• 欢迎来到THBWiki!如果您是第一次来到这里,请点击右上角注册一个帐户
  • 有任何意见、建议、求助、反馈都可以在 讨论板 提出
  • THBWiki以专业性和准确性为目标,如果你发现了任何确定的错误或疏漏,可在登录后直接进行改正

东方铃奈庵/第十话

来自THBWiki
跳转至: 导航搜索


< 第九话   东方铃奈庵   第十一话 >

  • 本词条内容为官方漫画东方铃奈庵的剧情对话文字版。
  • 观看在线漫画请点击这里

P1

谜之少女,现身!

P2-P3

妖异的传统演艺在博丽神社舞动!
東方鈴奈庵
~Forbidden Scrollery.
东方铃奈庵
~Forbidden Scrollery.
原作:ZUN 漫画:春河もえ
(だい) (じゅっ) ()  「 (あん) (こく) (てき) (でん) (とう) (げい) (のう) (ぜん) (へん) )」
第十话 「暗黑的传统演艺(前篇)」

P4

博丽神社
正举行着热闹的祭典,并上演着秦心演绎的能乐

P5

本居小铃
まあ…


面白かった……かな?

ほとんど意味がわからなかったけど
总之…


有点意思……吧?

虽然基本上没看明白跳的是什么
雾雨魔理沙
抽象的な踊りばっかりだったからな


あれは内容を楽しむもんじゃなくて

見た目の滑稽さを楽しむものだ
毕竟都是抽象的舞蹈


那个看的不是内容

而是以外表上的滑稽为乐
本居小铃
それにしても博霊神社で能楽だなんて
何だかですね
不过在博丽神社上演能乐
感觉有点
雾雨魔理沙
まあな
是啊
博丽灵梦
らしくないって何よ
什么叫不搭调啊
本居小铃
あ いや…
啊 不…

P6

雾雨魔理沙
神社でこういう文化的な行事を行うと思ってなかったってことだろ?
你的意思是从来没想过会在神社举办这样的文化活动吧?
博丽灵梦
そうなの?
是吗?
本居小铃
いや まあ…

ほら

最近神社とかお寺とかあちこちで激しいお祭り騒ぎでしたから……

里でも何度も戦ってましたよね?
呃 那个…

就是

最近诸如神社寺庙的地方到处都是激烈的祭典骚动……

在村子里也发生过好几次战斗吧?
雾雨魔理沙
ほら
宗教戦争は暴力的過ぎておとなしい人間は近寄れなかったみたいだぜ
你看
宗教战争过于暴力了 文静的人似乎根本不敢靠近
博丽灵梦
あら


※アレは他の邪魔な宗教を駆逐する儀式だったんだけどー
哎呀


※那个是为了驱逐其他碍事宗教的仪式——
※ゲーム「東方心綺楼」にて宗教家同士が人気を懸けて戦っていたこと。
※指在游戏《东方心绮楼》中宗教家之间赌上人气相互战斗之事。
雾雨魔理沙
神秘的?
神秘?
博丽灵梦
もうそれは決着したんです

今度はこういった催し物で人を集めようかなと

ちょうど能楽師が居たので
但那个已经结束了

现在就想用这样的活动来吸引一下人气
正好有位能乐师


P7

雾雨魔理沙
そうだな


いつもにように妖怪しかいない神社じゃあ

人間は誰も寄りつかないからな
是啊


如果是往常只有妖怪的神社

没一个人类会靠近的
本居小铃
まあ……もう少し舞いにわかりやすい解説があればいいんですけどね


チンプンカンプンでしたし
不过……要是有对舞蹈浅显易懂的解说就好了


真让人看得稀里糊涂
博丽灵梦
大丈夫


みんなチンプンカンプンだから
没关系


大家都是稀里糊涂
雾雨魔理沙
むしろお前の方が詳しいんじゃないのか?


あれだけ本に囲まれているんだし
反倒说你应该更了解一点吧?


毕竟身边有那么多书围着
本居小铃
……
……

P8

铃奈庵
本居小铃
はーい
いらっしゃーい
你好——
欢迎光临——
稗田阿求
はい
今月の返却分

这个月要还的书
本居小铃
あいよ
好嘞
稗田阿求
能楽…の本?
能乐…的书?
本居小铃

まあね

差不多
稗田阿求
そう言えば小鈴は神社の催し物に行ったのよね
能楽だっけ?どうだった?
说起来小铃你去看神社举办的活动了吧
是能乐吧?怎么样?
本居小铃
うーん

綺麗な舞だったけど……

正直言うと よくわからなかったわ

ストーリーとか楽しむところとか
嗯—

虽然舞蹈很优美……

但说实话 没太看懂

剧情以及该欣赏的地方之类的

P9

稗田阿求
なるほどねー


それで調べているってわけね
原来如此啊


所以才会调查吧
本居小铃
そうなんだけどねぇ
是啊…
稗田阿求
そんなの主催に聞けば良かったんじゃない?
那种事去问主办方不就好了吗?
本居小铃
それが誰も理解してないらしくて…

能楽って何?ってレベルで

あんたが一緒だったらもう少し理解できたかも
主要是似乎没有一个人能够理解…

都是「能乐是什么?」的水平

如果你也一起去或许还能理解一些
稗田阿求
この炎天下神社まで行くのはちょっと…
私はそんなに丈夫じゃないもの
在这大热天去神社有点…
我身体可没那么好
本居小铃
そうよねぇ


