• 欢迎来到THBWiki!如果您是第一次来到这里,请点击右上角注册一个帐户
  • 有任何意见、建议、求助、反馈都可以在 讨论板 提出
  • THBWiki以专业性和准确性为目标,如果你发现了任何确定的错误或疏漏,可在登录后直接进行改正

东方茨歌仙/第三十一话

来自THBWiki
跳转至: 导航搜索


< 第三十话   东方茨歌仙   第三十二话 >

  • 本词条内容为官方漫画东方茨歌仙的剧情对话文字版。
  • 观看在线漫画请点击这里

P1

博丽神社
博丽灵梦
あー

今年も終わりねぇ

いろんな事があったけど
終わってみればあっという間だった

都市伝説やオカルトボールでドタバタしていたら
いつの間にか外の世界に行ってしまったのはビックリしたわ

外の世界はキラキラ眩しかったわね

幻想郷は本当に外の世界と対等に渡り合える力を持てるのかしら?
啊—

今年也结束了

虽然发生了各种事情
但事后一想也都一眨眼就过去了

因为都市传说和神秘珠忙得手忙脚乱的时候
沒想到不知不觉间去了一次外界

外界四处闪闪发光真是耀眼

幻想乡真的具有能够与外界抗衡的力量吗?

P2

原作:ZUN 漫画:あずまあや
東方茨歌仙
WILD AND HORNED HERMIT.
东方茨歌仙
WILD AND HORNED HERMIT.
第三十一話  (だれ) (うさぎ) () かしたか
第三十一话 谁为兔子提供生路

P3

博丽灵梦
まあひとまずは干渉しないのが一番だと思うんだけど
あの後 結界が揺らぐようなこともなくなったし 大丈夫よね…
不过不去干涉才是最好的
在那之后 也沒发生过会动摇结界的事情 应该沒问题吧…
缘侧下传出声音:
人面犬
ほっといてくれよぉ
別再管我了
博丽灵梦
……



都市伝説異変はまるで落ち着いていないんだけどねぇ
……


不过

都市传说异変却丝毫沒有平息的迹象
茨木华扇
何を独り言言っているの?
你在自言自语些什么?

P4

博丽灵梦
いやあ

もう今年も終わりだからさぁ

一年を振り返って 改めて説明していたところ
哎呀

因为今年也快结束了

我就回顾了一下这一年 重新说明下都发生了什么
茨木华扇
誰に?
向谁?
博丽灵梦
それで今年一番気がかりなことと言えば
都市伝説異変はまだ 終わってなかったなあと
而今年最令我在意的事情
就是都市传说异変还沒有结束
茨木华扇
でも それって確か…
但 那记得是…
博丽灵梦
そう
月の民の仕業だって話なの
沒错
是月之民搞的鬼

P5

博丽灵梦
永遠亭の奴らに教えて貰ったわ


月の都を遷都する一番平和的な方法が

幻想郷で月の都を都市伝説化することだとか
我从永远亭那帮家伙那儿听说了


迁都月都最和平的方法

就是在幻想乡将月都都市传说化
茨木华扇
そうなると月の都が地上に具現化する?
那样一来月都就会在地面上具现化?
博丽灵梦
さあね


実際
何が起こるのかは教えてくれないのよ

あいつ等の言っている事は
言葉が違うみたいにまるで頭に入ってこない

でも

都市伝説異変がまだ終わっていない点を突っこんでみたんだけど

次第に少なくなるんじゃない?

って言われてさ
谁知道


实际上
她们都不告诉我会发生什么

那帮家伙所说的话
仿佛不是一个语言一样根本无法进入到脑海里

但是

我质问都市传说异変还沒结束这一点之后

她们跟我说

慢慢就会减少了吧?

