游戏对话:东方深秘录/铃仙·优昙华院·因幡

来自THBWiki
跳转至: 导航搜索
本页是记录游戏对话的词条
编写游戏对话时推荐使用
翻译表系统之中的__DIALOGUE__类型


  • 本词条内容为官方游戏TH14.5东方深秘录的游戏对话
  • 出于剧透性的考虑,请自主决定是否查看本词条的内容,本词条的内容会涉及到游戏剧情的剧透
  • 铃仙线需通过extra进入,但模式与故事模式类似
  • 喵玉汉化组翻译中,请勿擅自修改

Stage 1

文件:深秘录1面场景(铃仙).jpg
深秘录1面场景(铃仙)
都市伝説異変は収まらない
都市传说异变并未平息
BGM: 顕現した伝承の形
BGM: 显现的传承形态
迷いの竹林
铃仙·优昙华院·因幡
……波長が良くないな
……这样的波长可不妙
铃仙·优昙华院·因幡
今夜の月は一段と狂気の光を
放っている
今晚的月亮散发着
愈加疯狂的光芒
铃仙·优昙华院·因幡
嫌な予感がするから

さっさと見回り終わらせて

寝ようっと
有不好的预感

赶快巡视完回去

睡觉吧
博丽灵梦
やっぱりあんたね
果然是你
博丽灵梦
竹林で気持ち悪い狂気の
オカルトを見たって聞いたけど
听说在竹林里出现了
让人心烦的狂气的怪奇
神秘!結界の巫女
博麗霊夢
神秘!结界的巫女
博丽灵梦
铃仙·优昙华院·因幡
げー
予感的中の予感
额——
还真被我猜中了
博丽灵梦
狂気って言ったらあんただもん
说到狂气的话就是你了吧
铃仙 使用 怪奇攻击
铃仙·优昙华院·因幡
はいはい
確かに、くねくねの噂は私ですよ
是是
确实,扭扭怪1的传说就是我
铃仙·优昙华院·因幡
でもそれがどうしたって
言うの?
但我这么做又有什么
问题呢?
博丽灵梦
それ、止めてくれる?
那,能请你别那么做了吗?
博丽灵梦
オカルトボールは外の人間の
仕業だって判って消えたけど
深秘珠是外界的人类干得好事
这个事件解决后也全都消失了
博丽灵梦
都市伝説はむしろ浸透している
気がするのよね
但是我却有一种
都市传说却渗透进了幻想乡的感觉
博丽灵梦
それで都市伝説が悪用されない
ように見張ることにしたのよ
为了都市传说不被挪作恶途
我才决定一直监视
铃仙·优昙华院·因幡
へえ
铃仙·优昙华院·因幡
みんなはどっぷり

都市伝説まみれなのに

よくそんな事言えるわね
明明大家都已经

沉迷于使用都市传说为武器了

你却还在说这种话呀
博丽灵梦
まあ、私は良いのよ
悪用しないから
嘛,我是没什么关系啦
反正我也不会将其用在坏事上
博丽灵梦
あいたたた
啊疼疼疼
铃仙·优昙华院·因幡
随分本気で攻撃してきたわね
你还真是拿出真本事来攻击呢
铃仙·优昙华院·因幡
都市伝説が悪用されないように
ってのも正気なの?
你说不让都市传说被用在坏事上
是认真的吗?
博丽灵梦
……正直言うと
本気じゃないわ
……说实话
并不是认真的
博丽灵梦
ただ、放って置く事が

出来なくてイライラが

募るばかりだし
只是,我本来也做不到

就这么放着不管

心里总有一股无名火乱窜
铃仙·优昙华院·因幡
……この都市伝説異変の
原因を知っているの?
……这个都市传说异变的
原因已经查明了吗?
博丽灵梦
む……結局よく判らないのよね

