东方铃奈庵/第十四话

来自THBWiki
跳转至: 导航搜索


< 第十三话   东方铃奈庵   第十五话 >

  • 本词条内容为官方漫画东方铃奈庵的剧情对话文字版。
  • 观看在线漫画请点击这里

P1

魔理沙在铲雪,雪地告示内容「危险 大量妖怪出没 请勿靠近」

雾雨魔理沙
へっへっへ


これだ これだ
嘿嘿嘿


就是这个 就是这个

P2-P3

带领您到铃奈庵
袭击冬日幻想乡的七大不可思议的怪异
東方鈴奈庵
~ Forbidden Scrollery
东方铃奈庵
~ Forbidden Scrollery
原作:ZUN 漫画:春河もえ
(だい) (じゅう) (よん) ()  「苟且のセブンワンダー( (ぜん) (へん) )」
第十四话 「一时的七大奇迹(前篇)」

P4

魔理沙拿起鳞片观察
雾雨魔理沙
氷の鱗だ

夏でも解けることがないという水龍の魔力の結晶だ

冬の間しか見つけられない貴重なアイテムだぜ

これがないと夏の間氷の魔力が尽きるからな
冰之鳞

据说是在夏天也不会融化的水龙的魔力结晶

这可是只有在冬天才能发现的宝贵的道具

没有了这个,在夏天,冰之魔力可就要耗光了
魔理沙背后出现一团黑雾
置行堀
……けー
……下—
雾雨魔理沙
ん?


何か聞こえたか?
嗯?


好像听见了些什么

P5

置行堀
……いて
……けー
……放
……下—
灵梦与魔理沙在博丽神社
博丽灵梦
はあ?


「置いてけ堀」にやられただって?
哈啊?


你说你被「置行堀」袭击了?1

P6

雾雨魔理沙
ああ 情けない話だが…


採掘中に急に話しかけられて

身の危険を感じて逃げてきた
啊啊,虽然有点没出息…


正在采集的时候突然被搭话了

我感受到了生命危险,所以就逃过来了
博丽灵梦
身の危険だってぇ?本当に?
你说生命危险?真的假的?
雾雨魔理沙
……いやまあ


どちらかというとこっちの危険だったか
……也不是


要说的话,是这边的危险
博丽灵梦
ああ

置いていかなかったのね

拾ったものを
啊啊

你没有放下啊

你捡的东西
雾雨魔理沙
そりゃ置いてくわけないじゃん
貴重なんだぜ?これでも
那肯定不能放下啊
别看这样,这东西也很宝贵的哦

P7

小铃出现在博丽神社
博丽灵梦
あれ?小鈴ちゃん?


珍しいわね こんな寒い日に
咦?小铃?


真是稀客呢,大冷天的
本居小铃
ええ ちょっと時間いいですか?


気になる噂を聞いたもんで…
是,可以占用您一些时间吗?


我听到了一些比较令人在意的传言…
三人进入屋内
本居小铃
「送り拍子木」って知ってます?
您知道「送行拍子木」吗?
博丽灵梦
送り拍子木…


…って ああ 街に誰もいないのに拍子木がなるって言うやつ?
送行拍子木…


…就是那个明明街上什么人都没有却能听见有人敲梆子那个?

2
本居小铃
そうですそれです
没错没错

P8

本居小铃
それが最近頻繁に現れて人里を騒がしているんです


もしかしたら妖怪が何か企んでいるのかなと思って
最近那个东西频繁出现,让人类村落惴惴不安


我想会不会是有妖怪之类的东西在图谋着什么
博丽灵梦
騒がしている…って言っても送り拍子木なんでしょ?


そんなの危害を与えるようなもんじゃないわよきっと

ポルターがイストか何かかな
惴惴不安…也只不过是送行拍子木吧?


我感觉一定不会是那种危害很大的

可能是骚灵还是什么东西吧
本居小铃
それでも不気味じゃありません?
里に人間以外の何かが闊歩しているって考えると
但您不觉得很惊悚吗?
一想到在村子里有人类以外的在东西横行
描述魔理沙
妖怪だらけの森に棲んでる
住在满是妖怪的森林中
描述灵梦
妖怪だらけの神社の巫女
满是妖怪的神社的巫女
博丽灵梦
うっ……
呜……
魔理沙捧腹大笑
博丽灵梦
まあ気に掛けておくわ


拍子木の音が聞こえたら家から出ないようにね
总之,我会放在心上的


如果听见了梆子的声音,请不要离开家门
灵梦瞪向魔理沙

P9

博丽灵梦
それにしても置いてけ掘の話の後に送り拍子木かぁ
どれも小物臭がするわね
不过刚说完置行堀现在又是送行拍子木吗
哪个都有种小人物的气息呢
本居小铃
え?置いてけ堀ですか?