P6

茨木华扇
それで納得
…しないわね
那样完全
…无法放心呢
博丽灵梦
するわけないわ


でも…
どういう力が働いているのかも判らないし

そもそも何処にどういう影響が起きているのかも把握出来ない

気が付いたら その位 根っこまで浸食していたの

言ってしまえば 手の施しようがない状態ね

まあ…

私もその都市伝説の力を利用したりしちゃっているんだけど
根本不可能


但是…
我们根本就不知道什么样的力量在运作

而且也无法把握在何处引发了什么样的影响

等到发现的时候 已经侵蚀到根基了

直白地说 就是束手无策的状态

不过…

我倒是也利用了那些都市传说的力量
茨木华扇

そうね

是啊
博丽灵梦
都市伝説異変の特徴はコントロール出来る事だもんね

噂のタネさえ判っていれば…

もしかしたら それが罠なのかもしれないけど
毕竟都市传说异変的特征还是可以控制的

只要知道谣言的典故…

虽然可能那本身就是个陷阱

P7

博丽灵梦
なんにしても

もう後には退けないというのが判ったのが今年の異変の特徴

あーあ

なんか悔しいわねぇ
不论如何

了解了已经沒有退路这一点就是今年的异変的特征

哎—呀

有点不甘心啊
茨木华扇
そう言いながら 随分と楽しそうじゃない
嘴上那么说 看上去倒很开心嘛
博丽灵梦


そうかしら?

まあ
暇でいるよりはずっとマシだけど…

それでも何か
意趣返ししてやりたいわね

月の連中に


是吗?

是啊
比一直闲着沒事干要好…

不过还是
想报复一下啊

对月上的那帮家伙

P8

兔子走出
茨木华扇
あら


野兎ね

昼間に活動しているなんて珍しいわねぇ

何か敵に追われているのかしら
哎呀


是野兔

在白天活动还真是少见

是被什么天敌追了吗
华扇抱着兔子
博丽灵梦
簡単に捕まえたわね
简简单单就抓住了啊
茨木华扇
私の手にかかれば
野生の兎であろうとも訓練された犬のようなもんよ
在我手里
就算是野生的兔子也和训练过的狗无异

P9

博丽灵梦
ふーん


兎…
かあ



そうだ!

今夜はこいつを鍋にしよう
是—吗


兔子…




对了!

今晚就把这家伙煮了吃吧
茨木华扇
それが月の連中への意趣返し?
这就是所谓的对月上家伙的报复?
博丽灵梦

いや

まあ そういえばそうかなと

ぐ…



你要是那么说 也不是沒有

咕…
茨木华扇
相変わらずちっちゃいねぇ


こんな可愛い兎を捌いたところで

月の連中も再確認するだけよ
你还真是一如既往地小肚鸡肠


你把这么可爱的兔子剖了

也只会让月上的那帮家伙确信而已
博丽灵梦
再確認?
何を?
确信?
确信什么?

P10

茨木华扇
地上は穢れに満ちていて
人間とは相容れないってね
确信地面上充满污秽
无法与人类相容
雾雨魔理沙
あー

いたいた

その兎

ちょっと見せて貰って良いかな
啊—

有了有了

那只兔子

能不能借我瞧瞧
魔理沙从远处走来
茨木华扇
ええ
何かしら
可以
怎么了
雾雨魔理沙
あった あった
こいつだ
有了 有了
就是这家伙
茨木华扇
あら


足の爪に小さな模様があるわねぇ


爪子上有个小标记啊

P11

雾雨魔理沙
この爪の文様には大まかな位置を知らせる何かと
個体を識別する情報が詰まっているらしい
据说这个爪子上的纹样包含着能够了解大概位置的某种东西
以及识別个体的信息
信息有:


ウサ吉

現在神社


兔吉

现在在神社
雾雨魔理沙
逃げ出したそいつに捜索願いが出ていたんだぜ
有人在寻找逃跑的这个家伙
博丽灵梦
何それ
聞いた事のない話の連続
什么啊
全都是些沒听说过的事情
雾雨魔理沙


知らないのか?
遅れているなぁ


流行っているんだぜ?

兎をペットとして飼うことが


你不知道吗?
真落伍啊

现在
可是很流行的哦?

把兔子当宠物养
茨木华扇
博丽灵梦

ペットー?

宠物—?