風の噂で月の都からの干渉

だとか聞いたけど
唔……到最后也没弄明白是怎么回事

只是听闻有些传言

提到有月之都的干涉
博丽灵梦
あ、月の都と言えばあんたらね

やっぱりあんたらが関係して

いるんじゃないの?
啊,说到月之都的话就不得不想到你们了吧

果然你们这群家伙与本次异变

有所关联吧?
BGM: ネオ竹林インフレイム
BGM: 新竹林大火
铃仙·优昙华院·因幡
そんな曖昧な情報でよく

悪用しないように見張っている

なんて言えたもんね
就凭这些暧昧不清的情报

你还真敢在外面乱跑

说要监视不让别人做坏事呢
铃仙·优昙华院·因幡
私から見たら異変の拡散の為に

良いように使われて

悪用しているのはあんたよ!
在我看来为了更方便地使用这些都市传说

而把异变的范围扩大

将其用在歧途的反而是你才对吧!
铃仙·优昙华院·因幡
さあ、大人しくその
都市伝説を手放しなさい!
来吧,老老实实地
把那个都市传说交出来!
博丽灵梦 被击败
博丽灵梦
でも何処から
手を付けたもんかと……
不过话说回来
你又是从哪里开始着手这些事件的……
博丽灵梦
ま、あんたは悪用しなそうだから
特別認めてあげるわ
算了,看你也不像是把它们用在坏事上
这回就算作特例同意给你了吧
铃仙·优昙华院·因幡
……都市伝説異変は
月の都内のトラブルが原因なの
……都市传说异变
是月都内部的矛盾引起的事件
铃仙·优昙华院·因幡
もう貴方の手の及ばない
問題だわ
已经不是你能插手干涉
的问题了
铃仙·优昙华院·因幡
もちろん
私の手も及ばない……
当然
我也没有插手的权利……

Stage 2

文件:深秘录2面场景(铃仙).jpg
深秘录2面场景(铃仙)
都市伝説異変は曝かれる
都市传说异变就此曝光
BGM: 可能性を信じて
BGM: 相信可能性
永遠亭
铃仙·优昙华院·因幡
くねくね、は

誰かが私に対して噂した物が

具現化しただけ
这个扭扭怪的都市传说,是

某人以我为对象而到处散播传言

具现化而成的东西
铃仙·优昙华院·因幡
恐らく、私の耳だけを見て

狂気の都市伝説と混同した人が

いるんだわ
恐怕是,看见我的耳朵

将其和狂气的都市传说混为一谈

的人这么干的
铃仙·优昙华院·因幡
そんな出所不明の噂でも

具現化するって

本当の力は恐ろしい……
这种来路不明的传言

都能被具现化

的力量真是可怕……
铃仙·优昙华院·因幡
ん?
誰か来た?
嗯?
有谁过来了?
圣白莲 登场
铃仙·优昙华院·因幡
貴方は命蓮寺の……
你是命莲寺的……
圣白莲
夜分遅くに失礼します
如此深夜还真是叨扰了
極速!ライダー僧侶
聖白蓮
极速!骑手僧侣
圣白莲
铃仙·优昙华院·因幡
こんな時間に何か用ですか?
这种时间来找我有什么事吗?
圣白莲
オカルトボール騒ぎが

落ち着いてからも

都市伝説は収まらないでしょ?
深秘珠的骚乱

明明已经安定下来了

都市传说却仍未就此结束对吧?
铃仙·优昙华院·因幡
はあ
是啊
圣白莲
それで独自に
調査したんだけど
于是我就独自一人
进行了各种调查
圣白莲
調査の結果
いくつか気になる事が出てきたわ
调查的结果
有几处让我很是在意
圣白莲
一つ、都市伝説は容易に操作できる
第一,都市传说都很容易可以被操纵
圣白莲
一つ、人為的に操作する場合
その気質に合った噂しか扱えない
第二,在人为操纵的情况下
只有与操纵者气质相符的都市传说才可以被使用
圣白莲
一つ、具体的な内容が無かったり

何らかの条件を満たす

一部の都市伝説は具現化しない
第三,在出现具体的内容

或者满足某些特别条件之前

一部分都市传说是不会具现化的
圣白莲
一つ、満月の日は影響が強く出る
第四,满月之夜对其有特别强的影响
圣白莲
という事が判ったの
以上几点已判明
圣白莲
特に最後の満月の事だけ
特殊なのが気になってね……
特别是最后的满月之夜
只有这一点给我一种特殊的感觉……
圣白莲
永遠亭の方って

月の民なんでしょう?