あそこ遠いし

道中危ないからねぇ
也是啊


那里那么远

路上还危险
稗田阿求
……
……

P10

稗田阿求
…という感じで昔は猿楽と呼ばれていた芸能が今は能と呼ばれているの
今でこそ伝統芸能のようになっているけど それは 観阿弥 世阿弥の影響が強いわね
…就是这样,过去被称作猿乐的演艺如今被称为能
现在能够成为一种传统演艺很大程度上是受到了观阿弥 世阿弥的影响1
本居小铃
かんあみぜあみ?仏像の名前かしら
观阿弥世阿弥?是佛像的名字吗
稗田阿求
700年程前の人間よ

まあ 阿弥陀如来から来ている名前であるということは 間違っていないけど

彼らが猿楽という庶民が楽しんでいたものを

現在の能楽に近いレベルまで高めたと言われているわ
是大约700年前的人类

不过他们的名字确实是取自阿弥陀如来

据说是他们将猿乐这种庶民的喜好

提升到了如今能乐一般的水平
本居小铃
迷惑なことしたものね
真是给别人添麻烦
稗田阿求
でもね 庶民レベルの文化のままだと後世まで残らないの
だから今でも残っているというのはこの二人のお陰と言っても過言ではないわ
不过啊 如果只是庶民级别的文化是无法流传后世的
所以至今还能存于世间 说是这两个人的功劳也毫不为过
本居小铃
ふーん
是吗

P11

稗田阿求
で ここまでは教科書レベルの歴史だけど

それ以前の猿楽となるとおおよそ文献に残っていない

だから人間でないと正確なことは言えないわ
那么 至此为止都是教科书级别的历史

在那以前的猿乐基本上没有文献记载

所以若非人类是无法准确述说的
本居小铃
見てきた人って…
そこまで長生きだとすると妖怪とか?
见证过的人…
能够活那么久的 也就是妖怪之类的?
稗田阿求
何言ってるのよ


私がいるでしょ?

私は全ての時代を見てきて覚えているわ
你在说什么啊


不是有我在吗?

我见证过并记忆着所有的时代
本居小铃

そうだったわね

あんたは前世の記憶ももっているんだったね

眉唾だけど……

对啊

你还有前世的记忆来着

虽然不知真假……

P12

不知多久过后
本居小铃
いやぁ

阿求の話は長かったなぁ

やっぱり一緒に神社に行かなくて良かったわ

それに 結局能楽の楽しみ方は理解できなかったしね

結論も猿楽の元は散楽で
基本は大道芸みたいなもんだから

見て楽しめれば良いってなげっぱな


っっ痛~~~

……あら

散楽……図?
哎呀

阿求的讲授真是长啊

幸好没有一起去神社

而且 到头来也没能搞懂该怎么欣赏能乐

结论也就是猿乐源自于散乐
基本上和街头卖艺没什么区别

还说看着觉得有意思就行 真是随
便

好痛~~~

……咦

散乐……图?

P13

本居小铃
確か

趣味の悪い巻物だったけど……

題名に散楽って入っていたのね

覚えてないわー
我记得

这是个风格诡异的卷轴……

原来标题里还有散乐两个字啊

没印象啊—
本居小铃的家人
小鈴ー?
小铃——?
本居小铃
はーい
もうすぐ終わるからー
好—
马上就好—

P14

博丽神社,能乐舞台前
本居小铃
どうしよう…


大変な事実を見つけてしまった

この能楽には重大な秘密がある
怎么办…


我发现了不得了的事实

这出能乐有着重大的秘密

P15

不久前,本居小铃匆忙来到稗田邸
稗田阿求
どうしたの慌てて
怎么了这么慌张
本居小铃
大変

大変よ

ちょっとこれを見て
不好

不好了!

你看看这个
稗田阿求
何?
山怪散楽図……?
什么?
山怪散乐图……?

P16

稗田阿求
妖魔本ね


それも妖怪が未知の文字で書いたもの…
这是妖魔书啊


而且是妖怪以未知的文字撰写的…
本居小铃
序文は後で説明するわ
序文我之后再说明
稗田阿求


これは……地獄絵図?


这个是……地狱绘图?
本居小铃
どうやら序文によると
能楽になぞらえて妖怪が遊びで描いたものだそうで
从序文来看
是妖怪们依照能乐画着玩的
稗田阿求
まあ その序文の通り
妖怪の戯書 (※ぎしょ) じゃないかな?
就如序文所说
是妖怪的※戏书吧?
※ふざけて描いたもののこと。
※指开玩笑画出的作品。
本居小铃
でもねぇここ見てよ
可是啊 你看看这里

P17

本居小铃
これ!


神社で見た能楽そっくりだわ!
这!


和在神社看到的能乐一模一样!
稗田阿求
え なんだって?


で ここにはなんて書いてあるの?
咦 你说什么?


那 这里写了什么?
本居小铃
それはね
那里写着

P18

本居小铃
感情を奪う妖怪の能楽ーー


「仮面喪心舞

暗黒能楽!」
夺取感情的妖怪能乐——


「假面丧心舞

暗黑能乐!」

注释

  1. 观阿弥(1333~1384),日本南北朝时代著名能乐家,能乐观世流之祖,世阿弥之父。世阿弥(1363?~1443?),室町时代著名能乐家,主著能乐艺术论《风姿花传》。
< 第九话   东方铃奈庵   第十一话 >