P12

人类村落
很多村民抱着兔子或拿着笼子
茨木华扇
確かに
兎を飼っている人をちょいちょい見かけるわね
确实
四处能看见在饲养兔子的人
博丽灵梦
兎を飼う事自体はそんなに不思議な事でもないけど

昔から 食用として飼う人も多かったし

でも

あの大事そうに抱いている感じ

とても食材の持ち方には見えないけど
饲养兔子本身倒是沒什么稀奇的

自古以来 很多人就为了食用而饲养兔子

但是

那种稀罕地抱着的感觉

怎么看也不像是拿着食材的样子
灵梦走向村民
博丽灵梦
ねぇ
ちょっといい?
那个
可以打扰一下吗?

P13

博丽灵梦
その兎

本当に飼っているの?

食用じゃなくて?
那只兔子

你真是拿来养的?

不是用来吃的?
村民吓了一跳
茨木华扇

すみません

兎を抱えているなんて珍しいなと思いまして

少しお話を伺いたくて

不好意思

因为很少看到有人抱着兔子

就想问问是怎么回事
两人与村民交谈,然后到了一间店:
だんご
糯米団
华扇看到告示

P14

告示为:
探しています

うさ吉
(ろ一三六八)
兎のオス
特徴 毛は薄茶
   (首の周りだけ白)
人なつっこい.好物はニンジン

発見したら茶屋までご伝音を
寻兔告示

兔吉
(乙一三六八)
雄兔
特征 毛发为淡茶色
   (只有脖子周围为白色)
与人亲近.喜好胡萝卜

一旦发现请向茶屋联络
茨木华扇
本当に流行っているみたいね
兎のペット
看来真的很流行啊
把兔子当宠物
博丽灵梦
鼠避けに猫を飼ったり

番犬として犬を飼ったりする家はよくあったけど

兎なんて何に役立つんだろう
很多家庭为了驱鼠而养猫

为了看门而养狗

但兔子对人类有什么用处呢
茨木华扇
完全に愛玩用でしょうねぇ


外の世界において
ペットとしての兎はそんなに不思議ではないのよ

幻想郷が今の形になるちょっと前

明治の時代に兎ブームがあったの覚えていない?
完全是为了赏玩用的吧


在外界
宠物兔子可沒那么稀奇

你记不记得在幻想乡成为现在这样之前

明治时代有过一段兔子热?
博丽灵梦
知らないわよ
そんな昔の話
谁知道啊
那么遥远的事情
茨木华扇

そりゃそうよね

あの時はあの時で

動物たちは食用にされるよりも酷い目に遭ったんだけどねぇ

倒也是

不过在那个时代

动物们遭到了比食用还要更严酷的待遇

P15

茨木华扇
それにしても 気になっている事があるんだけどーー

兎がちゃんと管理されているみたいなのよね

この捜索願いには名前の他に識別番号が書かれているわ
话说回来 有个比较在意的事情——

兔子们好像都被严格管理着

在这份寻兔启示上除了名字还写着识別号码
博丽灵梦
さっき

魔理沙も言っていたよね

「大まかな位置を知らせる何かと
個体を識別する情報が詰まっている」

って

何かこの感じ
気になるわねぇ

明らかに里の技術を超えた何かの手が入っている感じ

まあ
刚才

魔理沙也说了吧

「包含着能够了解大概位置的某种东西
以及识別个体的信息」

这样

这个感觉
有点让人在意啊

总感觉涉及一些远超人类村落技术的某种东西

总之

P16

博丽灵梦
技術と言えばねぇ
说到技术的话
玄武涧
河城荷取
ーー兎

ですかい?

いやまあ

確かに兎を飼うのが流行っているってのは知ってましたが

あれはうちが仕掛けたもんじゃないですぜ
——兔子

吗?