ちょっとお話を伺おうと
永远亭的各位

都是月之民对吧?

我有些话想来询问一下
铃仙·优昙华院·因幡
ふむふむ、なる程ー
長々とどうも
嗯嗯,原来如此
如此详尽还真是辛苦你了
铃仙·优昙华院·因幡
しかしその件に関して

永遠亭サイドからは何も

言うことはないのです
不过有关这个事件

永远亭这边

无法做出任何回应呢
铃仙·优昙华院·因幡
正直に言うと
うちとしましても……
老实说
我们这边也什么都不明白……
铃仙·优昙华院·因幡
手の打ちようが無い
という状況です
现在也是处于
束手无策的状况
圣白莲
へえ
あっさりと吐露するのね
这样
没想到你坦白得这么快
圣白莲
つまり都市伝説異変は月の民が

起こしたと認めているような

物じゃない
你的这番说辞

不就承认了都市传说异变

是由月之民引起的吗
铃仙·优昙华院·因幡
ま、そういう風に考えて頂いて
結構です
嘛,你要是这么理解的话
我们也无所谓
圣白莲
なるほど

よく判ったわ

ごめんあそばせ
原来如此

我明白了

还真是打扰你们了
圣白莲 蓄力
BGM: 億万劫の鐘
BGM: 亿万劫之钟
圣白莲
……ってそれだけで
帰るわけないでしょ
……你还真当我
会就这么回去吗
圣白莲
だとしたらなおさら
話を聞かないといけないわ!
如果真是这样那我更不得不
把你们的情报都给打听出来了!
圣白莲
さあ、偉い人を呼んできて
快去,把你们管事的人叫出来
铃仙·优昙华院·因幡
それは出来ません

来客は追い返せと

言われていますので
这我可做不到

我可是被吩咐过

要请所有来客就此返回的
圣白莲
ならば仕方が無い
那就勿怪我别无他法了
圣白莲
門番させられていたことを
後悔する夜になるわ!
我要让你后悔
在这一夜成为看门人!
圣白莲 被击败
圣白莲
ほう
その覚悟
哦哦
这份觉悟
圣白莲
どうやら本気で通す気は
無いようね
看来你是拿出了真本事
不想让我进去了呢
铃仙·优昙华院·因幡
ええ

都市伝説の件に関しては

今は何も語らないので通すなと
是的

关于都市传说的任何事情

我们无法发表任何评论所以不能让你进去
铃仙·优昙华院·因幡
ただ折角自力でここまで

辿り着いた方ですので

これだけは教えましょう
不过难得你凭自身之力

到达了这个地方

我就告诉你一件事吧
铃仙·优昙华院·因幡
都市伝説異変は永遠亭の者が
起こした物では無いという事を
都市传说异变并不是永远亭的人
所引起的事件
铃仙·优昙华院·因幡
今の異変は既に牙を抜いた
後であるので怖れる事は無いと
如今的异变已再无后劲
已经不必再担心会发生其他事件了
圣白莲
……判ったわ
貴方の覚悟は本物ね
……我明白了
你的觉悟也是认真的
圣白莲
どういう訳か都市伝説が
具現化し始めだけど
这些都市传说因为
某些原因而开始具现化
圣白莲
これには最初は何らかの意図が
あったが、今はもう無いので安全
一开始的确是因为某些意图而被操纵
但是现在已经顺利解决,无须再担心了
圣白莲
そう理解させて貰うわ
我就将一切如此理解可好
铃仙·优昙华院·因幡
結構です

それに次第に異変も

収まるでしょう
如此便好

这样下去异变也很快

就可以收场了吧
圣白莲
そうと決まれば今のうちに

楽しまないとね!

