东方铃奈庵/第八话

来自THBWiki
跳转至: 导航搜索


< 第七话   东方铃奈庵   第九话 >

  • 本词条内容为官方漫画东方铃奈庵的剧情对话文字版。
  • 观看在线漫画请点击这里

P1-P2

郁郁小花道中开
東方鈴奈庵
~Forbidden Scrollery.
东方铃奈庵
~Forbidden Scrollery.
原作:ZUN 漫画:春河もえ
(だい) (はっ) ()  「お稲荷 (いなり) さんの () (きん) (ぜん) (へん) )」
第八话 「稻荷大人的头巾(前篇)」

P3

人群聚集议论着什么东西
本居小铃凑上前去

P4

本居小铃
なんの騒ぎ?
出什么乱子了?
稗田阿求

小鈴

どうやらお稲荷さんの頭巾が行方不明になったそうで

小铃

似乎是稻荷大人的头巾不见了
本居小铃
頭巾?


そんなのしてたっけ?

お稲荷さん
头巾?


有戴着那种东西吗?

稻荷大人

P5

本居小铃
うーん


前の同の像をあんまり覚えてないけど…

頭巾ってそんなに重要なの?
嗯~


我不太记得之前的神像是什么样子了…

但是头巾有那么重要吗?
稗田阿求



まあ…

ただの古汚い布なんですが…



那个啊…

只是普通的又旧又脏的布而已…
本居小铃



稗田阿求带上本居小铃立即离开了现场


铃奈庵
本居小铃
ちょっと説明して?
稍微说明一下吧?

P6

本居小铃
あんたのあの感じ


ただの布なんかじゃないでしょ?
从你的反应来看


应该不只是单纯的布吧?
稗田阿求
あの場では普通の布って言うしかなかったの


人も多くて騒ぎになるのも面倒だから
在那种场合只能说是普通的布啊


人那么多变成骚动就就麻烦了
本居小铃
そんな大切な物だったのかしら
是那么重要的东西吗
稗田阿求
聞耳頭巾って知ってる?
你知道听耳头巾吗?

P7

本居小铃
うん


えーっと…

なんだっけ?


那个…

是什么来着?
稗田阿求
被ると動物や植物の声が聞こえるようになるというお稲荷さんの頭巾


それで 動物のお願いを叶えてお金持ちになるお伽噺よ
据说戴上之后就能听到动物和植物的声音的稻荷大人的头巾


通过这种东西实现动物们的种种愿望最后变成有钱人的一个童话故事
本居小铃
あー


聞いたことがあるわ

確か 庄屋の娘の病気を治して報酬をもらうんだっけ

って 消えた頭巾ってもしかしてその頭巾なの?
啊~


我听说过

我记得是治好了庄头女儿的病获得了报酬

等等消失的头巾难道说就是那个头巾?
注:庄头:古代负责管理村长的小吏,类似村长

P8

稗田阿求

どうかはわからないけど…

昔は本物だったのよ

私の前代の記憶だけど
只是

是不是那个我不清楚……

过去曾经是真的

虽然是我先代的记忆
※阿求は前世の記憶も受け継ぐ。現在九代目。
※阿求能继承前世的记忆。现在是第九代。
稗田阿求
でも

そんな貴重品を外に置いておくことは良くないと思って

私の家で保管することにしたんだけど
不过

那种贵重物品放在外面感觉不太好

所以就决定放在我家保管
本居小铃
確かに扉もない祠だったしねぇ
那个祠堂确实连门都没有呢
稗田阿求
それでお稲荷さんには代わりに
普通の頭巾を被せたの
所以作为代替
就给稻荷大人戴上了普通的头巾
本居小铃
ふーん
じゃあ今回なくなったのは普通の頭巾ってことね
是吗
那么这次丢失的就是普通的头巾喽

P9

本居小铃
また新しい頭巾を被せればいいでしょ
どうせ 風で飛ばされたんじゃないかな
再戴上一个新的头巾就好了吧
反正原本的可能是被风吹跑了吧
稗田阿求
それがね


家の蔵にしまっていた聞耳頭巾を調べたんだけど…

完全に魔力のない普通の布だったのよ

つまり

時間とともに魔力が抜けてマジックアイテムではなくなってたの
那个啊


我调查了一下收在家中仓库里的听耳头巾…

发现是一块完全没有魔力的普通的布

也就是说

随着时间流逝魔力消失已经不是魔法道具了
本居小铃
あら
もったいないことしたね
哎呀
还真是可惜
稗田阿求
それで私は気づいたわ


お稲荷さんが聞耳頭巾を被っていたんじゃなく

お稲荷さんの被っている頭巾が徐々に魔力を得て

聞耳頭巾になるのかもしれないって
然后我发现了


可能并不是稻荷大人戴着听耳头巾

而是稻荷大人戴着的头巾逐渐获得了魔力

成为了听耳头巾

P10

本居小铃

うーん

嗯~
稗田阿求
そう思って慌てて見に来たんだけど


すでに頭巾はなくなっていて確かめようがなく……
想到那一点后我马上跑过来看


可是头巾已经不见了无法确认……
本居小铃
確かめたかっただけ?