あの魔法の森の近くにある池のこと?
咦?置行堀吗?


是指那个在魔法森林附近的池子吗?
博丽灵梦
そうそう


そこで魔理沙 (こいつ) が置いてけ堀に出会ったんだってさ
对对


据说在那里,魔理沙 (这家伙) 遇到了置行堀
雾雨魔理沙
正確に言うと出会ってはないな


声を聞いただけだ
准确来说并没有遇到


只是听到了声音
本居小铃
本当に何かいたんですね 置いてけ堀って

…それで魚釣りか何かですか?

たっぱり魚を置いていったんですか?
真的有什么东西存在呢,那个置行堀

…然后您在那里钓鱼来着吗?

果然把鱼扔在那里了吗?
雾雨魔理沙
釣りは…してないな
何せ 今の季節は凍結しているからなぁ
钓鱼…倒是没有
毕竟,现在这个季节那里已经完全上冻了

P10

本居小铃
凍結している池の主に声を掛けられたのですか……
被上冻的池子里的妖怪搭话了吗……

雾雨魔理沙
それに何も置いていっていない
而且我没有把任何东西扔在那里
本居小铃
ああ そ そう……
啊啊,是、是吗……
小铃在铃奈庵的被窝里看书
本居小铃
ふむふむ


重さの起源を発見した人にノーベル賞……
嗯嗯


授予发现了重量起源的人诺贝尔奖……

P11

本居小铃
重さを発見だってさ


重さなんて天秤があれば誰だって計れるじゃん

外の世界の科学もたかが知れてるのかもねぇ

…?
发现了重量啊


重量什么的,只要有天平谁都可以计算吧

外界的科学发展水平也不过如此

…?
小铃听到异响翻出被窝,之后想起灵梦的话又躲了回去

P12

小铃在铃奈庵翻阅书籍
本居小铃
霊夢さんには真剣に聞いてもらえなかったみたいだけど


やっぱり異常よね

丑三つ時に拍子木の音なんて怪談じゃあるまいし……

うーん 置いてけ堀…
何か引っかかってるんだけどねぇ

なんだっけな
虽然灵梦小姐好像根本没认真听我说


但果然还是异常吧

丑时三刻听见拍子木的声音,又不是怪谈里的情节……

嗯—置行堀…
总感觉有些耿耿于怀

是什么呢
小铃背后有人靠近
本居小铃
送り拍子木…
あいた!
送行拍子木…
好痛!

P13

阿求出现
稗田阿求
何を考えているのよ
その小さな脳みそで
在想什么呢
就凭你那小脑袋瓜
本居小铃
あら 阿求


って「小さな脳みそ」!?
哎呀,阿求


等等,「小脑袋瓜」!?
稗田阿求
へー 送り拍子木ねぇ……


狸か何かの仕業じゃないかしら?

ほら最近狸囃子の噂が絶えないし
是吗,送行拍子木啊……


是不是狸猫之类的干的好事呢?

你看最近狸囃子的传闻不绝于耳
本居小铃
何だって?狸囃子だって?


また怪異の話なの?
你说什么?狸囃子?


又是怪异的传闻吗?
稗田阿求
里の北の外れから夜な夜な聞こえて来るんだってさ


こんな冬におかしいよねぇ

今では夜出かける人もほとんどいないし…
据说从村子北部的郊野每晚都会传来呢


这么大冬天的很奇怪吧

这种时候,晚上出行的人也寥寥无几…

P14

本居小铃
今度は狸囃子の話かー


やっぱり何かあるわ
这次是狸囃子的传闻吗—


果然有什么内幕
稗田阿求

今度はって何?

送り拍子木以外にもあるの?

什么叫这次是?

除了送行拍子木还有什么?
本居小铃
魔理沙さん曰く置いてけ堀が出たんだって
何も置いていってないみたいだけど
据魔理沙小姐所言,有置行堀出没
虽然她好像什么东西都没放下
稗田阿求
へー
それってまさに…
是吗
那不正是…
本居小铃
何かわかるの!?
你知道些什么吗!?
稗田阿求
わかるわかる

というかわからないの?