都市伝説!
如果是这样的话

那我可得趁现在享受其中呢!

都市传说!
圣白莲
よーし、今夜は
ひとっ走りするわー!
好嘞,今晚
就尽情飙车吧——!
圣白莲 离场
铃仙·优昙华院·因幡
……行っちゃった
まあ、運転気を付けてね
……就这么走了
算了,希望她能注意驾驶安全

Stage 3

文件:深秘录3面场景(铃仙).jpg
深秘录3面场景(铃仙)
都市伝説異変は道を逸れる
都市传说异变偏离了轨道
BGM: 可能性を信じて
BGM: 相信可能性
永遠亭
铃仙·优昙华院·因幡
あー疲れたー
啊——好累——
铃仙·优昙华院·因幡
霊夢さんなら

いつ来てもおかしくないけど

まさか命蓮寺の住職まで
虽然已经预见到了

灵梦小姐会在某个时候到访

没想到连命莲寺的住持都来了
铃仙·优昙华院·因幡
お師匠様の読みが
当たったわね
师傅大人的预判
还真的灵验了呢
铃仙·优昙华院·因幡
こんなに早く

輝夜様の無限回廊の術が

役に立つとはねぇ
没想到这么早

就能让辉夜大人的无限回廊之术

派上用场
丰聪耳神子
おいそこの兎よ
我说那边的兔子
铃仙·优昙华院·因幡
!?
!?
丰聪耳神子
ここの廊下はどう
なっているんだ?
这边的走廊
是个什么情况?
怪奇!二色マント魔人
豊聡耳神子
怪奇!二色披风魔人
丰聪耳神子
丰聪耳神子
行けども行けども
終わりが見えないぞ
不管走多久
都走不到尽头啊
铃仙·优昙华院·因幡
ちょっとちょっと
いつの間に侵入しているのよ
你给我等等
你到底是什么时候侵入进来的
丰聪耳神子
月の民に話があって
やってきたんだが
我有点话想来
问问月之民
丰聪耳神子
なるほど……永遠に続く廊下か
原来如此……永恒的走廊吗
丰聪耳神子
これは微少な時空の隙間を

無限に繋げる力だな

月の民の力だろうな
这个是将少量的时空间隙

无限接续的力量吧

应该是月之民的力量吧
铃仙·优昙华院·因幡
本当、道士ってのは

自己完結していて

他人の迷惑を顧みない奴ね
真是的,道士这种人是

自说自话

完全不顾他人麻烦的家伙啊
丰聪耳神子
……という事は

空間を扱う仙術の一種

という訳だ
……也就是说

这是控制空间的仙术的

其中一种
丰聪耳神子
私の手にかかれば

この永遠の廊下の術を破るのは

さほど難しいことではない
以我的能力而言

破除这种永恒回廊的法术

也不是什么难事
丰聪耳神子
そこの兎!

今からこの無限の罠を打破するが

よろしいか?
那边的兔子!

我现在要把这个无限的陷阱破解掉

可以吗?
铃仙·优昙华院·因幡
コラッ!
よろしかないよ!
喂喂!
怎么可能可以啊!
铃仙·优昙华院·因幡
さっきから聞いていれば

勝手に上がり込んで

何をしようっていうのよ
从刚才就在听你一个人自说自话

你擅自闯进来

到底想干些什么啦
丰聪耳神子
おおこれは失礼
哦哦这还真是失礼了
丰聪耳神子
オカルトの事を調べていたら
ここに辿り着いたんでね
我正在调查那个怪奇事件
一不小心就闯了进来
丰聪耳神子
月の都のオカルトボールな
也就是月之都的深秘珠
丰聪耳神子
あれはおかしいな
那还真是很奇怪
丰聪耳神子
まるでホワイトホールのように
オカルトパワーがわき出ている
简直就像白洞一样
不停地释放着怪奇的力量
丰聪耳神子
まさに無限だ
正所谓无限
丰聪耳神子
その事で永遠亭 (ここ)