もしあんたの推測が正しければ
誰かがその魔法の頭巾を持っているってことしゃない

そりゃ大変だわ
只是想确认吗?


如果你的推测是正确的
说不定某个人正拿着那个魔法的头巾呢

那可不得了
稗田阿求
大変かしら?

え?
あの頭巾正直使えないわよ

動物や植物の言葉なんてただの雑音でしかないわ
それで金持ちになるなんてお伽噺でもあるまいし

だって想像してみてよ
不得了吗?

咦?
那个头巾说实话没法用啊

动物和植物的语言只是杂音而已
又不是童话怎么可能凭着那些变成富翁

不信你想象一下

P11

本居小铃
その辺の草木が考えていることとか


あー…

わかりたくないわねー
如果能知道身边一草一木所想的事情


啊……

确实不想知道呢~
森林中

P12

雾雨魔理沙
チッ

雨が降ってきたな

急いで帰るか

せっかく生け捕りしたコイツが弱っちまう

下起雨来了

赶紧回去吧

否则好不容易活捉的这家伙会虚弱的

P13

雾雨魔理沙回到家中
扔下了一个正在蠕动的包裹

P14

雾雨魔理沙
貴重な白い蛇だ


これにはいろんな使い道がある

なんだ
そんなに怯えなくてもいい

お前は貴重な魔力を生んでくれるレア種だ

魔法使いにとっては金の卵を産む鳥みたいなもんだぜ
珍贵的白蛇


这个的用处很多

什么啊
不用那么害怕

你是能够生产宝贵的魔力的稀有品种

对于魔法使来说就像是会生金蛋的鸡

P15

雾雨魔理沙
殺しはせんよ


なんだ?

何か言いたいのか?
我不会杀你的


什么?

你想说什么吗?
白蛇叼起了头巾
雾雨魔理沙
……


なんだ?この蛇は…

怯えているように見えるが逃げだそうとしないな

これを頭に…?
……


怎么回事?这蛇…

看起来很害怕却不逃跑

把这个戴在头上…?

P16

魔理沙戴上头巾
雾雨魔理沙


何か聞こえるな…

え?
…なんだと?…

霊夢が!?


能听到什么东西…

咦?
…你说什么?

灵梦她!?

P17

博丽神社
博丽灵梦
夏風邪だなんて…


昨日雨のなか仕事したのが悪かったかな

これから忙しくなりそうなのに
夏天居然会感冒…


果然我昨天不应该在雨里干活啊

明明接下来会越来越忙

P18

博丽灵梦
こういう時に限って 誰も来ないんだから…
每到这种时候就没有人过来了…
有人蹑手蹑脚地靠近着博丽神社
博丽灵梦

くせ者!

歹人!
灵梦将御币投掷了出去
雾雨魔理沙
痛!
痛!

P19

博丽灵梦
休業だからって留守じゃないからね!


ドロボウは許さないわよ

なんだ

本当にドロボウか
休业可不代表我不在!


盗窃是无法饶恕的

什么啊

还真是个小偷啊
雾雨魔理沙
おうおういきなり攻撃してくるとか酷いな
喂喂突然打过来还真是过分
博丽灵梦
そんなかっこうをしている奴が現われたら


攻撃しないほうがどうかしてる
要是有个穿成这样的家伙出现


不攻击的人才有问题吧
雾雨魔理沙
このかっこうには訳が…



それより
这身装扮是有原因的…



对了

P20

雾雨魔理沙
お前が病気だって聞いたが
本当のようだな
我听说你生病了
看来是真的
博丽灵梦
え?

ええ今朝から…

って 誰に聞いたの?

今日は誰にも会っていないけど
咦?

是啊从今早开始…

等等你听谁说的?

我今天没见任何人啊
雾雨魔理沙
その病気
私が治してやるぜ!
你的病
就由我来治好吧!
博丽灵梦
はあー?
哈啊?
魔法使,气势汹汹!!

注释


< 第七话   东方铃奈庵   第九话 >