哎呀

虽然我确实知道现在养兔子很流行

但发起的可不是我们家啊
博丽灵梦
本当に?
真的吗?
河城荷取
ああ


兎なんて飼ってたら 胡瓜も喰われちまう

我々にとって面倒でしかない
そんなもんを商品なんかにしないよ

ゴホン

でもなんで我々が流行らせた

と思ったんだ?
沒错


我们要是养了兔子 黄瓜就被啃光啦

对我们来说只有麻烦
那样的东西不会被我们当成商品的



但是为什么你会觉得

是我们炒起来的呢?
博丽灵梦
兎の爪に位置を知らせる何かと

個体を識別する何かが埋め込まれているんだって

そんな技術

里には難しそうだし
因为据说在兔爪上植入着

能够了解大概位置以及识別个体的某种东西

那种技术

感觉在村子里很难实现

P17

河城荷取
ほう…


それはもしかして噂のGPSっていう奴かな

いやしかし それは
結界の中では衛星電波を拾えないという結論に至ったはず…
それとももう既に完成しているのか?

あれが
是吗…


那难道是传说中的GPS吗

不 可是
我们最终应该已经得出了在结界中无法接收卫星电波的结论…
还是说已经完成了吗?

那个东西
博丽灵梦
何の話?
你在说什么?
河城荷取

いや こっちの話

何にしても

兎の話は見当違いだよ

不 和你沒关

不论如何

兔子这事你是找错人了
博丽灵梦
でも
それは何?
但是
那是什么?
一旁放着一些设有机关的笼子

P18

河城荷取
これは

全自動給餌機能付き兎ケージだ

今しか無いと思って開発を進めている
这个是

带全自动喂食功能的兔笼

我们正趁着这个大好时机抓紧研发
博丽灵梦
流石
商売が早い
真不愧
以投机闻名
迷途竹林
妖怪兔于篝火聚集
妖怪兔A
いやあ
今日も大成功だねぇ
哎呀
今天也大获成功啊
妖怪兔B
この調子で
明日も頑張ろうね!
就像今天这样
明天也加油吧!

P19

妖怪兔A
しー!
誰か来たぞ!
嘘—!
有人来了!
茨木华扇
逃げても無駄よ


貴方達

妖怪兎では私から逃れることは出来ない
逃也沒用


你们几个

妖怪兔可是逃不出我的手掌心的
因幡帝
おやおや


誰かと思えば 山の仙人様でしたか

こんな夜分に何か…?
哎哟哟


我还在想是谁 原来是山里的仙人大人

如此深夜前来拜访是有何事…?

P20

巧言令色の素兎
因幡帝
巧言令色的白兔
因幡帝
茨木华扇
真意を確かめに来ただけよ


調べたらすぐに判ったわ

兎ブームの火付け人は
我只是来确认你们的居心而已


我一调查就明白了

谁在煽动这个兔子的热潮
因幡帝
そうでしたか


別に隠すつもりはございません

その通りでございます
原来如此啊


我也无意欺瞒您

正如您所言
茨木华扇
同族を売って儲けようとしているなんて

残念ね

そんな妖獣が居たなんて
居然想通过贩卖同族来赚钱

真是遗憾

竟然会有此等妖兽

P21

因幡帝
残念
ですか?
您说
遗憾?
茨木华扇
ええ

ハッキリ言ってドン引きだわ


人間に飼われて事があったというのに
沒错

直白地说令我厌恶

过去

明明因为被人类饲养而发生了事情
因幡帝
心外ですねぇ…

もしかして 責められているんでしょうか?

動物を導くという山の仙人様に説明するというのは

少しおこがましいですが…
还真是令我意外…

请问您是在斥责我吗?