調べに来たんだが……

月の民が居るって聞いたんでね
我正是为了调查此事

而来到了永远亭 (这里) ……

正好之前听说月之民就住在这里
铃仙·优昙华院·因幡
そうですか
是这样吗
铃仙·优昙华院·因幡
しかしその件に関しては
何も語ることは出来ません
但是关于那件事
我们也无可奉告
铃仙·优昙华院·因幡
お師匠様にも合わせる事は
出来ません
也不能让你就这么
去见师傅大人
BGM: オカルトアトラクト
BGM: Occult Attract
丰聪耳神子
ほほう
認めるんだな
哦呀
你承认了啊
丰聪耳神子
オカルト騒ぎの大本は
月の民である事を
怪奇骚乱的黑幕
就是你们月之民
铃仙·优昙华院·因幡
語ることは何もありません
真的没什么可说的
丰聪耳神子
じゃあ
自分で調べるまでよ!
那么
我就靠自力来调查了!
丰聪耳神子
ううむ
呜呜
丰聪耳神子
本気で通さないという訳だな
看来你是真心不想让我通过了吧
铃仙·优昙华院·因幡
ええ
それが命令ですので
是的
我正是被如此命令的
丰聪耳神子
私も調査のためだけに
殺めるのは気が引ける
我仅仅只是为了调查而已
也不想开杀戒
丰聪耳神子
これ以上は攻撃を強く
できないな
更何况我的攻击
也没法再加强了
铃仙·优昙华院·因幡
ふう
考え直して貰えましたか

终于能让你理解了吗
丰聪耳神子
しかし……
語ることは出来ないとはまた
但是……
若你们真的一点消息也不给的话
铃仙·优昙华院·因幡
言わずもがな、都市伝説異変は
月の民の仕業です
不可否认,都市传说异变
的确是月之民干的好事
丰聪耳神子
まあそう言っているような
もんだな
也是
的确就如你所说
铃仙·优昙华院·因幡
しかし勘違いしないで頂きたい

永遠亭はそれに対し

中立の立場なのです
但是请你不要误会

永远亭对于此事的立场

是中立的
铃仙·优昙华院·因幡
都市伝説異変から牙を拔いて
安全な物に替えたのも我々です
都市传说异变也已经是个拔了牙齿的老虎
将危险物替换为安全物的也正是我们
铃仙·优昙华院·因幡
ですので安心して
都市伝説異変をお楽しみ下さい
所以请你们安心
好好享受都市传说异变就好
丰聪耳神子
……
……
丰聪耳神子
なるほど
先ほどの覚悟から信用しよう
原来如此
这次我就视你刚才的觉悟而相信你吧
丰聪耳神子
では教えてくれたお礼に

こちらからも一つ新しい情報を

与えよう
那么作为你告知以上真相的回礼

我也把我们得到的一个新情报

告诉你们吧
丰聪耳神子
これはオカルトボール騒ぎよりも

重大な被害をもたらす

可能性が高いものだ
这件事带来比深秘珠骚乱

更加重大的损失的

可能性要大得多

Stage 4

文件:深秘录4面场景(铃仙).jpg
深秘录4面场景(铃仙)
賢者の誤算
贤者的失算
BGM: 境界フォークロア
BGM: 境界民俗
博麗神社
铃仙·优昙华院·因幡
うーん
嗯——
铃仙·优昙华院·因幡
さっきの道士の話は謎ねぇ
刚才道士的那番话还真是谜团重重
铃仙·优昙华院·因幡
「精神が乗っ取られたり

