东方铃奈庵/第三十话

来自THBWiki
跳转至: 导航搜索


< 第二十九话   东方铃奈庵   第三十一话 >

  • 本词条内容为官方漫画东方铃奈庵的剧情对话文字版。
  • 观看在线漫画请点击这里

P1-P2

打破平静的脚步声是?
東方鈴奈庵
~ Forbidden Scrollery
东方铃奈庵
~ Forbidden Scrollery
原作:ZUN 漫画:春河もえ
第30话 「牛之首在何方 前篇」

P3

铃奈庵
本居小铃
はい 今回はここまで


続きはまた今度ねー
好,这次就到这里


预知后事如何,且听下回分解—
原本只是——普普通通地讲故事而已

P4

本居小铃
どうしたの?
怎么了?
人类小孩
友達から聞いた話なんだけどー
我从朋友那里听说—
本居小铃
うーん 聞いたことないわねぇ

そんな『聞いただけで死ぬ話』なんて

安心して良いわ
唔,没听说过

那种『听了就会死的故事』

你们放心吧

P5

本居小铃
お姉さんは色んな話を知っているけど

聞いたこともないし話にはそんな直接的な影響を及ぼす力はないからね

大体聞いた人が死ぬんじゃあその話を知っている人は誰もいないってことになるじゃない
姐姐虽然知道很多故事,但是我从没听说过那种故事

而且,故事是没有会产生那种直接影响的能力的

基本上,如果听了故事的人都死了,那么不就等于没人知道那个故事是什么了吗
人类小孩离开铃奈庵
本居小铃
うーん

変な噂が広之っているわねぇ

『聞いただけで死ぬ話』だなんて…

有种奇怪的流言在传播啊

『听了就会死的故事』…

P6

魔理沙登场
本居小铃
いらっしゃーい
まーせー
欢迎—
光—临—
雾雨魔理沙
おう どうしたんだ?


大分 お疲れの様子だな
哦,怎么了?


你看起来好累啊
本居小铃
ちょっと気になる話を聞いちやってねぇ
听了一个比较在意的故事
雾雨魔理沙
気になる話だと?
それは私も気になるな
比较在意的故事?
我也好在意啊
本居小铃
実は……
是这样……

P7

雾雨魔理沙
『牛の首』……


その牛の首って話を聞くと恐ろしすぎて命を落とすって言うのか?

そんな馬鹿な
『牛之首』……


你是说听了牛之首这个故事的人都被吓死了?

怎么可能
本居小铃
まあ ただのストーリーにそんな力はないとは思うんだけど

あったら広場で演説しただけで大量虐殺だし

死とは別に何か嫌な予感というか……
是啊,我觉得单单一个故事是没有这种力量的

要有的话在广场上演讲一下不就成大屠杀了

倒不是说会死,有种别的不详的预感……
雾雨魔理沙
まあ 待てよ

お前は死んでないじゃないか

ガセにも程があるぜ
不,你等下

你不是没死吗

这也太扯淡了
本居小铃
私は『牛の首』って題名だけ聞いて 内容に関しては聞いてないもの
我只是听了『牛之首』这个标题,也没听说内容是什么

P8

本居小铃
当然 それを噂してた子供達も題名だけで内容は誰も知らないって


それもそのはず

聞いた人はみんなこの世にいないってことになるし
当然,传播这个流言的孩子们也只知道标题,没人知道内容


那也是当然

听说了内容的人,理应都不在人世了
雾雨魔理沙
……なる程

確かに奇妙な噂だなぁ

誰かが意図的にしたとしても目的が判らないな
……原来如此

确实是奇妙的流言啊

就算是有人故意传播的,也不知道目的啊
本居小铃
……
……
博丽神社
博丽灵梦
はー?
哈—?

P9

博丽灵梦
牛の首って話?


聞いたことないわねぇ
叫牛之首的故事?


没听说过啊
雾雨魔理沙
内容を聞くと恐ろしくて死ぬらしいぜ
据说听了内容就会被吓死
博丽灵梦
じゃあ聞かない
那我不听了
雾雨魔理沙
おい 少しは興味を持てよ


こう話しておいて何だが 私も内容は知らん

知ってたら死んでないと嘘になるからな
喂,你倒是有点兴趣啊


虽然这么跟你说,但我也不知道内容

要是知道还没死,那不就成谎言了

P10

博丽灵梦
じゃあ生きている人は誰も内容を知らないってことになるわね
那样的话,活着的人就都不知道内容是什么了
雾雨魔理沙
まあ そうなんだが
啊,是啊
博丽灵梦
この幻想郷には生きていない人もいる


死なない奴もいる

牛の首だっけ?

その話が実在するとしたら 有効利用できる奴もいるってことね
这个幻想乡里,有没活着的人


也有死不了的人

叫牛之首?