これって「本所七不思議」じゃない!
知道知道

难道你不知道吗?

这不就是[本所七大不可思议]吗!
本居小铃
「本所七不思議」だって!?
…って何だっけ?
你说本所[七大不可思议]!?3
…是什么来着?

P15

稗田阿求
江戸時代に流行った怪談よ


数ある七不思議のうちでも典型的な奴

確かこの店にも置いてあったはず……
江户时代流行的怪谈


在为数众多的七大不可思议中也是最典型的一种

我记得这家店里也有相关的书籍……
本居小铃
え?
よく覚えているね……
咦?
你记得好清楚呢……
稗田阿求
ーー「送り拍子木」に「置いてけ堀」……「狸囃子」も!

間違いないわ!

一連の怪異は「本所七不思議」をなぞっている

とすると他の怪異も起きるのかも…
——「送行拍子木」和「置行堀」……还有「狸囃子」!

没错!

一系列的怪异模仿着本所七大不可思议

这么说也可能会发生其他的怪异…

P16

稗田阿求
でも何で急にこんな古典的な怪異が始まったのかしら?
但是没什么会突然开始发生这种古典的怪异呢?
本居小铃
何か企んでいる奴がいるんだってきっと
一定是有什么家伙在图谋着什么
稗田阿求
うーん 不自然かなぁ


怪談なんて夏の風物詩だしこんな真冬に…
嗯—不自然呢


怪谈都是夏季的特色,为什么在这冬天…
本居小铃
そもそも七不思議ってなんで生まれたのかしら?


それは元をただせばただの噂話でしょう

妖怪の存在を恐れた人達の

でもさあ それって外の世界の話でしょ?

幻想郷ではもっと妖怪にまつわる話も沢山あるのに

なぜそっくりな七不思議が起こるわけ?
话说,七大不可思议是怎么诞生的呢?


追本溯源的话只是些普通的传言吧

那些畏惧妖怪存在的人们

但是啊,那也只是外界的情况吧?

在幻想乡明明还有更多和妖怪有关的故事

为什么会发生一模一样的七大不可思议?

P17

本居小铃
正直言って送り拍子木とか…怖くないしー
说实话送行拍子木之类的…也不怎么可怕—
稗田阿求
…恐らく


幻想郷に伝わる七不思議は「本所七不思議」を利用したカモフラージュなのかも
七不思議を利用して人間を遠ざけている場所があるのだとすれば

何かを企む妖怪としては好都合……
…恐怕


在幻想乡中流传的七大不可思议只是利用了本所七大不可思议的一个伪装
如果有什么地方能够因为利用七大不可思议而让人类远离的话

对于图谋着些什么的妖怪来说是再好不过……
本居小铃
…!
…!
本居小铃/稗田阿求
それだ!
就是这个!

P18-19

小铃听到异响,开灯开窗,看见了路上的提灯
本居小铃
あれは…


ーー「送り提灯」!

これも七不思議のひとつだわ!
那是…


——[送行提灯]!4

这也是七大不可思议之一!
诡异的声响在村子中回荡!


下回待续

注释

  1. 置行,放下并离开之意;堀,指护城河。传说某日两个互为好友的农人在江户本所的锦系堀垂钓,钓了满笼的鱼。当夕阳西下他们正要回家时,突然从河中传来“放下并离开”的恐怖声音。其中一人将鱼笼弃于现场逃跑。而另一人抱着鱼笼逃跑,结果水里伸出手来将其拖入水中淹死了
  2. 拍子木,指梆子。传说如果在本所的水渠附近一边击打梆子并高喊“小心火烛”巡夜。停下来后总能听到梆子的声音不断重复盘旋,如同有人为自己送行一般,但转过身去会发现身后空无一人。
  3. 本所,江户地名,位于现东京都墨田区
  4. 送行提灯,传说在江户本所夜行之人前面会出现提灯,提灯摇摇摆摆,忽暗忽明,如同主人家挑灯送客,跟着它走的话会发现自己迷路了,而往往这个时候,提灯就会消失,如果走的太近的话,提灯也会消失,如果走和它指示相反的方向的话,提灯又会反过来追。
< 第十三话   东方铃奈庵   第十五话 >