身体の自由が利かなくなる

異変が起こり始めている」
「精神被他人替代

身体无法自如地活动

这种异变正在蔓延」
铃仙·优昙华院·因幡
「どうやら都市伝説を

利用している奴らに

強く影響が出ているようだ」
「好像对那些

利用着都市传说的家伙

产生了更强的影响」
铃仙·优昙华院·因幡
そんな話、初めて聞いたわ
这种事,我还是第一次听说
铃仙·优昙华院·因幡
そんなのサグメ様の策でも
お師匠様の策でも無いしねぇ
这并不是探女大人的策略
也不是师傅大人的策略
铃仙·优昙华院·因幡
だとすると

都市伝説異変を悪用する

奴がいるって事なのかな
如果是这样的话

难道是有将都市传说异变

用作恶途的家伙在活动吗
铃仙·优昙华院·因幡
その証拠が神社で見られるって
这个证据还可以在神社发现
博丽灵梦
あれ?
私何か忘れ物でもした?
奇怪?
我是在你们那儿忘了什么东西吗?
铃仙·优昙华院·因幡
いや
そんな訳じゃ無いんだけど……

并不是这样……
铃仙·优昙华院·因幡
何か変わった事無かった?
这里有没有什么奇怪的事发生?
博丽灵梦
いや……別に……
没啊……没什么特别的……
铃仙·优昙华院·因幡
ところで何でこんな夜遅くに
外に居たの?
话说回来为什么都这么晚了
你还在外面呢?
博丽灵梦
うーん
何でだろう
嗯——
是为什么呢
博丽灵梦
確かに寝ていたはずなのに……
我明明应该在睡觉的……
博丽灵梦
何か今夜も暑くて寝苦しいなぁと

もぞもぞしていたら

気が付いたら外にいたのよねぇ
总感觉今晚热得睡不着

躺在床上辗转反侧

等回过神来已经人在外面了
铃仙·优昙华院·因幡
(身体を乗っ取られた……!?)
(身体被占领了……!?)
博丽灵梦
ううう……まただ
呜呜呜……又来了
博丽灵梦
急に身体の自由がぁぁ!
突然身体不能自如活动了!
铃仙·优昙华院·因幡
だ、大丈夫!?
没、没事吧!?
博丽灵梦 身体周围出现紫光
铃仙·优昙华院·因幡
もしかして隙間女 (オカルト) に身体を

乗っ取られたとか

そんなベタな展開がー!
难道说是被隙间女 (怪奇)

占据了身体吗

怎么会有这种老套的剧情啦!
BGM: 境界フォークロア(後半)
BGM: 境界民俗(后半)
藤原妹红
おっと
ここは何処だ?
哎呀
这里是哪里?
铃仙·优昙华院·因幡
んー?
嗯?
藤原妹红
あれー?
何だ神社か?
啊呀?
原来是神社呀?
铃仙·优昙华院·因幡
あんたは妹紅!
这不是妹红嘛!
激熱!人間インフェルノ
藤原妹紅
激热!人类地狱火
藤原妹红
藤原妹红
おや、鈴仙ちゃんじゃないか
どうしたの?
哦呀,这不是小铃仙嘛
怎么了这是?
铃仙·优昙华院·因幡
どうしたもこうしたも
私が説明して欲しいわよ
你还问我怎么了
我还要问问你发生了什么呢
铃仙·优昙华院·因幡
今さっきまで霊夢さんと
会話していた筈なんだけど
我刚刚明明还在和灵梦小姐
交谈的途中
藤原妹红
霊夢?
居ないじゃないか
灵梦?
她可不在这里啊
铃仙·优昙华院·因幡
さっきまでいたのよ!

目の前に!

今あんたが居る場所に!
刚才还在的啦!

就在我的面前!

