东方铃奈庵/单行本第六卷后记

来自THBWiki
跳转至: 导航搜索
  • 该内容仅出现在单行本第六卷中


ZUN
ZUN
どうも、ZUNです。様々な種族が出てきて、幻想郷における人間の里の立ち位置がハッキリしてきています。


何の為に幻想郷に人間の里が有るのかというと、妖怪達の存続の為に用意された偽楽園だということが判かるようです。その中でも鈴奈庵のような情報が集約している所は、狙われやすい様ですね。

「これも全て妖怪の仕業なのか」の回では、阿求の作家としての面が出てきています。幻想郷では本は貴重かも知れないですが、娯楽が溢れかえる外の世界よりも、お金と時間に余裕があれば本を読むという文化が出来ているのかも知れないですね。里の人間は勤勉?

いやいや活字は娯楽の一つなのでしょう。

それではまた七巻、コンプエースで会いましょう。
大家好,我是ZUN。随着各种各样的种族出现,幻想乡里人类的立场也越来越明显了。


从这个作品里可以看出,幻想乡中人类村落之所以存在,是因为幻想乡是为妖怪们的生存而准备的伪乐园。其中尤其像铃奈庵这种情报集中的场所,更容易被各种势力盯上。

在「这也全都是妖怪干的吗」一话中,阿求作为作家的一面展露了出来。尽管在幻想乡书籍可能是贵重的,但由于并非如外界一般充满娱乐,幻想乡中说不定形成了有钱有时间就会读书的文化。说不定村子里的人都很勤勉?

不不,出版物应该只是娱乐之一吧。

总之就在第七卷,或是CompAce上再会吧。
春河もえ
春河萌
こんにちは。作画の春河です。


今回の6巻特装版の付錄はミニ画集との事で、
初期から現在までの雑誌描きおろしや
特典イラストなどを収錄させて頂きました。

楽しんで頂ければいです。

毎月、お忙しい中プロットを書いてくださるZUNさん、
担当さん、
この本を読んでくださった皆様、

本当にありがとうございます。
大家好。我是负责作画的春河。


这次第6卷特装版的附录是一个迷你画集,
收录了从初期到现在的
各种杂志上的新画和特典插画。

希望大家能够感到高兴。

每个月在百忙之中写好剧本的ZUN先生、
责任编辑先生、
阅读本书的各位,
真的是非常感谢。