游戏对话:东方深秘录/故事背景

来自THBWiki
跳转至: 导航搜索
本页是记录游戏对话的词条
编写游戏对话时推荐使用
翻译表系统之中的__DIALOGUE__类型
  • 本词条内容为官方游戏TH14.5东方深秘录的故事背景(刊登在官网上的版本)
  • 游戏内Manual中的背景故事请参见东方深秘录Manual词条。
  • 喵玉汉化组翻译中,请勿擅自修改

人間の里に奇妙な噂が広まっていた。

 「人間の顔を持った犬が堆肥を漁っていた」
「足を売っている老婆を見た人がいる」

それら他愛の無い噂は爆発的に広まり、子供達を恐怖に陥れた。
人間を襲う事を本分とする妖怪とは違う、不気味で正体の判らない噂だった。
実害が無いため、大人達は子供の戯言だと思うようになっていく。

もちろん、彼女達は恐怖しない。
これらは外の世界の”都市伝説 (つくりばなし) ”である事を知っていたからだ。

都市伝説には面白い特徴があった。
口伝えで変化していく噂に対応するように、怪異も変化していくというのだ。

霊夢達は自分に合った噂を身に付け、怪異をオモチャのように扱っていた。
畏れずに噂を操作すれば、顕われる怪異を無害に出来る。
いやそれどころか、自分の力にする事だって出来るのだ。
自分が都市伝説を操る、それが被害を出さないために必要だと考えていたのである。

それは確かにそうだった。あの夜までは。

人类村落里出现了奇妙的流言。

 「长着人脸的狗在翻肥料堆」
「有人看到老婆婆在卖人脚」

这种无聊的流言爆炸式地传开,让孩子们陷入了恐慌。
这些流言既真相难解又阴森恐怖,和以袭击人类为本分的妖怪完全不同。
因为没有出现实际受害者,渐渐地大人们只把它们看作是孩子们的玩笑话。

当然,她们也是不会害怕的。
因为她们知道这就是外面世界的“都市传说 (编出来的故事) ”。

都市传说有个很奇妙的特征。
就是随着口头流传的流言发生变化,怪异现象也会相应地变化。

灵梦她们披上和自身相符的流言,像玩具一样玩弄着这些怪异。
只要胆子大,敢于主动去操控流言,就能让显现出的怪异变得无害。
不仅如此,甚至可以将其化为自己的力量。
她们认为,由自己来操纵都市传说,是防止其他人受害必要的手段。

事实也的确如此,直到某一天的夜里。