就你站的位置!
藤原妹红
ふーん
解せないな
唔嗯
我也不清楚
藤原妹红
私は瞑想していたんだ
我刚才在冥想
藤原妹红
目を瞑るとあの世が
近くに見えるんでな
闭上眼睛以后
感觉彼世就在我的身边不远
藤原妹红
今夜は瞑想の調子が良くてな

明瞭にあの世に旅立っている

のが見えたんだが
今晚冥想的状态还不错

感觉可以去彼世

好好游览一番
藤原妹红
川の向こうに渡った途端
何故か今のありさまさ
但是当我刚渡过那条河
不知为何就来到了这里
铃仙·优昙华院·因幡
んー?
瞑想は竹林で?
嗯?
你是在竹林冥想的吗?
藤原妹红
そうだ

あんたは何が起きているのか

判っていないみたいだな
是啊

看来你对发生了什么

也不清楚呢
藤原妹红
もちろん私にも判らん
我自己当然也不知道啊
铃仙·优昙华院·因幡
(あの道士はこの異常な出来事を
言っているに違いない!)
(那个道士说的就是
这个异常事件不会错!)
藤原妹红
ところでお前は
何故神社に居たんだ?
话说回来
你为什么会来神社?
铃仙·优昙华院·因幡
んー
それはその
嗯——
那是因为
铃仙·优昙华院·因幡
(この異常事態を見るため
って言っていいのかな)
(就这么说是为了见证这个异常事件
真的可以吗)
藤原妹红
何か判っているようだな
私の身に何が起きたのかも?
你好像知道些什么
我身上到底发生了什么事?
铃仙·优昙华院·因幡
いやそんな
本当に判らないんです
不不不没这回事
我真的什么都不知道
藤原妹红
ふんふん
そんな謙遜は要らないよ
哼哼
你不要这么谦虚嘛
藤原妹红
最近気付いていたんだ
我之前就注意到了
藤原妹红
永遠亭で不穏な動きが
あるってね
永远亭之内有什么
不安稳的行动
藤原妹红
どうやら不死身の私は実験台に
されているのかな
看来你们是把不死之身的我
当做了实验台做了什么吧
铃仙·优昙华院·因幡
いえいえそんな……
不不不并没有……
藤原妹红
ふん
馬鹿にしやがって

把人家当笨蛋使唤
藤原妹红
お前ら月の奴らはいつも
人間や妖怪を見下しているよな
你们这些月球的家伙
总是把人类和妖怪不当一回事
藤原妹红
あー何だか腹が立ってきたぜ
啊——总觉得一股无名火越来越旺
铃仙·优昙华院·因幡
そ、そうですか
では私はこの辺で
是,是这样吗
那么我就先告退了
藤原妹红
月の民がどんだけ偉い
っていうんだ
月之民到底有哪里
伟大了啊
藤原妹红
お前ここらで
一回痛い目に遭ってみないか?
不如你就在这里
吃点苦头试试吧?
铃仙·优昙华院·因幡
遠慮したいです
请容在下拒绝
藤原妹红 放出火焰
BGM: アンノウンX ~ Occultly Madness
BGM: 未知物X ~ Occultly Madness
藤原妹红
駄目だね

何だかさっきから

私の中の火が黙っていないんだ
不行

不知为何从刚才开始

我心中的怒火就灭不下来
藤原妹红
地上最高の炎で

月まで舞い上がれ!

そして月へ帰れ!
以我地上最强之火炎

燃上月球!

把你们打回月亮吧!

Ending

  • 剧透提示: 以下内容包含详细故事情节,请自行决定是否继续阅读
BGM: 各々の結末
BGM: 各自的结局
決着は着いた。
軍配は辛うじて月の兎に上がった。
胜负已分。
胜利天平将将倾向了月之兔。
とは言え相手は不死身の怪物だ。

持久戦となればまず勝ち目は無い。

しかし勝負は意外な出来事で決着した。
再怎么说对手是不死之身的怪物。

拖到持久战的话就毫无胜算。

但是胜负却因为一件意外而轻易地分了出来。
闘っていた筈の妹紅は突然、霊夢に
戻ってしまったのだ。
战斗途中的妹红突然间,
变回了灵梦。
霊夢は痛がっているが、二人とも何が
起きたのかまるで判らなかった。
灵梦虽然喊着疼疼疼,但她们二人
似乎并不明白发生了什么事。
霊夢は混乱していたが

