを創り、自分の(同じ嗜好の仲間の)為だけに公開し、自由に創る事(それこそ他所の著作物を拝借してでも)、ではないか。同人ではそれが出来る。

 そう見えないかも知れないけど、私にはその精神がある。そろそろ、東方はプロではないぞ、という面を見せていこうかと思ったり思わなかったり。

 そんな自己中丸出しの作品なんか創ってもみんなが喜ぶ訳でもないし、それでお金取ったら反感受けるだけじゃん、何でわざわざそんな事をする必要があるの? 
 その返答には、「体制に反対するのって格好良くない?」でしか無いのですが……:-)


 さてさて、そろそろ新社会人、新入生の季節ですねぇ。東方人でもこの春社会人になる人がいるかも知れませんが、最初の数ヶ月はゲームとか言ってらんなくなる位、疲れて何にも出来なくなる覚悟をした方が良いかもねー。
 でも大丈夫、半年でも経つと大分余裕が出て、一年で夜更かしが始まって、三年で仕事に疑問を感じて同人とか始めちゃったりして、五年も経つと休まない方が楽しくなって、十年も経つと躰を壊すから。

 それではプロとプロへのアンチテーゼを併せ持つ、夢の多重生活へ。

2006年04月06日

幻想の出版社

 むむ、ビブロスさんが倒産ですってー?
 いやはや、ビブロスさんにはのんびり小説の香霖堂を連載していて、大変お世話になって居たのですが。まさかそんなに経営状態が悪化しているとは(私の所為?)
 私も昨日聞いたばかりで寝耳に水状態です。香霖堂はどうなるのでしょう……。やはり香霖堂も店終いか。
 ま、元々開店休業な店ですし閉店しても変わらないか。客と言えばひやかしに来る客と堂々と持って行く泥棒しか居ないし。でも、何本か既に書いてある原稿があるのになぁ……。紙が勿体ない。


 って、心配ご無用。実は香霖堂は別の雑誌で何食わぬ顔で継続して開店する事になっています。それも近いうちに。
 今度は比較的安定した(失礼)出版社に移転する事になるのですが、詳しい話はまた後日決まり次第お知らせします。
 取りあえず、今はビブロスさんがどたばたし過ぎなので、もすこし落ち着いてからにしないと(落ち着け)

 そういえば香霖堂は良く続くなぁ。ピュアガールで連載開始して、同雑誌が休刊になって、エルフィックスで連載、エルナビで連載と来て、ついに出版社が変わるのかぁ……。雑誌が変わりすぎて全部読んでいる人なんて殆ど居ないでしょうに。いやほんと続くこと自体が奇跡の小説です(レア物)

 ――ああ、天狗の山に新しい会社が出来たみたいだ。外では幻想となった出版社が(霖之助)

2006年04月15日

 

次号から三月精が新章に

 現在、コンプエース(角川書店)で連載中の東方三月精ですが、作家の松倉さんの病状が思わしくないので、大事を取って次号から休養を取っていただくことになりました。

 連載当初から、余り体調が良くないという話でしたので、編集さんにお願いして無理矢理ページ数を減らしたりして何とか頑張って貰っていましが、松倉さん本人の判断と編集や私の判断により、急ですがしっかりと療養していただきたいと思います。


 で、次号(五月売り)から三月精は比良坂 真琴さんにお願いすることになりました。今まで、上海アリス通信で4コマを描いて貰っていた方ですね。

 そんな感じで、(内容以外は)少し変わって三月精も新章スタートとなります。次号からページ数も登場人物も増えて、また(内容以外は)新しい三月精が始まりますよ? お楽しみだ。

 

 行きつけのビールバーに3Lのシメイブルー特大ビンが入っていた。

 

博丽幻想书谱附图40.jpg

 ちょうどその日は、デリリウムトレメンスの生樽が限定入荷していたので、調子に乗って何杯か呑んでいて、もう既にこのシメイは呑めそうになかったのが残念。
 だから、今度はこれを呑みほしに行く約束をしてきました(死ぬよ)

 比良坂さんと、ちょっと打ち合わせ(in居酒屋)に行ってきましたが、かなり呑む人らしいので今後が楽しみ。

2006年04月30日

 

死のゴールデンウィーク

例大祭が五月末なので、丁度例大祭作業が全てこの連休に回ってきた。
マスターが控えているので何処にも出掛けないぞー(嘘)

こういうビールを呑んだ。

 

博丽幻想书谱附图41.jpg

カンティヨン・グース。
とんでもなく酸っぱいビール……って

博丽幻想书谱附图42.jpg

ビールのラベルに小便小僧は無いでしょう。
この辺がベルギー。日本では考えられない。

あ、そうそう例大祭に参加します。
新作を二つほど持っていく予定ですので、ゴールデンウィークは何処にも出掛けられないのです。

といいつつ、5/7のジャパン・ビア・フェスティバル2006はチケット購入済み。もし行く人があれば、会場で会いましょう。そりゃ一日中呑むさ。

I Love Beer!

 

< 内容1   博丽幻想书谱   内容3 >