要是那个故事真的存在,倒是也有可以有效利用它的家伙

P11

雾雨魔理沙
そうだな


更に言うと噂が広まれば他の都市伝説みたいに この話だって具現化してしまうだろ?
是啊


流言更进一步传播开来的话,就像别的都市传说一样,这个故事也会被具现化吧?
博丽灵梦
その話は何処から?
你从哪听来的这个事情?
雾雨魔理沙
小鈴からだが 彼奴も子供達から聞いたそうだぜ
小铃那里,但她也是从小孩子那里听来的
博丽灵梦
まずいわね…


既に広範囲に広よっていると思って良いわね
不妙啊…


可以认为已经在大范围传播了

P12

聞いたら恐ろしくて死ぬという『牛の首』の噂は子供達を中心に瞬く間に広まっていた

殆どの人間は戯言だと思っていたようだが 子供達は真剣に怖がっているようだ

戯言だと思っても心の奥底に「もしかしたら……」という疑念を抱いている者も多かった
据说听了就会吓死的名为『牛之首』的流言,早已以小孩子为中心眨眼间流传开来

虽然大多数人都觉得这是无稽之谈,但孩子们似乎真的很害怕

也有不少人即使觉得是无稽之谈,也在心底里有着「万一……」的疑念

P13

雾雨魔理沙
殆どの奴が知っているみたいだぜ
どうやら噂がちょっと変化して広まっているようだ
好像大多数人都已经知道了
而且看起来流言在传播过程中还发生了点变化
博丽灵梦
変化?
变化?
雾雨魔理沙
聞いたら死ぬってのは同じなんだが

『この噂を知らない人三人以上に広めれば死なない』って設定が追加されていた

巧妙だぜー

自分が助かる為には他人に擦りつけることなんて 苦でもないからな
听了就会死这点是一样的

但是追加了『把这个流言传给三个以上不认识的人就不会死』的设定

真巧妙啊—

为了让自己得救而转嫁给别人,这种事情也并不会痛苦
博丽灵梦
その追加された噂が意図的だとすると これは事件ね
如果有人有意追加了这个流言,那这就是案件了

P14

博丽灵梦
牛の首の話で死に誘うことが目的ではなく


何故か噂を広めることが目的ってことになるけど…

でも このままでは
牛の首が都市伝説として具現化する!

……というか

牛の首の話自体は内容不明のなのよねぇ
用牛之首的故事诱人死亡不是目的


不知为何,推广流言才是目的…

不过,这样下去
牛之首就会作为都市传说具现化了!

……但是

牛之首的故事本身还是不知道内容啊
雾雨魔理沙
そうなんだよ
对啊

P15

雾雨魔理沙
噂が実現しても 牛の首の内容が判らんと誰も死なないし
実被害はないということになるんだが
就算流言实现了,要是不知道牛之首的故事讲的是什么
就不会有人死,也就不会有什么真正的危害了
博丽灵梦
やっぱり詳しく調べるには内容を知っている奴を探すしかないのか
想要详细调查的话,果然还是得找知道内容的家伙
村民
ギャー




出たー!


今そこに……
啊—




出现了—!


刚才在那……

P16

灵梦与魔理沙望去,并没有发现什么
村民
確かにいたんだ

明らかに人間じゃない奴が

あれは…
确实出现了

明显不是人的家伙

那是…

P17

村民
頭が牛の……
脑袋是牛的……
其他村民们议论纷纷
博丽灵梦
この先は行き止よりよ


そんな大きなものが隠れられる場所もないわ

酔っ払って幻覚でも見たんじゃないの?
这前面是死路


根本没有那么大的东西藏身的地方

你是不是喝多了看到幻觉了?
村民

あれ?

酒は呑んでいるが……確かに見たんだ

うつむいている人間が居たんで声をかけたんだが

振り向いたら……

咦?

虽然喝了酒……但我确实看到了

有个人低着头,我就去跟他打招呼

然后他就回过头来……

P18

村民
首から上だけ牛だったんだ


本当だ 誰かが牛の生首を被っているようだったぜ
他从脖子往上都是牛


是真的,就像是戴着牛头一样
本居小铃
何があったんですか?
出了什么事?
雾雨魔理沙
頭だけ牛の怪物が出たそうだ
据说出现了只有脑袋是牛的怪物
本居小铃
う 牛の!?
それってもしかして今話題の……
牛,牛!?
难道说那是现在流行的……
雾雨魔理沙
いや まだ判らん
今ならまだあの人が酔っ払って幻覚を見たことになるかも知れない
不,还不知道
也有可能是那个人喝醉了出现的幻觉也说不定
本居小铃
なるかも知れない?
可能?说不定?

P19

雾雨魔理沙
噂は初動が大切なんだ


霊夢が上手くやってれると良いんだが
流言的第一印象是最重要的


希望灵梦别搞砸了
本居小铃
そういえば牛の首に関係するかも知れない話を幾つか見つけました
说起来,我发现了好几个可能和牛之首有关的故事
雾雨魔理沙
ほう
是吗
本居小铃
見に来て貰え車すか?
能来看下吗?
魔理沙和小铃离开人群

无法知其本源的传言继续着。

下期待续

注释


< 第二十九话   东方铃奈庵   第三十一话 >