鈴仙が熱心に事態を説明し続けたら

少しずつ受け入れていったようだった。
灵梦虽然看起来很混乱

经过铃仙的热心地将事态向她说明了一遍

最后也稍稍接受了一点现实。
一体、何が起きたというのだろう。
究竟,发生了什么事呢。
神子は

「都市伝説を利用している奴が

影響を受けている」と言ったが……
神子说

「只有利用了都市传说的家伙

受到了影响」……
ということは、さっきの出来事は
都市伝説異変の影響なのだろうか。
也就是说,刚才的事件
也是都市传说异变的影响吗。
鈴仙はこの事をお師匠様に報告した。
铃仙将这件事向师傅大人报告了。
鈴仙が冷静さを保てていたのは、

心の何処かで都市伝説異変は

お師匠様の領分だと思っていたからだ。
铃仙之所以能保持冷静,

大概是因为她的内心某处还坚信

都市传说异变其实是师傅大人的领域吧。
自分が慌てても何も出来ない。

放って置けば解決する。

判らない事象はお師匠様が解決すると。
自己再怎么着急也无济于事。

任其发展就可以自然解决。

无法理解的现象自然有师傅大人会去解决。
しかし今回の出来事を報告して
その安定は脆くも崩れ落ちた。
但是这次报告之后,
这种安定感轰然崩塌。
それはお師匠様にも見当が付かない
不測の事態だった。
这是连师傅大人都未曾预见的
未知事态。
恐らく幻想郷独自の問題であり

月の民とは一切関係ない。

だから地上の民が調査し、解決する、と。
恐怕是幻想乡自己的问题

与月之民毫无关联。

所以应由地上之民去调查,和,解决。
そう冷たく言い放った。
そうだった、永遠亭は中立なのだ。
师傅大人如此不近人情地说着。
没错,永远亭一直都是中立的。
しかし、鈴仙は思った。

私はその解決に乗り気だった。

もう私は中立ではない。
但是,铃仙这么想。

我之前已经有了想解决这个事件的意图。

我已经不再是中立的了。
すでに地上の異変が生活に影響する
地上の兎の一匹なのだから。
我的生活已经受了地上的异变的影响
而我也已经变成了一只地上的兔子。
staff页面后
BGM: 相貌の狂い ~ Horrible Night
BGM: 容貌错乱 ~ Horrible Night
ーー調べ始めた直後だった。
——刚刚那个开始调查不久后。
霊夢と妹紅に起きたような出来事が
次々に起こり始めたのだ。
在灵梦和妹红身上发生的事件
开始相继发生。
突如瞬間移動して現れる人間。
それと同時に消える人間。
像瞬间移动一般突然出现的人类。
与其同时发生的消失的人类。
体験した人間に話を聞くと
誰かに身体を乗っ取られたようだと説明する。
向体验了这种事件的人类问话
他们也只是说有种自己的身体被别人侵占的感觉。
しかし外から見ていると、精神が乗っ取られたというよりは
肉体ごと入れ替わっているように見えた。
但是自外人看来,与其说是精神被侵占了
倒不如说是那两人互相交换了身体。
しかし困ったことに、
この異常事態に皆が慣れ始めていた。
但现在麻烦的是,
人们开始习惯于这个异常事态。
上手く使えばいつでも好きな場所に行けるじゃん、と利用する奴も出てきた。
幻想郷の悪い癖である。
若能善加利用就可以随心所欲地去想去的地方了嘛,有这种想法的家伙也开始出现。
这也是幻想乡的坏习惯。
そしてこの異変が
在这之后
世にもおぞましい争い事に発展するとは
恐怕谁也没有预料到
この時はまだ誰も思っていなかったのである。
这场异变发展成了一场令世间为之恐惧的争斗。


  1. 2003年在网络上流传的类似年糕的不明生物,wiki