虽然让我对开导动物的山里的仙人进行说明

颇有僭越之嫌…
帝使眼色让其他妖怪兔离开
因幡帝
今からもう150年近くも前になるでしょうか

人間の間で兎を飼うことが流行した時がありました

一時期はどんな嗜好品よりも高い値が付き

兎の錦絵が描かれ

人々はこぞって兎を買い求めました
大概回溯到距今150年之前

曾有段时期在人类之间非常流行饲养兔子

在那段時期 兔子比任何嗜好品都更为高价

人们画兔子的锦绘

争先恐后地去求购兔子

P22

因幡帝
そんなある日


兎で得た利益の配分などで ついに殺人事件まで引き起こされるなど
異常としか言いようのない事態にまで発展してしまいます

その結果を受け
人間は兎に高い税金を掛け

兎ブームは急激に冷えていったのです
直到有一天


贩卖兔子引发的利益纷争 终究引发了杀人事件
可以说事态已经发展到了异常的境地

受到那件事的影响
人类在兔子身上设置了高额的稅金

饲养兔子的热潮急遽冷却了
茨木华扇
知っている


飼っているだけで 高い税金が課せられたので
多くの兎が撃ち殺されて捨てられたと聞いている

しきし

それを知っていて

また同じような事を何故 兎である貴方が?
我知道这件事


因为只要饲养着兔子就会被征收高额的稅金
所以大量兔子被射杀 拋尸荒野

然而

明明你知道发生了什么

身为一只兔子 为什么还要重蹈覆辙?

P23

因幡帝
さっき

兎の値段が異常に高騰したと言いましたが

人間は高い物を買ったとき

その物をどう扱うでしょう
如我刚才所言

兔子的价值异常高昂

那么您是否知晓人类在购买了高额的商品之后

会如何对待那个商品呢
茨木华扇
……

そりゃあ

丁寧に扱うでしょうね
……


一定会格外珍惜吧
因幡帝
そうでしょう


この当時

非常に高価だった兎達は
人間の貴族以上の生活を謳歌しておりました

人間って自分よりもペットにお金を掛けるもんなんですよ

まさに兎の天国

今の兎達にもその生活を味わわせてあげたいと思い

始めた事業なのです
所言极是


当时

价格极为高昂的兔子们
享受着远超人类贵族的生活

人类这种生物在宠物身上会花费比在自己身上还要多的金钱

那正是兔子的天堂

我內心无比期望现今的兔子们能够体味到那样的生活

因而开始了这份事业

P24

茨木华扇
でも


さっきの話だと 最後は捨てられて地獄を見るのよ

それでも良いの?
但是


照你所说 最后兔子们全都被拋弃 陷入地狱之中

就算是这样也好吗?
因幡帝
……我々


妖怪兎が何故こんなに多いのか

ご存じではないのですね
……如此看来


您并不知悉我等妖怪兔

缘何会有如此庞大的数量
茨木华扇
え?
什么?
因幡帝
そう


我々妖怪兎の多くは

その時に捨てられた兎達
沒错


我等妖怪兔之中绝大多数

都是那时被拋弃的兔子们

P25

因幡帝
天国を見てから 地獄を生き延びた兎達なのです


だから 人間のペット事情なら何もかも知っている

人間は処分しろと言われてもペットを殺せずに
こっそり捨てる

そうやって新しい生態系を生み出す
这些兔子们在见识到天堂之后 又在地狱中苟延残喘幸存至今


因此 我们对人类对于宠物的态度一清二楚

人类即使被命令处理掉宠物 他们也不会去杀害
而是悄悄放生

这些被遗弃的宠物创造出了新的生态系统
茨木华扇
……
……
因幡帝

まあ

そんな感じでかるーく始めた可愛い兎屋さんですか

ここは一つ如何ですか?
那么

总之

虽然我们只是像这样随—便地开了家兔子店

但您都到这里了 要不要来一只呢?

P26

因幡帝
仙人様にはとびきり可愛い兎をご用意しますよーー
我会特意为仙人大人准备一只特別可爱的兔子哦——
茨木华扇

私は


因幡帝
まあまあ そう言わずに


中々賢い奴ですので

ほら
哎呀哎呀 闲话休题


这小家伙聪明伶俐

您看看
华扇家中
华扇逗着兔子
茨木华扇
やれやれ


迷いの竹林には月の民だけじゃなくて

厄介な奴も住んでいるわね


住在迷途竹林里的不只是月之民

还有一帮麻烦的家伙

P27

茨木华扇
こりゃあ
霊夢の手に負えないのも肯ける
这下
灵梦应付不来也能理解了
华扇指示兔子睡觉
茨木华扇
まあ


兎には罪はないし

飼っている人間にも罪はないか


兔子本无罪

饲养它们的人类又有什么罪孽呢
< 第三十话   东方茨歌仙   第三十二话 >